2018/09/24ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

小祝さくらが1位に浮上/女子第2回リランキング

彩乃(39) 36位/前田陽子(40) 37位/小野祐夢(38) 38位/諸見里しのぶ(29) 39位/松森彩夏(30) 40位/篠原まりあ(47) : 74位/セキ・ユウティン(136) 75位/森田理香子(67) 85位/アン・シネ(82) 88位/
2016/10/09スタンレーレディス

選手コメント集/スタンレーレディス最終日

◇国内女子◇スタンレーレディス 最終日(9日)◇東名CC(静岡県)◇6586yd(パー72) ■福嶋浩子 通算5アンダー 3位 「久しぶりの優勝争いで楽しかった。結果は結果ですが、最後は10mのパー
2016/04/30サイバーエージェント レディス

選手コメント集/サイバーエージェント レディス2日目

福嶋浩子 5バーディ、2ボギー「69」 通算8アンダー、首位 「私がビックリしています。緊張はせずに出来ました。自分の出来ることをするだけです。(鈴木)愛ちゃんはいい選手ですし、伸ばしてくるのは
2007/07/19GDOEYE

偉大な姉に支えられ、二人三脚の好発進!

「ビックリしました!3ヶ月分の運を使いましたよ」 今週開催の「クラシエ フィランソロピーLPGAプレーヤーズチャンピオンシップ」初日、首位と1打差の3アンダー2位タイとした福嶋浩子は、会見の場で他
2016/10/09スタンレーレディス

アン・ソンジュが今季2勝目 畑岡と勝はアマ2勝目逃す

1.5m弱のバーディパットを沈めて決着。「37ホール目」でツアー通算22勝目を手にし、ガッツポーズで観衆の声援に応えた。 通算5アンダーの3位に福嶋浩子。首位タイで迎えた16番(パー3)のボギーが響き
2011/11/02

国内女子のセカンドQTが開幕!

福嶋浩子、葭葉ルミ 7T 0 工藤遥加、落合めぐみ、岩崎里衣、西山ゆかり、中村洋子、小林英恵、山口裕子 14T +1 河本美津子、ケイ・ジャンヌ、西田智慧子、熊谷定江、吉田順子、我妻弘津江、井上葉香
2012/08/18CAT Ladies

吉田弓美子、森田理香子ら首位に5人が並ぶ大混戦!

グループを形成した。 初日首位タイからスタートした斉藤愛璃は、福嶋浩子と並び1打差の通算6アンダー、6位タイに一歩後退。5アンダーの8位タイに全美貞(韓国)、表純子、菊地絵理香がつけている
2016/10/09スタンレーレディス

【速報】2Rが2時間遅れで再開 畑岡パー、勝ボギーでスタート

を迎えている畑岡奈紗(17=ルネサンス高3年)と勝みなみ(18=鹿児島高3年)は、最終組の2つ前で後半10番から再開。最初のホールをそれぞれ畑岡はパー、勝はボギーとした。 5アンダーで首位にいるのは、笠りつ子、福嶋浩子、アン…
2012/04/28サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント

復帰3戦目で優勝チャンスを迎えた鬼澤信子

続けると、難易度の高い最終18番でスーパーショットを生み出した。同組でラウンドする福嶋浩子が2打目を直接カップインさせるイーグルを奪い大歓声を浴びると「あの後だもん、打ちにくいよね。でもね、完璧だったのよ
2012/08/18GDOEYE

同門、同窓、姉妹同士?選手間の微妙な関係

‥・」と同門の優勝争いに無頓着なそぶりを見せるが、少なからず刺激は受けていることだろう。 首位と1打差の6位タイには、首位から出た福嶋晃子と入れ替わるように、妹の福嶋浩子が上がってきている。他にも、首位に
2017/04/27サイバーエージェントレディス

次は私の番! 松森杏佳が2年連続の姉妹Vへ意欲

カギになると思う」と、課題のイメージがより明確になった。 昨年大会は福嶋浩子が初優勝を遂げ、通算24勝の姉・福嶋晃子とともにツアー初の“姉妹優勝”を達成した。「2番目(の姉妹V)になれるかは、私にかかってい…
2016/03/18Tポイントレディス

15歳アマ・山口すず夏が暫定首位発進 初日は降雨サスペ

の火曜日に中学校を卒業したばかりの15歳、山口すず夏が5バーディ、1ダブルボギーの3アンダー「69」でホールアウトし、いずれもラウンドを終えたキム・ハヌル(韓国)、福嶋浩子と首位を分け合う好スタートを
2016/04/30サイバーエージェント レディス

日本勢が9試合ぶりトップ3独占発進

いる。 首位に5アンダーの福嶋浩子、2位に4アンダーの鈴木愛、3位に2アンダーの前田陽子と川満陽香理の2人。1アンダーの4位タイまで、上位9人を日本勢が占める(※中国籍ながら日本で生まれ育った森田遥を
2002/05/02チックフィルAチャリティ選手権

ロペスの強さを引き継げるかソレンスタムが連覇を狙う

出場を予定している。優勝を飾り気持ちよく訪日を迎えることができるか。 また、今週は日本勢が4名出場する。福嶋晃子が日本ツアーから戻り、小林浩子、片野志保、小俣奈三香のレギュラーツアー出場資格をもつ4名が揃う。今シーズン
2017/11/17大王製紙エリエールレディス

故障との戦いも 5人のツアー優勝者がシード喪失

ラウンド2日間が終了し、ツアー優勝経験のある酒井美紀(同51位)、飯島茜(同52位)、松森彩夏(同65位)、藤田光里(同87位)、福嶋浩子(同89位)の5人は決勝ラウンドに進めず、シード喪失が決定した