2018/09/21ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

小祝さくらが今季4度目の首位発進 香妻琴乃は47位

、酒井美紀、大江香織、佐伯三貴と並び、今季4度目の首位発進を決めた。 3アンダーの6位に野澤真央とキム・ハヌル(韓国)。2アンダーの8位にアン・ソンジュ(韓国)、エイミー・コガ、木村彩子、石川明日香
2017/05/25ダイクレレディース

福山恵梨が下部ツアー2勝目 18ホールに短縮

挙げた。 「初優勝のときは、上がり3ホールでスコアをポロポロと落としてしまったので、最後は気を引き締めました」と、18番をバーディで締めた。「9ホールだけど長く感じた。ノーボギーはうれしい」と笑顔を見せた。 4アンダーの2位に佐伯珠音、1アンダーの3位に石川明日香が入った。
2019/06/13ルートインカップ

トップは東葵 今季ツアー3勝のヌック・スカパンは2打差7位

バーディ、1ボギーの「67」でプレーし、4アンダーの単独トップで滑り出した。 3アンダー2位は川満陽香理(かわみつ・ひかり)、小川陽子、石川明日香、木下彩、ハン・スンジ(韓国)の5人。 2アンダー7位
2019/02/14

野澤真央が首位発進 昨年覇者の岡山絵里が3打差/グアム知事杯

。 ディフェンディングチャンピオンの岡山絵里は首位と3打差のイーブンパーとし、2015年大会覇者の村田理沙、大城さつき、石川明日香らと並んで6位タイにつける。 ホステスプロで前年大会前に左ひじの手術をした藤田光里は、2オーバー「74」で17位とした。
2018/06/24アース・モンダミンカップ

成田美寿々が今季2勝目 2位の鈴木愛は最速1億円突破

ならなかったが、出場11試合目で今季の獲得賞金が1億円を突破。イ・ボミ(韓国)が保持する14試合目(2016年)のスピード記録を更新した。 通算13アンダー3位に岡山絵里。石川明日香が11アンダーで
2018/06/02ヨネックスレディス

41歳・大山志保が単独首位に 上田桃子は8位に後退

した。 1打差の2位にいずれもツアー未勝利の石川明日香と木村彩子。さらに1打差の通算4アンダー4位に前週の「リゾートトラストレディス」で初優勝を飾った岡山絵里のほか、木戸愛、安田彩乃、酒井美紀がつけた
2019/10/02フンドーキンレディース

但馬友とヌック・スカパンが首位で最終日へ/ステップ2日目

目を目指す石川明日香、新海美優、ハン・スンジ(韓国)、豊永志帆、工藤優海の5人が並んだ。 通算4アンダー8位に田辺ひかり、柳澤美冴、森井あやめ、P.チュティチャイ、山城奈々、高橋恵、幡野夏生がつけた。
2018/06/22アース・モンダミンカップ

成田美寿々が3打差首位 大山志保らが追う

11アンダーとして単独首位に浮上した。後続に3打差をつけ、決勝ラウンドに進んだ。 通算8アンダーの2位に今季1勝の大山志保と2014年以来のツアー3勝目が遠い酒井美紀、未勝利の20歳・石川明日香、19歳
2016/12/09

高橋恵が4打差で完勝! 新人戦を制しプロ初タイトル

◇国内女子◇LPGA新人戦 加賀電子カップ 最終日(9日)◇グレートアイランド倶楽部(千葉)◇6526yd(パー72) 2打リードの単独首位から出た高橋恵が2バーディ、3ボギー「73」と落としながらも、後続との差を4打に広げる通算3アンダーで逃げ切り優勝を飾った。当時13歳だった2010年に下部ツアーを制し、国内プロツアーの最年少優勝記録を打ち立ててから6年。“天才少女”と呼ばれる重圧に苦しむ時期もあった20歳が、プロ初タイトルを手にした。 優勝者には2017年シーズン開幕戦の出場資格が与えられるが、高橋は前週に行われたファイナルQT(最終予選会)を7位で通過。来季フルシーズンの出場権を確保し...