2021/11/22CMEグループ ツアー選手権

コ・ジンヨンが最終戦制す 畑岡奈紗は1打及ばず2位惜敗

「63」をマークし、通算23アンダーでシーズン最終戦を制し大会連覇を達成した。今季5勝目を挙げ、賞金女王と年間最優秀選手に輝いてポイントレースも制した。 同じく首位タイから出た畑岡奈紗は9バーディ、1
2021/11/20CMEグループ ツアー選手権

セリーヌ・ブティエが4打差首位 畑岡19位 笹生29位

・コルダ、ジョージア・ホール(イングランド)、イ・ジョンウン6とチ・ウンヒの韓国勢が9アンダー5位で続いた。 畑岡奈紗は4バーディ、1ボギーの「69」でプレーし、通算6アンダーの19位。 6位から出た笹生優花は5バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「73」と出入りが激しく、通算5アンダー29位に後退した。
2021/11/19大王製紙エリエールレディス

「QTは受ける覚悟」 シード争い新垣比菜が今季ベスト「65」

”としては勝みなみ、畑岡奈紗に続くタイトル獲得。粒ぞろいの世代でも早い時期に頭角を現した形だったが、「優勝したときも調子は良かったんですけど、実力という感じではなかったと思います。自分がルーキーのとき
2021/11/16世界ランキング

稲見萌寧が自己最高15位に/女子世界ランク

もしのぎを削っている。 米ツアー「ペリカン女子選手権」を14位で終えた笹生優花はランク6位、大会40位だった畑岡奈紗はランク8位で、それぞれ前週から変わらなかった。 ランク1位のネリー・コルダは前週
2021/11/12ペリカン女子選手権

畑岡奈紗が3打差3位スタート 笹生優花は23位

◇米国女子◇ペリカン女子選手権 初日(11日)◇ペリカンGC (フロリダ州) ◇6353yd(パー70) 畑岡奈紗が5バーディ、ボギーなしの「65」で回り、5アンダーの3位で発進した。8バーディ…
2021/11/10ペリカン女子選手権

今季残り2戦 畑岡奈紗&笹生優花が出場

「全米女子オープン」覇者の笹生優花は、日本での「TOTOジャパンクラシック」(22位)を経て出場。初日はネリー、ダニエル・カンと同組になった。今季2勝と好調の畑岡奈紗は、10月上旬の「ファウンダーズカップ
2021/10/26TOTOジャパンクラシック

笹生優花「TOTOジャパンクラシック」出場へ 畑岡奈紗は欠場

新型コロナウイルス感染拡大防止の隔離の影響で欠場していた。 10月12日時点の世界ランキング上位43位以内で有資格者の畑岡奈紗、朴仁妃(韓国)、フォン・シャンシャン(中国)は欠場する。 大会は例年