2013/06/12サントリーレディスオープンゴルフトーナメント

「全英」まであと一歩 比嘉真美子、堀奈津佳が意気込み

だ。今週を終えた時点での賞金ランキング上位5名に出場資格が付与されるとあり、ライン付近にいる選手たちにとっては目標の1つなっている。 同6位の比嘉真美子は、同5位の全美貞と僅か約11万円の差。「絶対に
2013/04/11スタジオアリス女子オープン

比嘉真美子が賞金よりも欲しいもの

先週の「ヤマハレディースオープン葛城」で三つ巴のプレーオフを制し、ツアー初優勝を果たした比嘉真美子が、今週の「スタジオアリス女子オープン」で2試合連続優勝に挑む。 昨年はアマチュアとして出場し、優勝
2017/09/15マンシングウェアレディース

比嘉真美子が1打差2位発進 ”藍先輩”惜別Vへ準備万全

としては最多6679人のギャラリーが見守る中、比嘉真美子が6バーディ、ノーボギーの「66」。首位と1打差の2位発進を決めた。 「きょうはティショットが安定していなくて、ラフから打つことが多かった
2013/04/07GDOEYE

後悔から初勝利へ 貫き通した比嘉真美子の誓い

強風が吹き荒れる中で行われた最終ラウンドも、プロとして初めて経験するプレーオフでも、比嘉真美子の心に刻まれていた1つの誓いに揺るぎは無かった。「絶対に自分を曲げない」。 その意思は18番パー5で行わ
2019/06/01全米女子オープン

比嘉真美子は単独首位を維持 雷雨で日没順延

し、同8時24分に日没サスペンデッドとなった。13人の日本勢は全員がホールアウトし、単独首位からスタートした比嘉真美子は4バーディ、4ボギーの「71」でプレー。通算6アンダーとして、暫定ながら単独首位
2012/10/11富士通レディース

19歳の誕生日を迎えた比嘉真美子の4戦が始まる

9月に開催された女子ステップ・アップ・ツアーの「ごうぎんDuoカード・レディーストーナメント」で優勝を果たした比嘉真美子が、12日(金)に開幕する「富士通レディース」に出場する。 今年のプロテストで
2019/06/21ニチレイレディス

勢関が婚約後初の観戦 比嘉真美子「目立つ(笑)」

◇国内女子◇ニチレイレディス 初日(21日)◇袖ヶ浦CC新袖C◇6548yd(パー72) 大相撲の勢関が婚約する比嘉真美子の試合を現地観戦した。2018年7月「大東建託・いい部屋ネットレディス」の
2020/01/29

渋野日向子、石川遼らが新規選出 2020年JOC強化指定選手

。 男子は昨年に引き続き松山英樹、今平周吾、小平智、星野陸也、時松隆光が選ばれ、石川遼、比嘉一貴、浅地洋佑が新規に選出された。 女子は畑岡奈紗、鈴木愛、比嘉真美子、上田桃子の4人が継続。渋野日向子、稲見
2018/03/24アクサレディス in MIYAZAKI

点滴からの優勝争い 比嘉真美子は2打差追う

◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 2日目(24日)◇UMKCC(宮崎県)◇6505yd(パー72) ツアー通算4勝目を狙う24歳の比嘉真美子が、首位と2打差の通算8アンダーの3位
2018/03/25アクサレディス in MIYAZAKI

54ホールで1ボギーの比嘉真美子は2位「成長を感じた」

タイトルを逃した比嘉真美子は「自分のやるべきことをやっていければ、来週以降にもチャンスはめぐってくる」と淡々と語った。 18番の繰り返しで行われたプレーオフの3ホール目。ヤオのウィニングパットが決まると
2016/08/26ニトリレディス

姉と二人三脚 比嘉真美子に復調の光は差し込むか

北海道小樽市の小樽CCで開催中の国内女子ツアー「ニトリレディス」2日目、9位から出た比嘉真美子が5バーディ、3ボギー「70」(パー72)で回り、通算3アンダー2位タイに浮上した。2013年の新人賞に
2019/09/28ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン

比嘉真美子と辻梨恵が首位 畑岡が1打差3位、渋野は15位

◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 2日目(28日)◇利府GC (宮城)◇6505yd(パー72) ともに首位と2打差の2位から出た比嘉真美子と辻梨恵が「68」でプレー。通算8アンダー
2018/11/22ツアー選手権

3パット覚悟もバーディ締め 比嘉真美子が3位発進

◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 初日(22日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6471yd(パー72) 比嘉真美子が4連続を含む5バーディ、1ボギーの「68」で回り、4アンダーの3
2017/03/31ヤマハレディース葛城

4位浮上の比嘉真美子 今春に見る過去との決別

真美子が3バーディ、2ボギーの1アンダー。2日目続けての「71」で通算2アンダーとして、首位と5打差の単独4位に浮上した。 春は別れの季節ともいう。比嘉自身も1Wショットに悩んでいた姿から、決別の時期