2018/04/18パナソニックオープンレディース

永田あおいが首位発進/ステップアップツアー

◇ステップアップツアー◇パナソニックオープンレディース 初日(18日)◇田辺カントリー倶楽部(京都)◇6403yd(パー72) 国内女子の下部ツアー今季第3戦が開幕。同ツアー通算4勝の永田あおいが8
2017/07/26カストロールレディース

金井智子とウェイ・ユンジェが首位発進/女子ステップ

アンダーで首位に並んだ。大会は27日までの2日間で行われる。 3アンダーの3位タイに横山三和子とチェン・イーウェン(台湾)。2アンダーの5位タイに宅島美香、小川陽子、大和笑莉奈、坂下莉彗子、永田あおい
2017/05/19ツインフィールズレディース

永田あおいが首位 鈴木麻綾が1差/女子ステップ2日目

国内女子の下部ステップアップツアー「ツインフィールズレディース」の2日目。7位スタートの永田あおいが3バーディ、ノーボギー、この日のベストスコアタイ「69」とし、通算3アンダーの単独首位に浮上
2016/03/27アクサレディス in MIYAZAKI

キム・ハヌルが3度目の正直でツアー2勝目 5打差ぶっちぎり

アンダーの2位に申ジエ(韓国)。通算2アンダーの3位に前年覇者の笠りつ子、菊地絵理香、永田あおい、テレサ・ルー(台湾)、福田真未、アン・ソンジュ(韓国)、堀琴音、吉田弓美子の8人が並んだ。 アマチュアの勝
2016/03/25アクサレディス in MIYAZAKI

選手コメント集/アクサレディス 初日

で惜敗)1打でも2打でも負けは負けなので。悔しい思いは強いです。今週は頑張ります」 ■永田あおい 4バーディ「68」 4アンダー4位タイ 「満足です。ショットはそこまで良かったわけじゃないですが
2016/03/25アクサレディス in MIYAZAKI

キム・ハヌルが3試合連続の首位発進 渡邉彩香が3位

アンダーの3位に2014年大会覇者の渡邉彩香。さらに1打差の3アンダー4位に吉田弓美子、成田美寿々、茂木宏美、永田あおい、14年プロテスト合格の保坂真由の5人が続く。 3試合連続の出場となるアマチュア
2015/08/06KCFG レディ-スゴルフト-ナメント

2週連続優勝狙う金田愛子が首位発進/ステップアップツアー初日

裕紀子、恒川智会の5選手。通算3アンダーの8位で槇谷香、北村響、永田あおい、横山倫子の4選手が続いた。 前週行われたプロテストに合格した辻梨恵は3バーディ、2ボギーの1アンダー「71」で、20位タイ発進となった。大会は2日間で争われ、7日(金)に優勝者が決まる。
2013/10/24京都レディースオープン

永田あおいが逆転で最終戦を制す!/ステップ最終日

京都府城陽市の城陽カントリー倶楽部 東コースで開催されている国内女子ステップアップツアー最終戦「京都レディースオープン」の最終日。1打差2位からスタートした永田あおいが「71」をマーク。首位の新坂上
2013/10/23京都レディースオープン

「得意クラブのパターが活躍」新坂上ゆう子が首位発進/ステップ初日

30ヤードがチップイン、16番でもカラーからの長いパットを沈めて好スコアに繋げた。 2アンダーの2位タイには今季「エディオンレディースカップ」で優勝した大和笑莉奈ほか、川原由維、田口晴菜、永田あおいの4選手、1アンダーの6位タイには加賀其真美、濱美咲、アマチュアの北村響の3選手が続いている。
2012/06/05サントリーレディスオープンゴルフトーナメント

実力問われる4日間競技、海外勢の勢いを止められるか!?

今大会のマンデー予選会を突破した永田あおいなど、多くの選手が準地元での活躍を狙っている。 さらに、この大会は毎年アジア地域のアマチュアを数多く招待しているが、今年も韓国、中国、タイ、台湾、フィリピン
2011/09/18山陽新聞レディースカップ

永田あおいが今季2勝目/ステップアップツアー

岡山県の東児が丘マリンヒルズゴルフクラブで開催された国内女子のステップアップツアー今季第4戦「山陽新聞レディースカップ」の最終日。1オーバーの7位タイからスタートした永田あおいが「68」をマークし
2011/06/02デオデオカップ

石川彩子、山本薫里が首位発進!/ステップ・アップ・ツアー初日

アンダーで首位に並んでいる。 2アンダーの3位タイには、大久保夢未、仲宗根澄香、永田あおい、西美貴子、横峯瑠依の5人。1アンダーの8位タイに、イ・ヘス(韓国)、井上希、三井美智子、昨年のプロテストに合格した園田絵里子が続いている。
2009/06/27プロミスレディスゴルフトーナメント

新人の永田あおい、「恥ずかしながら…」6位タイに浮上!

あおいだ。 2日目に5バーディ、1ボギーの「68」をマークし、通算5アンダーの6位タイに浮上する活躍ぶり。実は、プライベートを通じてもこれまでのベストスコアは「69」だったという永田。報道陣に向かい