2012/10/27樋口久子 森永製菓ウイダーレディス

選手コメント集/樋口久子 森永製菓ウイダーレディス 2日目

■北田瑠衣 6バーディ、4ボギー「70」 通算5アンダー3位タイ 「(風が強くて)大変でした。長いホールが多いし、アゲンストの風も多くて、14番と16番はセカンドショットをスプーンで打ちました(笑)。本当にしんどかった。その中でバーディが獲れた分、ボギーも多く…
2019/08/21小林至のゴルフ余聞

渋野フィーバーと世界の中の日本女子ツアー再考

ゴルファーがメジャーで勝つこと自体は、起こるべくして起きたことであり、むしろ42年も間が空いていたことのほうが奇跡だという気がする。 42年前に「全米女子プロ」で勝った樋口久子さん以降、岡本綾子さん、小林
2013/11/05

藍は15位をキープ 美香は21位に後退/女子ランキング

前週はUSLPGAツアーはオープンウィーク。女子アジアンツアー、欧州女子ツアー、中国ゴルフ協会共催の「蘇州太湖オープン」が中国で開催されていた。千葉県で開催の「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」は
2018/09/25日本女子オープン

畑岡奈紗が凱旋出場 樋口久子以来の3連覇に挑む

の史上初アマチュア制覇に続き、1976年、77年大会を制した樋口久子以来2人目となる40年ぶりのナショナルオープン連覇の快挙を遂げた。 1968年の第一回大会から4連覇を達成した樋口久子以…
2014/11/01樋口久子 森永レディス

選手コメント集/樋口久子 森永レディス 2日目

■イ・ボミ 6バーディ、1ボギー「67」 通算6アンダー4位 「(今日の出来は)120点じゃないですかね。大雨になってから集中できました。13番から降り出して、14番から大雨に(以降3バーディ)。上が伸びていると思っていたので、頑張れました。 (2試合連続優勝…
2015/03/26アクサレディス in MIYAZAKI

樋口久子氏から「スイング良くなった」 渡邉彩香は連覇が目標

)落ち込む部分はあるけど、スイングを変えている過程だし仕方がないところもある」と、この結果を真摯に受け止めつつ、ダメージは最小限と言ったところだ。 この日は、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の樋口久子
2013/09/22マンシングウェアレディース東海クラシック

横峯さくら 20勝目は永久シードへの「過程」

通算19勝目で「結婚してからも」と軌道修正。「頭に30勝はあるけど、無理だろうなというのがありました。今は目の前の1勝を積み重ねていって獲れたらいいと思います」と息の長い活躍を思い描き、樋口久子、岡本
2013/11/01樋口久子 森永製菓ウイダーレディス

櫻井有希が2連続チップインで首位発進

国内女子ツアー「樋口久子 森永製菓ウィダーレディス2013」の初日、ノーボギーで6つのバーディを奪った櫻井有希が首位に立った。現在賞金ランキング47位。「50位以内」の来季賞金シードが気になる
2013/10/27NOBUTA GROUP マスターズGCレディース

崖っぷちの上田桃子、価値ある3位タイに「よしっ!」

大きく前進するとともに、来季出場優先順位を決めるクオリファイングトーナメント(QT)のセカンド免除(次週「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」終了時点で同70位以内)をほぼ確定させ、QT参戦となっても
2016/10/02日本女子オープン

世界ジュニア2連覇の逸材 メジャー最年少V畑岡奈紗の足跡

には15年から参戦。当時16歳で出場した10月の「樋口久子 Pontaレディス」で鮮烈なデビューを飾る。初日に4アンダーをマークし、並み居るプロたちを押しのけて単独首位発進。ツアー初出場のアマチュアが
2013/10/24NOBUTA GROUP マスターズGCレディース

テーマは“泥臭く” 上田桃子「上に這い上がるだけ」

、首位に1打差の3アンダー2位発進を決めた。 国内シード権を持たない上田の今季残り試合は、今週と次週の「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」2試合のみ。また、主戦場として6年目のシーズンを送る米国ツアー
2017/09/13GDOEYE

戸張捷氏が語る 宮里藍の誕生から引退までの舞台裏

の1万1429人を記録。「メディアの数も通常の3倍から4倍に膨れ上がっていました」と、多くのテレビクルーやカメラマンが宮里のプレーを追った。 樋口久子・日本女子プロゴルフ協会会長(当時)主導のもと
2015/04/05ヤマハレディースオープン葛城

「成長していると思う」 渡邉彩香の進化が詰まった通算2勝目

「アクサレディス」だった。プロアマを一緒にプレーした樋口久子・LPGA相談役から、無意識に左に向いていたアドレスを指摘されてから安定性が増し、「自信を持って振れるようになり、よく飛ぶようになった」という
2016/11/10伊藤園レディス

畑岡奈紗が国内プロ初戦へ 目標は“藍越え”の予選通過

18ホールを完走。同組でプレーした日本女子プロゴルフ協会の樋口久子相談役に支えられながらも、プロとして最初の務めを果たした。 3週間後には来季米ツアーの出場権をかけたファイナルQTが控えていることもあり