2018/09/24ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

小祝さくらが1位に浮上/女子第2回リランキング

(6) 6位/酒井美紀(3) 7位/新垣比菜(2) 8位/松田鈴英(8) 9位/濱田茉優(12) 10位/権藤可恋(5) 11位/大出瑞月(25) 12位/木村彩子(26) 13位/大里桃子(24
2018/10/13富士通レディース

逆転で「TOTO」出場権を 権藤可恋が自己最高の2位発進

、永峰咲希、堀琴音、安田彩乃、木村彩子にお祝いをしてもらったという。「途中でケーキが出てきました」と粋なサプライズに笑みがこぼれた。 賞金ランキングは36位(約2500万円)につけ、初シードをほぼ手中
2018/09/21ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

小祝さくらが今季4度目の首位発進 香妻琴乃は47位

、酒井美紀、大江香織、佐伯三貴と並び、今季4度目の首位発進を決めた。 3アンダーの6位に野澤真央とキム・ハヌル(韓国)。2アンダーの8位にアン・ソンジュ(韓国)、エイミー・コガ、木村彩子、石川明日香ら
2018/09/07日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

申ジエが2週連続Vへ単独首位 小祝さくらは5差2位

。 通算5アンダー6位に岩橋里衣、木村彩子、菊地絵理香、ジョン・ジェウン(韓国)、石川明日香の5人。6番(パー3)でホールインワンを決めた有村智恵はアン・ソンジュ(韓国)、大出瑞月とともに通算4アンダー
2018/07/22センチュリー21レディス

20歳のギルマン 史上2人目のアマチュア初出場優勝

。初出場のアマチュアが優勝するのは、12年「サントリーレディス」のキム・ヒョージュ(韓国)以来、ツアー史上2人目の快挙になった。 通算13アンダーの2位に小祝さくらと木村彩子。首位スタートの小祝は
2018/07/21センチュリー21レディス

小祝さくらが首位で最終日へ 1打差2位に初出場アマ

アンダーの5位タイに木村彩子と全美貞(韓国)、通算8アンダーの7位に新垣比菜が続いた。 5月以来の出場となるアン・シネ(韓国)は通算イーブンパー46位タイで予選通過した。
2018/07/13サマンサタバサレディース

勝みなみが2週連続の首位発進 4打差内に44選手の混戦

続く首位発進を切った。 1打差の5アンダー6位に木村彩子、2打差の4アンダー7位に小祝さくら、辻梨恵、酒井美紀、東浩子、ペ・ヒギョン(韓国)が並んだ。 川岸史果、葭葉ルミ、渡邉彩香、原英莉花ら15選手
2018/06/02ヨネックスレディス

復帰4戦目でV争い 大山志保は「気持ちだけは負けない」

、「気持ちだけは負けない」という自負がある。「気持ちで技術面をカバーする。気持ちで戦う。それしか、私にはないですから」。20歳の石川明日香、22歳の木村彩子とプレーする最終日最終組。41歳の真骨頂を、若手のライバルたちに見せつける。(新潟県長岡市/塚田達也)
2018/06/03ヨネックスレディス

大山志保が涙の2年ぶり18勝目 勝みなみは2戦連続2位

でガッツポーズを繰り返し、喜びの涙を流した。 イーブンパーの23位タイから出た勝みなみが7バーディ、1ボギーの「66」をマークして通算6アンダー。上田桃子、大出瑞月、木村彩子と並び、プレーオフで敗れた
2018/06/02ヨネックスレディス

41歳・大山志保が単独首位に 上田桃子は8位に後退

した。 1打差の2位にいずれもツアー未勝利の石川明日香と木村彩子。さらに1打差の通算4アンダー4位に前週の「リゾートトラストレディス」で初優勝を飾った岡山絵里のほか、木戸愛、安田彩乃、酒井美紀がつけた
2018/04/07スタジオアリス女子オープン

女王・鈴木愛が3打リードで最終日へ 2位に葭葉ルミ

)、2017年の「日本女子アマ」を制した17歳の安田祐香(兵庫・滝川第二高3年)の6人。通算イーブンパーの9位に、キム・ハヌル(韓国)と木村彩子が続く。 2週連続優勝がかるアン・ソンジュ、イ・ボミ(いずれも韓国)、前年覇者のテレサ・ルー(台湾)は通算1オーバーの11位で決勝ラウンドに進んだ。
2017/10/15うどん県レディース

ルーキー吉本ひかるがプロ初V 勝みなみ6位/ステップ最終日

アンダーとし、逃げ切ってプロ初勝利を挙げた。今年7月にプロテスト合格を果たした滋賀県出身の18歳。 首位と3打差、通算5アンダー2位に豊永志帆、通算3アンダー3位に木村彩子、新垣比菜の2人。通算2アンダー5
2017/04/09Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament

20歳の山内日菜子が初優勝/ステップアップツアー 最終日

山内日菜子が通算4アンダーで初優勝した。2打差の3位から3バーディ、1ボギー「70」(パー72)で回って逆転した。 1打差の2位に27歳の大和笑莉奈が続いた。篠原まりあ、木村彩子が通算2アンダー3位に並んだ。首位から出た曽田千春は「76」と落として5位で終えた。
2017/08/24山陰合同銀行Duoカードレディース

西畑萌香が首位キープ 勝みなみは3差5位で最終日へ/ステップ2日目

アンダー単独首位で最終日を迎える。 西畑は今年7月のプロテストを4位で合格した19歳。プロデビュー戦で早くも初タイトルのチャンスをつかんだ。 通算4アンダーの2位タイに柴綾夏、沖せいら、土肥功留美の3人。3アンダーの5位タイに木村彩子、保坂真由、同じく今年のプロテスト合格組の勝みなみの3人が続いた。