1996/06/30東ハトレディスゴルフトーナメント

木村敏美、7オーバーの勝利

前日首位の村口史子は惜しくも今季初優勝をのがした。かわって優勝カップを手にしたのは実力派・木村敏美。「予選が2オーバー、2オーバーだったので、きょうはなんとかパープレーでと思っていました。なんとか
2006/11/30

有村智恵がトップに君臨! ベテランの木村敏美も19位タイと好位置/ファイナルQT3日目

功留美が1オーバーの8位タイ。ベテランの木村敏美も通算5オーバーの19位タイとまずまずのポジション。ところが、賞金ランキング52位で惜しくもシード権獲得に至らず参戦している成田いづみは、通算13オーバーの70位タイ。塩田亜飛美も通算15オーバーの80位タイと厳しい状況になっている。
2004/05/16ヴァーナルレディース

宮里惜しくも3位!不動が逆転勝利で今季2勝目を飾る

福岡県の福岡センチュリーGCで開催されている、国内女子ツアー第5戦「ヴァーナルレディース」の最終日。大会2日目を終えて、2アンダーの首位に宮里藍、米山みどり、木村敏美、藤井かすみの4人が並ぶ大混戦…
2003/09/06フジサンケイレディスクラシック

上位は変わらず、塩谷が8アンダーで首位をキープ!

2位に1打差まで迫られてしまったが、17、18番の上がり2ホールでバーディを奪い、最終日に繋がるフィニッシュを見せた。 塩谷を3打差で追うのは、木村敏美と高又順の2人。初日2アンダー3位グループに7人…
2001/10/14富士通レディース

バースデイ優勝!シーズン4勝目は自らを祝福

いる大場美智恵もスローペースだったが確実にバーディを重ねスコアを伸ばした。この2人の争いに割って入ったのが木村敏美。14番までに7バーディ1ボギーのチャージをかけ、首位に3人が並ぶ混戦となった。 ドラマ…
2003/05/23中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

不動が首位! 上位は実力者が占めている!!

ている。 首位不動を2打差で追うのは、1998年賞金女王の服部道子。13番パー5でイーグルを奪い、バーディも3つ。こちらもノーボギーの安定したラウンドだった。 さらに1打差の単独3位には木村敏美がつけ…
2012/05/16中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

馬場が提案、プロアマ欠場者への罰則が議題に

、皆さんからいろいろな意見をいただけた」と馬場。特に、鬼澤信子や木村敏美ら長くツアーに身を置く選手からは、「プロアマも、トーナメントと同じで試合の1つと考えて、もっと高い意識を持って出て欲しい」と強い同意
2002/11/07

世界で活躍する日本人選手

、藤井かすみ、木村敏美、久保樹乃、藤野オリエ、高橋美保子、米山みどり、肥後かおり、塩谷育代、小野香子、中島千尋、坂東 貴代、天沼知恵子、平瀬真由美、西塚美希世、我妻こずえ、服部道子、大山志保、山口裕子
2003/11/29LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ

年間10勝に王手!! 不動裕理が7アンダーで首位に!

伸ばし3アンダー、不動とは4打差に開いてしまったが逆転優勝を狙える位置にとどまった。 4位は福嶋晃子、米山みどり、木村敏美の3人。米山は3打、木村は2打とそれぞれスコアを伸ばしてきたが首位とは7打差
2004/08/22新キャタピラー三菱レディース

念願のショベルカーをゲット!木村が今季初勝利

首位スタートの木村敏美は、前半で1つスコアを伸ばすと、後半10、12番でさらにバーディを積み重ね2桁の大台に乗せた。このまま難なく逃げ切るのかに思われたが、直後の13番で痛恨のダブルボギーを叩き一歩
2011/10/15富士通レディース

服部真夕が単独首位で最終日へ! 藤田が急浮上

急浮上した藤田幸希、木村敏美、向山唯、大会連覇を狙うアン・ソンジュ(韓国)。通算4アンダーの6位タイに、青山加織、井芹美保子、首位タイから陥落した上原彩子が続く。古閑美保は通算1アンダーの17位タイ
2006/12/22

2006年度国内女子レビュー 色とりどりの花が華麗に咲き誇った国内女子ツアー

も幾度となく上位争いに顔を出した。その裏では、7年間シード権をキープしていた38歳の木村敏美、同じく14年間キープし続けた45歳の城戸富貴といった実力派のベテランがシード権を喪失。新女王の誕生、不動の女王陥落、世代交代と、来季以降の楽しみにさまざまに伏線を持たせてくれるシーズンとなった。
2002/03/08ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント

新人の古閑美保が藤井かすみと並び3位スタート

木村敏美と我妻こずえの2人。我妻は1イーグル、3バーディでボギーを1つも叩かなかった。「今日、ショットは上手いぐあいに風と喧嘩しながらピンの方向に行ってくれました。距離もあっていましたし、大きなトラブル
2019/09/13GDOEYE

同学年3人で今季5勝 若手キャディが奮闘中!

(24歳)だ。国内ツアー10勝を誇る木村敏美の長男で、06年には小学6年で母のキャディとしてツアーデビュー。その報酬は6万円のカブトムシだったという。 その木村さんも、今年5月の「中京テレビ・ブリヂストン…
2011/09/17マンシングウェアレディース東海クラシック

2011年ドラコンクイーンは本命の福嶋晃子

・ユンジェ 265.1ヤード 9位 イエ・リーイン 254.0ヤード 10位 福田裕子 239.6ヤード 11位 久保啓子 236.4ヤード 12位 木村敏美 230.1ヤード ヤン・タオリー 記録なし