2019/12/19

19歳・山口すず夏 米ツアー2年目は「勝ちたい」

なかったです」 3月「キアクラシック」では米ツアーの先輩、畑岡奈紗の優勝をロープ外から見届ける一方で、自身は夏前からショットに不安を抱えた。「ショットが悪くて『乗せないと』、『寄せないと』と、思い過ぎて
2019/12/18

渋野日向子が最優秀選手賞など「4冠」を達成 LPGAアワード

アップツアー賞金ランキング賞:ヌック・スカパン メディア「ベストショット」部門:畑岡奈紗 メディア賞「ベストコメント」部門:渋野日向子 栄誉賞:申ジエ、畑岡奈紗 輝き賞:渋野日向子 ティーチャー・オブ・ザ・イヤー清元登子賞:桐林宏光 ゴルフビジネス賞:竹内弓美子 特別賞:該当者なし
2019/12/11

畑岡奈紗 2020年の目標は「世界一」

今季主戦場の米国ツアーで1勝、国内メジャー2勝を挙げた畑岡奈紗が11日(水)、用具契約を結ぶ東京・港区の住友ゴム工業スポーツ事業本部東京事務所を訪れた。今年1年の活動報告後に取材に応じ、来年の目標を
2019/12/11

正会員を目指す黄金世代 21歳・高木優奈が見つめる足元

渋野日向子や畑岡奈紗ら、女子ツアーで目覚ましい台頭を見せる“黄金世代”たち。国内外でゴルフ界を沸かせた彼女たちだが、もちろん同世代の全員がスポットライトを浴びているわけではない。21歳の高木優奈は
2019/11/25CMEグループ ツアー選手権

キム・セヨンが最終戦を制す 畑岡奈紗は25位

。 通算17アンダーの2位にチャーリー・ハル(イングランド)。通算16アンダーの3位にダニエル・カンとネリー・コルダ。通算15アンダーの5位にブルック・ヘンダーソン(カナダ)が続いた。 24位スタートの畑岡
2019/11/23CMEグループ ツアー選手権

畑岡奈紗は9位に浮上 キム・セヨンが首位キープ

・ヘンダーソン(カナダ)とネリー・コルダ。通算8アンダーの5位にスー・オー(オーストラリア)が続く。 首位に5打差の17位から出た畑岡奈紗は5バーディ、1ボギーの「68」。その差は6打に開きながらも、通算6アンダーの9位に浮上して大会を折り返した。
2019/11/22CMEグループ ツアー選手権

畑岡奈紗は5打差17位 キム・セヨンが単独首位発進

)、ジョージア・ホール(イングランド)、ブルック・ヘンダーソンが並んだ。 日本勢でただひとり出場の畑岡奈紗は4バーディ、2ボギーの「70」で2アンダー。ディフェンディングチャンピオンのレキシー・トンプソンら
2019/11/13TOTOジャパンクラシック

「もはや米ツアーではない」米LPGAのアジア戦略

パフォーマンスが出せるでしょう。畑岡奈紗の存在が示しているように、すでにそれが起き始めています。 ――渋野日向子が「全英女子オープン」を制したことは、どんなインパクトがありましたか? とても多くのファンを
2019/11/10TOTOジャパンクラシック

鈴木愛が逃げ切りで米ツアー初優勝 渋野日向子は13位

自身初の米ツアー大会制覇を遂げた。5バーディ「67」で回り、通算17アンダー。前年大会の畑岡奈紗に続く日本人チャンピオンが誕生した。2週連続で初日から首位を守る完全優勝を果たした。 鈴木は前日2日目まで