2019/08/24カナディアンパシフィック女子オープン

畑岡奈紗11位 横峯さくら15位で決勝へ

「66」をマークし、通算12アンダーとして単独首位に抜け出した。 1打差の通算11アンダー2位にコ・ジンヨン(韓国)。首位で出た前年覇者のブルック・ヘンダーソンは通算9アンダーの3位に後退した。 畑岡
2019/10/01日本女子オープン

渋野日向子&畑岡奈紗 前年覇者と「日本女子OP」予選同組に

がかかる渋野日向子と畑岡奈紗、前年覇者のユ・ソヨン(韓国)が予選ラウンド2日間を同組でプレーすることが決まった。 渋野と畑岡の同組は前週の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」初日に続き、プロ転向後2回目…
2020/03/03世界ランキング

渋野日向子は1つ下げ12位に/女子世界ランク

ツアー「HSBC女子チャンピオンズ」が中止となるなど、世界の主要ツアーの試合がなかったため、1位コ・ジンヨン(韓国)、2位ネリー・コルダらトップ10に変動はなし。5位の畑岡奈紗が日本人トップ、渋野が2
2020/02/29東京五輪

試合がない…渋野と鈴木の五輪代表争いに影響も

国内女子ゴルフは新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2020年シーズン開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の中止が決定した。第2戦以降の開催も不透明で、試合の“不在”は畑岡奈紗、渋野日向子、鈴木
2020/01/29

渋野日向子、石川遼らが新規選出 2020年JOC強化指定選手

。 男子は昨年に引き続き松山英樹、今平周吾、小平智、星野陸也、時松隆光が選ばれ、石川遼、比嘉一貴、浅地洋佑が新規に選出された。 女子は畑岡奈紗、鈴木愛、比嘉真美子、上田桃子の4人が継続。渋野日向子、稲見
2020/04/30東京五輪

東京五輪ゴルフ代表決定は来年6月 1年延長を発表

されており、日本勢の男子は松山英樹が22位、今平周吾が41位、石川遼が97位。女子は畑岡奈紗が4位、渋野日向子が12位、鈴木愛が14位となっている。 IGFのエグゼクティブ・ディレクター、アントニー
2020/04/17

世界ジュニアが大会史上初の中止

・ミケルソン、ロレーナ・オチョア(メキシコ)らも歴代優勝者として名前を連ねている大会。畑岡奈紗が2015、16年に15-17歳の部で連覇を飾るなど、例年日本からもジュニア年代のトップ選手が参加していたが、3月に日本代表派遣の…
2020/03/21世界ランキング

ゴルフ世界ランキングを一時凍結 男女の五輪代表争いも

ランキングで停止される。日本勢は男子で松山英樹が22位、今平周吾が41位、石川遼が97位。女子では畑岡奈紗が4位、渋野日向子が12位、鈴木愛が14位となっていた。 世界ランクに基づいて東京五輪ゴルフ競技の
2020/03/25東京五輪

鈴木愛 1年後「感動を与えられるように」

ます」とコメントを発表した。 国内女子ツアーはいまだ開幕の見通しが立たず、世界ランキングは一時凍結されているが、鈴木は畑岡奈紗、渋野日向子に続く日本勢3番手の14位。同ランク15位以内に3人以上が入れ
2020/05/01

1年延期の「東京五輪」 女子代表争いはどう深まる?

思い描いていました。 昨年の全英女子オープン優勝で一気に出場の現実味が帯びた東京五輪は彼女の今の大きなモチベーションになっています。世界ランキングは4位の畑岡奈紗選手に続く日本人2番手の12位。14位の鈴木
2019/07/27エビアン選手権

畑岡奈紗は予選落ち 次週「全英」へ不安残す

◇海外女子メジャー◇エビアン選手権 2日目(26日)◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6523yd(パー71) 世界ランキング6位の畑岡奈紗は終盤に2つのダブルボギーをたたき「74」。通算5
2019/12/28

GDO編集部が選ぶ 2019年ゴルフ10大ニュース(女子編)

レディース」を制し、ツアー史上7人目のアマチュア優勝を果たしました。日本人では2016年の畑岡奈紗に次いで5人目の快挙。その2週後にプロ転向し、最終戦「リコーカップ」を2位で締めくくりました。急速に進む世代