2020/04/11

例年トッププロ参戦 7月の「北陸オープン」も中止

権がかかるアマチュアトーナメントも中止となる。 例年7月の国内男子ツアーの試合がない週に開催されるとあって、トッププロが数多く参戦してきた。昨年大会は池村寛世が優勝を飾り、2018年には石川遼も出場し
2016/06/02日本ツアー選手権森ビル杯

アンダーパーわずか6人…池村、宮本ら4人が首位に並ぶ

記録する強風が吹き荒れ、アンダーパーはわずか6人の展開となった。首位のスコアは「69」の2アンダー。大会初出場の池村寛世、今季1勝のショーン・ノリス(南アフリカ)、大会2勝(2001年、10年)の宮本…
2016/06/03日本ツアー選手権森ビル杯

谷口徹が2打差3位 首位に11年覇者のJ.B.パク

ジュンウォン(韓国)、アダム・ブランド(オーストラリア)の3選手が並んだ。 初日首位の小袋秀人は2バーディ、5ボギーの「74」とスコアを落とし、通算1オーバーの8位。同じく首位で出た宮本勝昌は通算2オーバーの11位、池村寛世は「79」を叩いて通算6オーバーの38位に後退した。
2018/01/28レオパレス21ミャンマーオープン

ピーターソンが日亜初V 小平は2週連続の2位 宮里5位

アンダー2位に、8バーディ、ボギーなしのコースレコード「63」と猛追した小平智と、「67」で回った池村寛世が続いた。小平は前週の開幕戦「SMBCシンガポールオープン」に続く2週連続の2位。 首位と1打差の
2015/08/30RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント

池田勇太が今季初勝利 通算13勝目を完全優勝で飾る

ツアー3戦目の池村寛世は、最終日最終組のプレーで2バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「74」。シンデレラボーイとはなれず、通算11アンダーで谷口徹、小平智らと並ぶ13位に終わった。
2016/04/14東建ホームメイトカップ

永野竜太郎と重永亜斗夢が首位発進 池田勇太ら1差

なでおろした。 5アンダーの2位に池田勇太と松村道央。4アンダーの5位に、今大会2勝(2005、11年)の高山忠洋、昨季初シードの今平周吾のほか、薗田峻輔、市原弘大、塩見好輝、池村寛世、朴ジュンウォン
2016/06/24ISPSハンダグローバルカップ

池田、浅地、平塚らが3差追う 海外選手が上位席巻

人が続いた。 日本勢最上位は通算7アンダーの8位。浅地洋佑、池田勇太、平塚哲二、池村寛世、太田直己、初日にアルバトロスを記録した宮本勝昌が、招待選手のパドレイグ・ハリントン(アイルランド)、「67」で
2015/09/03elite grips challenge

阿部裕樹が自身初の首位発進 池村は5打差24位/チャレンジ初日

1イーグル、4バーディの「66」をマークし、6アンダーの5位。同じく5位に川満歩、杦本(すぎもと)晃一が並んだ。 前週の「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」で13位に入った池村寛世は3バーディ、ノーボギーの「69」でプレーし、トップと5打差の24位に続いている。
2015/08/28RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント

池田勇太が単独首位で決勝へ 3打差2位に小田孔明

・ケネディ(オーストラリア)と並び2位に浮上した。首位と1打差の3位から出た片岡大育は6バーディ、2ボギーの「68」とし、通算9アンダーの4位。同順位に、ともに「67」をマークした深堀圭一郎と池村寛世
2017/11/27カシオワールド

10人がシード初獲得 フル資格の竹安俊也は勉強熱心

俊也(56位)の5人が第1シードを獲得した。出水田大二郎(66位)、北村晃一(72位)、池村寛世(74位)、日高将史(75位)、デービッド・ブランスドン(78位/オーストラリア)が第2シードを手にした
2020/09/04フジサンケイクラシック

首位に小田孔明ら3人 石川遼がベストスコアで3打差6位浮上

残りと第2ラウンドが行われ、小田孔明、市原弘大、永松宏之が通算6アンダーの首位で並んだ。 若手の勢いに負けず、42歳の小田が「66」で気を吐いた。同組の池村寛世、出水田大二郎との九州勢の組でリラックス
2020/10/16日本オープン

日体大・河本力が首位浮上 1打差2位にも大学生アマ2人

「68」でプレー。通算5アンダーで2位から単独首位に浮上した。 1打差2位で、桂川有人(日大4年)と杉原大河(東北福祉大3年)のアマ2人が今平周吾、谷原秀人と並んだ。 通算3アンダー6位に市原弘大と池村
2020/01/11ソニーオープンinハワイ

小平智、松山英樹が決勝へ 首位にスティールら

。ガンガン攻めて、スコアを伸ばしていきたい」と意気込んだ。 ほかの日本勢は、比嘉一貴が通算5オーバー106位、時松隆光が通算6オーバー113位、今平周吾、池村寛世、中島徹がいずれも通算9オーバー127位で大会を終えた。
2018/01/26レオパレス21ミャンマーオープン

川村昌弘が1差3位で決勝へ 石川遼は予選落ち

目を終えているのは成長」と前向きだった。 通算6アンダーの6位に宮里優作。5アンダー7位タイに池村寛世、中島徹、ショーン・ノリス(南アフリカ)らが入った。小平智は2日連続の「69」で通算4アンダー
2019/10/10ブリヂストンオープン

今平周吾が首位スタート 石川遼23位

の2位にガン・チャルングン(タイ)。5アンダーの3位に、2017年優勝の時松隆光とアマチュアの砂川公佑(大阪学院大3年)。4アンダーの5位に木下稜介、池村寛世、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド