2007/12/09レクサスカップ

上原彩子、勝利に貢献!アジアチームが世界選抜を撃破!

1対1ずつで戦う2サム・マッチプレーでの対戦となる。前日、ノルウェーのスーザン・ペターセンが12番終了後腰痛のため棄権し、今日はアジアチームもキャプテンのセリがプレーしないことで、11人対11人の…
2007/12/04レクサスカップ

世界選抜VSアジア選抜の激突! 日本からは上原彩子が出場

フォーサム。2日目は2人1組で、どちらか良い方のスコアを採用するフォーボール。最終日が、18ホールストローク方式でのシングルス12試合で争われる。 アジア選抜は上原の他、キャプテンのセリ、メジャー
2007/12/01第8回日韓女子プロゴルフ対抗戦

終盤のバーディラッシュで日本がリード

抱えたセリが、粘りのゴルフで諸見里しのぶを退けると、中盤は韓国チームが盛り返す。古閑美保の引き分けを挟んで韓国チームが5試合を連取し、ポイントでもリードを奪った。 しかし、今年の日本チームはこのまま
2007/11/28第8回日韓女子プロゴルフ対抗戦

日本と韓国、両国のプライドを掛けた対抗戦が開幕!

特別後援競技「KYORAKU CUP 第8回 日韓女子プロゴルフ対抗戦」が、12月1日(土)、2日(日)の2日間、福岡県朝倉市の福岡センチュリーゴルフ倶楽部で開催される。1999年から始まった同大会(2001年は米国同時多発テロの為中止)は、日本が2連勝をした後に3連敗。引き分けを挟んで、去年も韓国に軍配が上がり、通算成績は2勝4敗1分と日本が負け越している。 競技は2日間に渡り、それぞれ12名ずつが参加して、18ホール・ストロークプレーによるシングルス・マッチで争われる。 今年の日本チームの平均年齢は23.9歳と史上最年少を記録。大会初出場の有村智恵、原江里菜の20歳コンビの他、2004年の...
2007/11/14ADTチャンピオンシップ

今シーズン最終戦、優勝賞金100万ドルを手にするのは誰だ!?

米国女子ツアー最終戦「ADTチャンピオンシップ」が、11月15日(木)から18日(日)までの4日間、フロリダ州にあるトランプ・インターナショナルGCで開催される。この大会には独自のルールが設けられており、最終日に進出できるのは、トップ8に残った選手のみ。そして3日目までのスコアはリセットされ、最終日の18ホールだけのスコアで争われることになっている。 昨年は、フリエタ・グラナダ(パラグアイ)が4バーディ、ノーボギーの安定した内容で、スコアを通算4アンダーとし、2位以下に2打差をつけて初優勝。史上最高額の100万ドルの優勝賞金を獲得した。 今大会、優勝候補の筆頭に挙がるのは、圧倒的な強さで今季の...
2007/11/06LPGAトーナメント・オブ・チャンピオンズ

大会連覇を狙うオチョアと、最終戦の出場権争いに注目!

米国女子ツアー第28戦「LPGAトーナメント・オブ・チャンピオンズ」が、11月8日(木)から11日(日)までの4日間、アリゾナ州にあるロバートトレントジョーンズ・マグノリアグローブで開催される。今大会の出場メンバーは、2004年から2007年までのLPGAツアー優勝者とゴルフ殿堂入りを果たした選手で構成されている。 昨年は、ロレーナ・オチョア(メキシコ)が後続に10打差をつける通算21アンダーで、圧倒的な勝利を飾った。そのオチョアは今季7勝を果たし、マネークィーンはほぼ確定。今大会でさらにタイトルを重ね獲得賞金額を増やすのかに注目が集まる。 また、最終戦となるADTチャンピオンシップの出場権も...
2007/10/25独占インタビュー

飯島茜 意気込んでも変らない。ライバルは自分です。

ね」。 ―― アカデミーではどんな練習をしていたのですか? 「当時はセリが(レッドベターに)習っていて、そういう人と比較して、自分に無いことや良い部分を指摘されながら、これを直していこうって
2007/10/23ホンダ LPGA タイランド 2007

日本勢3人がタイを舞台に戦う!宮里藍の復活に期待

米国女子ツアー第26戦「ホンダ LPGA タイランド 2007」が、10月25日(木)から28日(日)までの4日間、タイにあるシャムCCパタヤオールドコースで開催される。今年で第2回を迎える歴史の浅い大会で、マネーランキング上位50名に主催者推薦などを含めた60名が参戦。予選カットラインは設けられていない。 初開催の昨年、初代チャンピオンに輝いたのは、韓国のH.W.ハン。2位以下に5打差をつける通算14アンダーで圧勝を遂げている。 今年は、前週の「コリア選手権 presented by SEMA Sports」で優勝を飾ったスーザン・ペターセン(ノルウェー)をはじめ、同大会3位タイフィニッシュ...
2007/10/16コリア選手権 presented by SEMA Sports

今年も韓国勢の勝利か!?L.オチョアの7勝目にも注目!

も、ディフェンディングチャンピオンのホンをはじめ、金美賢、S.H.リー、J.Y.リー、ジャン・ジョン、セリといった強豪韓国勢が戦いの舞台に集結する。果たして本大会のジンクス通り、韓国選手の地元優勝と