2018/04/05スタジオアリス女子オープン

「九州小学生ゴルフ大会?」三浦桃香は勝、新垣と初日同組

すすりながらも、笑顔を見せた。 初日は同学年でもある勝みなみ、新垣比菜ら“黄金世代”のメンバーと同組となった。「“九州小学生ゴルフ大会”みたいな気分でゴルフができます。昔から知っていますし、おしゃべりし
2018/04/04スタジオアリス女子オープン

鈴木愛が国内ツアーに復帰 三浦桃香、勝みなみら同組

ぶりのツアー優勝を目指す。 アン・ソンジュ(韓国)は前週の「ヤマハレディースオープン葛城」に続き、2週連続の今季3勝目を狙う。イ・ボミ(韓国)は2週ぶりの出場。ツアールーキーの勝みなみ、新垣比菜、三浦
2018/03/29ヤマハレディース葛城

「びっくりした」永井花奈が初ホールインワンで単独首位

良かった。このスコアの取り方は珍しい」とほほ笑んだ。 2016年のプロテストでトップ合格を果たし、昨季「三菱電機レディス」でツアー初優勝を挙げたが、ツアー本格参戦は2年目。勝みなみや新垣比菜、三浦桃香
2018/03/29ヤマハレディース葛城

お化粧だって大切な仕事?ルーキーたちの「春の新生活」

、試合で多くの観客に見られたりすることも仕事の一環になる。 19歳の新垣比菜はアマチュアのときから数多くのプロツアーに出場してきたが、「今年から朝に化粧をきちんとする時間ができて。少しルーティンが
2018/03/25アクサレディス in MIYAZAKI

三浦桃香 終盤の失速で初優勝ならずも「自分をほめたい」

、成長は実感した」。 アマチュア時代の実績は同じ黄金世代の勝みなみ、新垣比菜らに劣り、昨年のプロテストは不合格。「わたしはいままでプロの試合に出場する機会も少なかった。ジュニアの大会でも優勝争いをした
2018/03/24アクサレディス in MIYAZAKI

点滴からの優勝争い 比嘉真美子は2打差追う

」という好物を堪能し、「ラウンドで変わる部分はなかったけど、やっぱり食べられるって幸せ」とにっこり笑った。 19歳の三浦桃香がリーダーボードを引っ張り、新垣比菜や原英莉花、小倉ひまわりといったルーキーたち
2018/03/24アクサレディス in MIYAZAKI

三浦桃香が単独首位で最終日へ 日本人プロ最少試合Vに前進

最少試合記録となる。 通算9アンダーの2位にペ・ヒギョン(韓国)。通算8アンダーの3位に葭葉ルミ、比嘉真美子、森田遥の3人が並んだ。 通算7アンダーの6位に原英莉花、佐伯三貴、新垣比菜、小倉ひまわりの4
2018/03/17Tポイントレディス

ネイルにヒトカラ 19歳・三浦桃香の気分転換

かパーオン率は全体2位の83%を記録するなど、ショットも安定した。 勝みなみ、新垣比菜らと同じ“黄金世代”。「みんな昔から成績を出している。私も少しでも後を追えるように頑張りたい。きょうみたいに
2018/03/11ヨコハマタイヤPRGRレディス

豪州から来た19歳ルーキー カリス・デイビッドソンって?

で「唯一、風だけがね」と苦笑い。初日には最大瞬間風速21.1m/sを記録したこともあり、「こんなにオーストラリアでは吹かないわよ…」。 1998年生まれで、日本では畑岡奈紗、勝みなみ、新垣比菜といった
2018/03/11ヨコハマタイヤPRGRレディス

「100点に近い内容」松田鈴英は5キロ増量で体力強化

つながっている。 昨年は14試合で10度の予選落ちと苦戦を強いられた。それでも勝みなみ、新垣比菜ら黄金世代の中、プロテストをトップ通過して得たツアー出場権は無駄ではなかった。「前半戦にシード権をとりたいので
2018/03/01ダイキンオーキッドレディス

川岸史果と森田遥が首位発進 諸見里しのぶが2打差5位

のアン・ソンジュ(韓国)、畑岡奈紗、上田桃子、佐伯三貴、森田理香子ら10人が並んだ。 プロとして初めてのフルシーズンに臨む勝みなみと新垣比菜は、ともに1アンダー「71」で17位発進。イ・ボミ(韓国)はイーブンパーの26位、横…
2018/02/27ダイキンオーキッドレディス

鈴木愛、イ・ボミ、畑岡奈紗が予選同組/国内女子開幕戦

三ヶ島かなは欠場した。 <注目組> 初日スタート時間/組み合わせ 10時36分/笠りつ子、諸見里しのぶ、キム・ハヌル 10時45分/新垣比菜、川岸史果、原江里菜 10時54分/勝みなみ、上田桃子、アン・ソンジュ 11時3分/…
2018/02/27ダイキンオーキッドレディス

デサントが新垣ら5人とウェア契約 三浦は異例の2ブランド

デサントは26日、新垣比菜(19)、小祝さくら(19)、田村亜矢(20)、植竹希望(19)、三浦桃香(19)との新規ウェア契約を発表した。鈴木愛、イ・ボミ、キム・ハヌル(ともに韓国)ら賞金ランク上位
2017/12/09

黄金世代と歩み出した22歳 金澤志奈の回り道

◇国内女子◇LPGA新人戦 加賀電子カップ◇グレートアイランド倶楽部(千葉)◇6526yd(パー72) 回り道もきっと無駄ではない。勝みなみや新垣比菜ら今年3月に高校を卒業してプロテストに合格した
2017/12/08

体力アップの秘訣は水泳 トップ合格の松田鈴英が2位

確認できるハーフターン地点で「トイレに行きたくなっちゃって!」とチェックしなかった。首位にいた新垣比菜が後退していたこともあり、「同伴の選手に少し聞いていたけど、差が詰まっていたら見とけば良かった~」と