2020/12/12全米女子オープン

ムービングデーの最終組は“シブコ with A” 53年ぶり快挙なるか

て通算3アンダー3位タイに浮上し、「週末に向けて自信がついた」とうなずいた。 後続に3打差をつけて単独首位に立つ22歳の渋野日向子を追う、21歳のグラントと22歳のパップ。2020年最後のメジャーで優勝争いを引っ張る若い最終…
2020/12/12全米女子オープン

渋野日向子が3打差単独首位で週末へ 日本勢は9人予選通過

) コロナ禍で初の12月開催となったメジャーは、全選手が2コースを回る予選ラウンドが終了。1打差2位から出た渋野日向子がジャックラビットコース(JR)で6バーディ、2ボギーの「67」をマークし、 通算7
2020/12/11全米女子オープン

「もうちょい左」に微修正 渋野日向子の振り切れた初日

、大丈夫だろうと思いながら打ちました」。6Iでクリーンにヒットし、グリーンオン。パーを拾った渋野日向子は、すぐにティショットに修正点を見つけた。 左を向きながら右に出して戻ってくる弾道が本来の持ち球
2020/12/10全米女子オープン

「寄るかな」の不安と心境は今 渋野日向子が20年最終戦へ

年最終戦は集中力を切らせないシビアなセッティングが待ち受けている。2コースを使う予選ラウンド。初日に回るメインのサイプレスコースでのスコアメークを問われた渋野日向子は「距離が長いのでフェアウェイキープ