2006/08/13ジ・インターナショナル

Z.ジョンソンが単独首位に! 日本の丸山大輔も12位タイへ浮上!

。アーニー・エルス(南アフリカ)は通算17ポイントの25位タイにつけた。 その他の日本勢だが、田中秀道は第2ラウンドを途中棄権。今田竜二は通算で10ポイントを獲得したが、決勝ラウンドに進出可能な15ポイントに届かず3日目で姿を消すことになった。
2006/08/12ジ・インターナショナル

P.シーハンが暫定トップ!今田竜二は暫定53位タイ

。フィル・ミケルソンも、通算5ポイントの暫定65位タイに沈んだ。 日本勢では、今田竜二が通算6ポイントの暫定53位タイにつけ、予選通過がほぼ確実に。一方、丸山大輔は通算4ポイントの77位タイ、田中秀道は通算2ポイントの114位タイとポジションを上げられず、予選通過が厳しい状況となっている。
2006/08/11ジ・インターナショナル

M.グロンバーグが13ポイントで単独首位!日本勢では今田竜二が32位タイ

タイ。フィル・ミケルソンも1ポイントの86位タイと出遅れている。 日本勢では、今田竜二が4バーディ、2ボギーで6ポイントを獲得して32位タイ。田中秀道も、4バーディ、3ボギーの5ポイントでこれに続いた。一方で丸山大輔は2バーディ、2ボギーと伸び悩み、2ポイントの74位タイで初日を終えている。
2006/08/08ジ・インターナショナル

ストロークでの勝負ではない今大会。ポイントを上手く稼いで優勝できるのは!?

、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、アーニー・エルス(南アフリカ)ら強豪勢が参戦。昨年の覇者グーセンも参戦し、高いレベルでの戦いが期待される。 その他日本勢では、今田竜二、丸山大輔、田中秀道が参戦を予定。世界を舞台にどこまで上位に食い込めるか、注目したい。ところだ。
2006/08/06ビュイックオープン

タイガーが18アンダーで単独首位!今田竜二は47位タイ

行われた。第2ラウンドを終えて単独の首位には、ブレット・クイグリー。タイガー・ウッズが単独2位で追う展開となった。また、日本勢の丸山大輔と田中秀道は予選落ちとなった。 第3ラウンドに入ると、タイガーが
2006/08/05ビュイックオープン

タイガーが暫定首位に!今田竜二が暫定40位タイ

、通算5アンダーの暫定40位タイと、予選通過がみえてきた。一方、丸山大輔は、通算2アンダーの暫定80位タイ。田中秀道は通算2オーバーの暫定127位タイと苦戦を強いられ、予選通過が厳しい状況となっている。
2006/08/01ビュイックオープン

「全英オープン」で涙の優勝を遂げたタイガーのプレーに注目!

メジャー「全英オープン」で涙の優勝を遂げたタイガーの活躍だろう。昨年2位タイに終わった雪辱も含めて、優勝に期待が集まる。 その他日本勢では、丸山大輔、今田竜二、田中秀道の3人が参戦。強豪ぞろいの大会で、どこまで上位進出できるか、期待したいところだ。
2006/07/29USバンク選手権

この日も暫定順位だが、C.ペイビンが単独首位を守る!日本勢は予選通過が厳しい状況

つけていた今田竜二が、第2ラウンドでは2つスコアを落として通算1アンダー、12ホールを終えた時点で一気に暫定79位タイに後退。丸山大輔も通算3オーバーとスコアを崩し暫定120位タイと、予選通過が厳しい状況となっている。なお、田中秀道は、第2ラウンドを9ホール消化した時点で棄権となった。
2006/07/25USバンク選手権

日本勢3人の活躍に注目!強豪不在の中、丸山大輔初優勝なるか!

」を成し遂げた。 今年の大会は、過去優勝を遂げている丸山茂樹こそ参加しないものの、前週の「BCオープン」で6位タイに入った丸山大輔や、12位タイに入っている今田竜二が参戦。好調を維持しているだけに、初優勝の期待が高まる。また田中秀道も参戦を予定。日本人選手の活躍に期待が集まる大会となりそうだ。
2006/07/22BCオープン

丸山大輔が通算10アンダーで首位タイに浮上!

キャメロン・ベックマンら5人が顔を揃えた。 そのほかの日本勢では、今田竜二が4バーディ、2ボギーでスコアを2つ伸ばして通算7アンダーの10位タイ。丸山茂樹は、4バーディ、3ボギーで1つスコアを上げたものの通算5アンダーの27位タイへ後退。田中秀道は、スコア伸ばすことができず予選落ちを喫している。
2006/07/21BCオープン

丸山大輔、今田竜二が4位タイと好スタート!単独トップはM.ブルックス

・フレーザーの2人がつけ、5アンダーの4位タイにも、日本の丸山大輔、今田竜二ら10人がひしめく混戦となっている。 そのほかの日本勢では丸山茂樹が、5バーディ、1ボギーの4アンダー、14位タイと好位置。一方、田中秀道は、3バーディ、4ボギーの1オーバーでホールアウトし、84位タイと出遅れた。
2006/07/18BCオープン

強豪が不在の中、好調の丸山大輔ら日本勢に期待!

入れた栄冠だった。 今年の大会では、日本勢に注目したい。今田竜二を始め、丸山茂樹、丸山大輔、田中秀道が参戦を予定。強豪勢が「全英オープン」参戦のため不在の中、優勝や上位進出の可能性が高く、活躍に期待が集まる。
2006/07/15ジョンディアクラシック

ジョー・オギルビーが単独首位!丸山大輔は15位タイ。M.ウィは棄権!!

集まっている日本の丸山大輔は、この日1つスコアを伸ばすも、通算6アンダーの15位タイとやや順位を下げた。 その他、今大会参戦して注目を集めているミッシェル・ウィは、体調不良のため残念ながら棄権となった。また、日本勢では、今田竜二、丸山茂樹、田中秀道の3人は予選を通過できなかった。