最近のニュース 新着一覧≫


2021/09/17ANAオープン

ローアマから7年 片岡尚之は地元でツアー2勝目へどん欲

片岡尚之はローアマチュアに輝いた。「あのときより飛距離は30ydくらい伸びているし、昔はラフに入ったら全然グリーンを狙えなかったけど、今は普通に狙えるパワーもついた」とプロとして戻ってきた輪厚で、自身
2021/05/09ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ

「ゴルフ界一のイケメン?」 片岡尚之が史上初のセルフプレーV

、プロ4戦目の23歳・片岡尚之。「優勝したことが信じられない。何が起こったのか分からなかった」と、ホールアウト時点では通算15アンダーで片岡を含む5人が首位に並んでいたが、アゲンストの風が吹き、厳しい状況
2021/05/09ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ

プロ4戦目の片岡尚之が初優勝 大混戦を制す

。4打差9位で出たプロ4戦目の23歳・片岡尚之が6バーディ、2ボギーの「68」でプレーし、通算15アンダーとして逆転でツアー初優勝を遂げた。 片岡は北海道江別市出身。東北福祉大に在学中の2019年11
2021/09/17ANAオープン

“道民”として盛り上げたい 植竹勇太が1打差3位

てくれるのだ。 地の利はある。プレーし慣れた洋芝コースで、「風は強かったけど、大きなミスもなく冷静にできました。グリーンを外したのも1回だけ」と、同じ北海道出身の片岡尚之とともに8人が並ぶ3位グループ
2021/06/27ダンロップ・スリクソン福島オープン

木下稜介が2試合連続優勝 プレーオフで時松隆光破る

森ビルカップ」からの2試合連続優勝。松山英樹、石川遼と同学年の29歳が一気に覚醒した。 通算23アンダー3位に石坂友宏。21アンダー4位に片岡尚之と大岩龍一が並んだ。 20アンダー6位に今平周吾と近藤智弘が入った。
2021/05/29ミズノオープン

「テレビの前で僕もドキドキ」 石崎真央が追う同期の背中

。 「ナオ」とは東北福祉大の同期である片岡尚之。大学時代から同期の中では抜けた存在で、「ナオに追いつこう、追いつこうと頑張っていました」。その片岡が3週前の「ジャパンプレーヤーズ by サトウ食品」で初優勝
2021/05/11ダイヤモンドカップ

優勝者に全英切符 中島啓太ら国内トップアマも勢ぞろい

キアワアイランドゴルフリゾート)に向けて渡米するため不在。同2位の星野陸也、前回大会でツアー初優勝の浅地洋佑、前週プロ4戦目で初タイトルの片岡尚之といった若手は海外メジャー切符をつかめるか。 石川遼は前戦で最終ホールまで
2021/05/14ダイヤモンドカップ

アマ杉原大河とノリスが首位 1打差に今平周吾と星野陸也ら

」で回り、比嘉一貴、星野陸也とともに通算7アンダー3位につけた。 大会連覇がかかる浅地洋佑が通算5アンダー8位。石川遼は「70」でプレーし、通算4アンダー13位。前週優勝の片岡尚之は通算2アンダー26位で決勝ラウンドに進んだ…
2021/05/13ダイヤモンドカップ

アマ杉浦悠太と木下稜介が首位発進 石川遼2打差

ボギーの「68」でプレーして4アンダーとし、木下稜介と並び首位で発進した。 1打差の3位に前回2019年大会覇者の浅地洋佑のほか、宮里優作、今平周吾、アマチュアの河本力(日体大4年)ら計8人が並んだ。 2アンダー11位に石川遼、稲森佑貴ら。前週優勝の片…
2021/06/26ダンロップ・スリクソン福島オープン

時松隆光が首位で最終日へ 大会2勝目へ3打のリード

した。 通算17アンダー2位にいずれも初優勝を目指す石坂友宏と大岩龍一。通算16アンダー4位で今季1勝のルーキー片岡尚之が続いた。 「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」でツアー初優勝を遂げた木下