2012/04/01ヤマハレディースオープン葛城

服部真夕は3打差を守りきれず2位タイ

国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」の初日に3アンダーをマークして単独首位に立った服部真夕は、2日目が中止になったため、最終日の決勝ラウンドを3打差のリードを持ってスタートした
2010/09/18GDOEYE

4位タイの服部真夕、3つの発奮材料

やはり地元出身のプレーヤーが活躍すると、ギャラリーの声援のトーンが違うように感じる。愛知県で開催の「マンシングウェアレディース東海クラシック」2日目。地元出身の服部真夕が4ストローク伸ばし、首位に3…
2010/04/24フジサンケイレディスクラシック

ボベと真夕、デッドヒートで首位を分け合う!

「フジサンケイレディスクラシック」2日目の最終組、単独首位の宋ボベを1打差で服部真夕が追いかける。さらに1打差で先週優勝した朴仁妃がつけていたが、その朴は1番でダブルボギー。早々に上位争いから脱落…
2011/10/07SANKYOレディースオープン

野村が単独首位!有村、横峯はスロースタート

、後半は4つのバーディを奪って猛攻に出ると一気に首位に駆け上がった。 3アンダーの2位タイには、辛炫周、大山志保の2選手、2アンダーの4位タイには宅島美香、井芹美保子、服部真夕、李知姫、O
2008/10/07

上田桃子は11位で変動なし/女子世界ランキング

ランクアップ 80/茂木宏美/3ランクダウン 81 上原彩子/3ランクアップ 87/馬場ゆかり/変動なし 88/米山みどり/1ランクアップ 93/山口裕子/2ランクダウン 98/藤田幸希/1ランクダウン 99/服部真夕/3ランクダウン
2008/10/17GDOEYE

服部真夕を成長へと導く、多くの刺激

先週の「SANKYOレディースオープン」でツアー初勝利を飾った若林舞衣子。優勝を決めた日曜日の夜には、同期の服部真夕、一ノ瀬優希のほか、若林の家族やキャディらを招いて祝賀会を開いたという。服部も…
2012/07/22GDOEYE

辞退者が続出・・・今年の「全英」争いに何が?

国内女子リコーカップ優勝者)を持つ選手、及び出場を辞退した選手がいる場合、順次下位へと繰り下がる。現時点で辞退を表明しているのは、同2位の服部真夕、同5位の佐伯三貴、同6位の有村智恵、同8位の横峯さくら、同…
2008/12/02

賞金女王の古閑美保、世界34位にジャンプアップ

晃子/変動なし 49位/三塚優子/変動なし 53位/諸見里しのぶ/変動なし 56位/佐伯三貴/2ランクダウン 60位/服部真夕/変動なし 65位/原江里菜/1ランクアップ 75位/飯島茜/変動なし
2009/12/02

宮里9位、横峯は15位/女子世界ランキング

試合/1.93点/変動なし 60位/馬場ゆかり/68試合/1.88点/2ランクアップ 63位/服部真夕/67試合/1.84点/6ランクアップ 65位/佐伯三貴/62試合/1.78点/1ランクアップ 69
2011/10/16富士通レディース

藤田幸希が逆転、今季初勝利を手に!

、藤本麻子、井芹美保子、タミー・ダーディン(オーストラリア)が続いた。単独首位からスタートした服部真夕は4つ落とし、通算2アンダーの13位タイ。また、古閑美保は通算2オーバーの31位タイ、横峯さくらは…
2011/05/06ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ

上田桃子、アン・ソンジュが首位タイに浮上!有村は4打差

「68」で回り通算6アンダーとして、昨年度の賞金女王アン・ソンジュ(韓国)と並んでトップタイに浮上した。 1打差の3位は台湾のテレサ・ルー。さらに1打差の通算4アンダーの4位には服部真夕が続いた。初日首位…