2019/07/06資生堂レディス

きっかけの場所で 永井花奈の“原点回帰”

◇国内女子◇資生堂アネッサレディスオープン2日目(5日)◇戸塚CC(神奈川県)◇6513yd(パー72) 21位から出た永井花奈が7バーディ、ボギーなしの「65」をマークし、首位と2打差の通算8
2019/04/03ヤマハレディース葛城

初のホステスプロ 永井花奈は「変化」で挑む

◇国内女子◇ヤマハレディースオープン葛城 事前(3日)◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(静岡県)◇6564yd(パー72) 今季ヤマハと用具契約を結んだホステスプロの永井花奈。クラブ以外にも変化を遂げて
2019/02/25

ヤマハが永井花奈と用具契約を締結

ヤマハは25日、女子ゴルフの永井花奈と用具契約を結んだことを発表した。永井は今季から同社製のクラブのほか、同社のロゴが入ったキャップ、サンバイザー、キャディバック、ヘッドカバー、傘を使用して出場する
2019/08/27ニトリレディス

石川遼完全Vを生観戦 永井花奈と松田鈴英が刺激

◇国内女子◇ニトリレディス 事前(27日)◇小樽CC(北海道)◇6650yd(パー72) ツアー2勝目を目指す永井花奈が、かねて親交のある男子ゴルフの石川遼の完全優勝を生観戦し、感性を刺激された
2019/07/05資生堂レディス

ペ・ヒギョンが首位守る 永井花奈「65」で2位浮上

首位をキープした。2打差の8アンダー2位にイ・ミニョン、キム・ハヌル(いずれも韓国)のほか、7バーディ「65」をマークした永井花奈が21位タイから浮上した。 7アンダー5位に稲見萌寧。この日「67」で
2017/10/29樋口久子 三菱電機レディス

2週連続で最終日中止 永井花奈が初優勝

決定した。前日までの36ホールで競技が成立し、第2ラウンド終了時点で通算7アンダーの首位だった永井花奈がツアー初優勝を遂げた。 台風の影響を受け、前週の「マスターズGCレディース」から2週連続の最終
2018/10/14富士通レディース

“三軍”パターを投入 永井花奈は1打差で最終日へ

◇国内女子◇富士通レディース 2日目(13日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6675yd(パー72) 首位と2打差の6位で出た永井花奈は「70」でプレーし、通算5アンダーの3位に浮上した
2018/07/14サマンサタバサレディース

永井花奈は夏女? 「暑いの好き」で2勝目へ好位置

◇国内女子◇サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 2日目(14日)◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6588yd(パー72) 27位タイから出た永井花奈が8バーディ
2018/07/06ニッポンハムレディス

鬼門のコースで好発進 永井花奈「5アンダーは上出来」

永井花奈が6バーディ、1ボギーの「67」でプレー。2年連続で予選落ちを喫している鬼門のコースで5アンダーとし1差2位発進を決めた。 「すごくショットがよかった。何も考えずにやっていたことが逆によかったの
2018/07/06ニッポンハムレディス

20歳の勝みなみが首位発進 永井花奈が1差で続く

、初優勝を目指す。 1打差の5アンダー2位に永井花奈。さらに1打差の4アンダー3位に勝と同じく1998年4月から99年3月生まれの“黄金世代”のひとり、新垣比菜がつけた。3打差の3アンダー4位タイに
2018/03/29ヤマハレディース葛城

「びっくりした」永井花奈が初ホールインワンで単独首位

Iを振ると、ピン手前1.5mから転がってカップイン。永井花奈にとってツアー初、人生でも3度目のホールインワンに「光で入る瞬間は見えなかったけど、『入ったよ』って言われてびっくりした」。勢いそのままに
2019/04/19KKT杯バンテリンレディス

酒井美紀が5アンダー首位発進 1打差に永井花奈ら

首位で発進した。 1打差の2位に永井花奈、大西葵、イ・ソルラ(韓国)の3人。カリス・デイビッドソン(オーストラリア)が3アンダーの5位で続いた。2アンダー6位に、熊本出身の有村智恵、松森彩夏、李知姫
2019/09/29ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン

柏原明日架がプロ6年目で涙の初優勝

アンダーで逆転。プロ6年目の23歳がうれしい初優勝を飾り、ホールアウト後は涙を流した。 通算8アンダー2位にペ・ソンウ(韓国)。通算6アンダー3位に比嘉真美子、永井花奈、勝みなみ、菊地絵理香が並んだ。 2
2018/03/30ヤマハレディース葛城

菊地絵理香が単独首位浮上 永井花奈は1打差2位

、通算5アンダーで単独首位に浮上した。初日首位の永井花奈は1バーディ、1ボギーの「72」で回り、通算4アンダー2位に後退した。 後半11番(パー3)でボギーを喫した菊地は「パットが良くて助かった」と13