2021/12/10

「鉄人」が目標 53歳・手嶋多一は下部ツアーにも意欲

。「いっぱい(ツアーの)仕事があるから手伝ってくれよ」と続けられたオファーは「その時が来たら」と手嶋は承諾をやんわり先延ばしに。まだプレーヤーとしてツアーの盛り上げに一役買う。(宮崎県宮崎市/桂川洋一
2021/12/10

逆転シードならず→最終予選会へ 今野大喜は21年最後の18ホールにかける

)トップ10くらいだと思っている」。現在のトップ10(2アンダー5位タイに7人)に「2打差」とターゲットを絞った。タイトなフェアウェイ、連日硬くなっていくグリーン。「最終日の頑張りで結果はおのずとついてくると思う」と、がまん比べの戦いに挑んでいく。(宮崎県宮崎市/桂川洋一
2021/11/28カシオワールド

「イップスになって良かった」堀川未来夢が前進の2勝目

」と前向きに捉えることを忘れなかった。「イップスになったよかったなって。結果的にはゴルフを結構考えるようになった」とまで言える。その手に今ある、泥沼を探るようにしてつかんだ自信は、どんなゴルフクラブよりも頼もしい。(高知県芸西村/桂川洋一
2021/11/28カシオワールド

悔しさかみ殺す金谷拓実 賞金王は最終戦5人の争いへ

円、単独2位は1500万円)。今大会を45位で終えたキムは、後続との差を1239万円以上としてトップを守った。2位の木下稜介が逆転するためには優勝か単独2位が必須条件。3位の金谷拓実、4位の星野陸也、5位の稲森佑貴はそれぞれ優勝して、上位2人の結果を待つほかない。(高知県芸西村/桂川洋一