2019/06/23ニチレイレディス

鈴木愛「相手をヒヤッと」させた攻めの駆け引き

◇国内女子◇ニチレイレディス 最終日(23日)◇袖ヶ浦CC新袖C◇6548yd(パー72) ゴルフには流れを引き寄せる「駆け引き」がある。 同じ最終組で首位の高橋彩華を2打差で、2位の比嘉真美子を1
2019/06/23ニチレイレディス

メンタル面で成長 鈴木愛が初の2週連続V

た。3週間前の海外メジャー「全米女子オープン」は週末にイライラを募らせた22位。帰国後1週間のオフに「自分のゴルフを、見つめなおした」。同大会優勝者のイ・ジョンウン6(韓国)や5位の比嘉真美子との違い
2019/06/23ニチレイレディス

初めてのプレーオフ 高橋彩華は鈴木愛に屈し涙

越えるドライブから2オンのバーディ。同組でツアー通算5勝の比嘉真美子が脱落する中、最後まで粘り続けた。 賞金ランキングは53位から28位(1368万7000円)に浮上。「次はプレーオフにいかずに勝てるようにする」。最後は涙をぬぐいながら、胸に誓った。(千葉市緑区/林洋平)
2019/06/23ニチレイレディス

鈴木愛が連覇&2週連続V 高橋彩華とのプレーオフ制す

ボギーの「72」でプレーし、首位を守った。18番(パー5)でのプレーオフで鈴木が2オンして8mのイーグル逃しでバーディ。高橋が9mのバーディパットを決めきれなかった。 1打差の2位から出た比嘉真美子は3
2019/06/22ニチレイレディス

高橋彩華が単独首位で最終日へ 1打差に比嘉真美子

アンダー単独首位で最終日に臨む。 20位から出た比嘉真美子は4連続を含む8バーディ、1ボギーの「65」をマークし、通算8アンダー2位とした。3月「ダイキンオーキッドレディス」に続く今季2勝目を狙う。 2週
2019/06/21ニチレイレディス

勢関が婚約後初の観戦 比嘉真美子「目立つ(笑)」

◇国内女子◇ニチレイレディス 初日(21日)◇袖ヶ浦CC新袖C◇6548yd(パー72) 大相撲の勢関が婚約する比嘉真美子の試合を現地観戦した。2018年7月「大東建託・いい部屋ネットレディス」の
2019/06/20ニチレイレディス

21歳での「1億円」目前も 小祝さくらの変わらない生活

初優勝でしかない。(千葉市若葉区/林洋平) (※)21歳以下で獲得賞金総額1億円を突破した選手(達成時の年齢) 宮里藍(19)、横峯さくら(20)、比嘉真美子(20)、堀琴音(20)、勝みなみ(20
2019/06/16宮里藍サントリーレディス

鈴木愛が逃げ切り優勝 今季2勝目

ラウンドを「70」で回った鈴木愛が通算12アンダーとし優勝した。3月「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」に続く今季2勝目、ツアー通算11勝になった。 1打差の2位に比嘉真美子。最終
2019/06/14宮里藍サントリーレディス

イ・ミニョンが首位キープ 2打差に鈴木愛

が6アンダーの6位に続いた。 比嘉真美子、小祝さくららが5アンダーの8位。1年ぶりのトップ3となる3位タイで発進したイ・ボミ(韓国)は「73」と落とし、通算4アンダーの13位に後退した。 アマチュアの
2019/06/13宮里藍サントリーレディス

イ・ボミ1年ぶりのトップ3発進 首位はイ・ミニョン

並んだ。イ・ボミが第1ラウンドを3位以内で終えるのは、18年4月「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」以来。 4アンダー7位は比嘉真美子、宮里美香、山戸未夢、菅沼菜々、高橋彩華、アマチュアのホン・イェウン(韓国)の6人となった。
2019/06/11宮里藍サントリーレディス

比嘉真美子、鈴木愛、勝みなみらが国内復帰戦

は成田美寿々が有村智恵とのプレーオフを制し、ツアー通算9勝目を挙げた。 賞金総額1億円(優勝賞金1800万円)を懸けて、比嘉真美子、鈴木愛、勝みなみ、新垣比菜、成田ら2週前の海外メジャー
2019/06/05ヨネックスレディス

帰国組の比嘉、勝、鈴木ら欠場 前週初Vの原英莉花が出場

ほか、勝みなみ(同2位)と新垣比菜(同13位)が不在だ。さらに同大会を5位で終えた比嘉真美子が首痛のため、22位の鈴木愛が体調不良のため欠場を決めた。 上位の常連になった河本結、吉本ひかる、松田鈴英も
2019/06/03全米女子オープン

比嘉真美子は「最後まで諦めず」メジャー3度目のトップ10

。首位と1打差の3位から、日本人2人目のメジャー優勝を目指した比嘉真美子は、最終日は3オーバー「74」。序盤に5ボギーが先行したが、それでも上がり5ホールで2バーディを取り返し、メジャーで自身3度目の