2021/11/20大王製紙エリエールレディス

原英莉花が首位で最終日へ 2打差に柏原明日架と三ヶ島かな

11アンダー4位に渡邉彩香が続いた。 前回大会覇者で賞金ランキング2位の古江彩佳は38位から「66」で通算7アンダー12位に順位を上げた。 今大会後に米ツアーの予選会に向かう渋野日向子は「70」で回り
2021/11/19大王製紙エリエールレディス

三ヶ島かなが「64」で首位浮上 3打差3位に原英莉花

、通算12アンダーで首位に浮上した。首位発進した柏原明日架と並び、大会を折り返した。 柏原とともに初日首位の原英莉花は3バーディ、1ボギー「69」で回って渡邉彩香と並ぶ通算9アンダー3位。通算8
2021/11/18大王製紙エリエールレディス

原英莉花、柏原明日架、山城奈々が「64」で首位発進

」以来で、山城は初めてとなる。 通算6アンダー4位に渡邉彩香、西村優菜、吉田優利。通算5アンダー7位に上田桃子、鈴木愛、三ヶ島かなが続いた。 今大会を最後に米ツアーの予選会(Qシリーズ)に向けて渡米する
2021/11/04TOTOジャパンクラシック

小祝さくらが首位発進 渋野、笹生、稲見は6打差24位

ランキング3位の小祝さくらが8バーディ、1ボギーの「65」をマークして7アンダー単独首位で飛び出した。 2打差2位で渡邉彩香と仲宗根澄香が並び、賞金ランク2位の古江彩佳が上田桃子、鈴木愛の大会歴代優勝者
2021/11/01樋口久子 三菱電機レディス

女子ツアー2年ぶりの視聴率12%超 渋野日向子6勝目

.9% 申ジエ逆転でシーズン3勝目 15年 7.1% 渡邉彩香シーズン2勝目 14年 8.9% 上田桃子が逆転優勝 13年 4.6% イ・ボミ5打差V 12年 8.5% 全美貞が完全優勝 11年 9.0% 有村智恵が通算10勝目
2021/10/31樋口久子 三菱電機レディス

渋野日向子が今季2勝目 劇的イーグルでプレーオフ制す

。 プレーオフでも渋野は2オンに成功。ペがカラーからのパットを外した後、4mのイーグルパットを沈めた。 3週連続優勝を目指した古江彩佳と菅沼菜々が通算6アンダー3位に入った。渡邉彩香と西郷真央が5アンダー5位で終えた。
2021/10/31樋口久子 三菱電機レディス

【速報】渋野日向子とペ・ソンウのプレーオフへ

9アンダーの首位に並んでホールアウト。プレーオフに突入した。 3週連続優勝を目指した古江彩佳と菅沼菜々が通算6アンダー3位に入った。渡邉彩香と西郷真央が5アンダー5位で終えた。
2021/10/13ツアーギアトレンド

出場女子プロ104人の足元を全調査 ナイキが45%で圧倒

ニューバランス/9人/稲見萌寧、鈴木愛 アシックス/7人/安田祐香、脇元華 エコー/6人/小祝さくら、永井花奈 ミズノ/4人/西郷真央、野澤真央 ブリヂストン/3人/渡邉彩香、古江彩佳 キャロウェイ/2人/西村優菜、河本結 ルコック/1人/キム・ハヌル ヨネックス/1人/若林舞衣子
2021/10/08スタンレーレディス

単独首位に臼井麗香 1差2位に小祝、山下、アマ佐藤

アンダー5位に東京五輪の銀メダリストでディフェンディングチャンピオンの稲見萌寧、渡邉彩香、山路晶、森田遥、菅沼菜々、吉田優利の6人が並んだ。 渋野日向子は5バーディ、4ボギーの「71」でホールアウト。前週
2021/08/13NEC軽井沢72

小祝さくらが8アンダー首位発進 稲見萌寧は6差16位

年大会を制した笠りつ子、サイ・ペイイン(台湾)、森田遥、渡邉彩香が並んだ。 3アンダー9位に勝みなみ、菊地絵理香、濱田茉優、石川怜奈、三ヶ島かな、吉田優利、テレサ・ルー(台湾)。 五輪銀メダルの稲見
2021/07/25大東建託・いい部屋ネットレディス

申ジエが後続に5打差つけて今季4勝目

プロの渡邉彩香、濱田茉優、臼井麗香と並んで通算10アンダー2位。 2打差2位から出た19歳の西郷真央は「75」と崩れ、原英莉花、青木瀬令奈、サイ・ペイイン(台湾)とともに9アンダー6位だった。 国内
2021/07/24大東建託・いい部屋ネットレディス

申ジエが首位浮上 2打差に西郷真央 渋野日向子は25位

。 濱田茉優が通算9アンダー5位で続き、8アンダー6位に渡邉彩香、藤田さいき、木村彩子が並んだ。 渋野日向子は「70」と2つ伸ばして通算4アンダーとし、32位から25位に順位を上げた。
2021/07/23大東建託・いい部屋ネットレディス

全美貞が首位浮上 2打差2位に勝みなみ、藤田さいき

「68」で回り、通算11アンダーで単独首位へ浮上した。 通算9アンダー2位に勝みなみ、藤田さいき。初日首位から滑り出した渡邉彩香は「72」でホールアウトし、申ジエ、濱田茉優と並んで通算8アンダー4位で
2021/07/05資生堂レディス

「泥沼から抜け出せた」 鈴木愛の心を変えた上田桃子の1勝

・モンダミンカップ」で幕を開けた。2年連続の賞金女王に向けて注目を浴びながら優勝争いに加わったが、渡邉彩香とのプレーオフに敗れて2位。同年は優勝を挙げることなく2021年に突入し、「今年に入ってからも早い段階