2015/12/02女子プロレスキュー!

“実戦で役立つロブ&スピン” 兼岩美奈

を開いて構え、ボール位置は真ん中よりやや左足寄りに。後はコンタクトさえできればボールは高く上がります。 大切なのはちゃんとボールにクラブをヒットさせること。そのためには一定のリズムでスイングすることを…
2013/05/06中井学のフラれるゴルフ

Lesson.11 アプローチ 基本の考え方

まずは転がせるかどうかを判断する 状況はグリーン手前の花道。ピンまで23ヤード、エッジまで10ヤードという状況で、見た目はアプローチがしやすく見えます。しかし、グリーン手前の花道は左足上がりになって…
2015/06/17女子プロレスキュー!

“意外とやさしい!凄ワザ・アプローチ” 坂下莉彗子

て芝が濡れているとき。左足体重で右足寄りにボールを置き、ボールを左側からずっと見続けるのです。こうすることでボールにヒットできる確立が上がり、また、ボールを真上から潰すように打つことができるため
2015/05/20女子プロレスキュー!

“上げる? 転がす? ピッチ&ラン” 坂下莉彗子

からピンが近い時などに多用しますが、このショットも実は変えるのはアドレスだけ。ボールは転がしのときと逆で、左足寄りにセット。フェースはやや開き気味でアドレスしてください。あとはスイングを通常通り行えれ…
2010/04/22中井学のゴルフマネジメント

第3話 バランスで考えるショットメーキング

ことです。フルショットでミスショット。そんな場合は、あなたのテクニック不足よりも先に、まず、あなたのバランス・危機管理能力不足を疑ってみてくださいね。 左足上がりでもフルショットは禁物 今度は、左足
2013/05/30トップアマのコース攻略

Vol.05 飯能グリーンカントリークラブ ルートを見つけやすいレイアウトで大胆なティショットが楽しめるコース

スタイミーになってしまうので、確実にフェアウェイをキープしたいところです。 セカンド地点からも上り傾斜ですから、1番手か2番手大きいクラブを持つのがセオリーでし。左足上がりのライは地面とケンカせずに傾斜なり…
2013/05/20中井学のフラれるゴルフ

Lesson.13 アプローチ 打ち方の基本

基準はPWに設定します。 スタンス幅は狭く設定 ボール位置はスタンス幅の真ん中よりもやや左側に置きます。このときのスタンス幅ですが、広いとバックスイングが大きく上がりやすくなるため、あえて狭くしておき…
2013/09/19トップアマのコース攻略

Vol.15 フォレスト鳴沢ゴルフ&カントリークラブ 落とし場所が限られている戦略性の高いコースで最大の特長は空間のハザード。攻略ルートを見抜く力が必要なコース

考えると、右手前のエリアが狙い目。ショートしてもOKと考えがちですが、この位置からのアプローチは非常に難しくなってしまいます。理由はライにあります。エプロンはつま先上がり左足上がりのため、ロフトが左を…
2014/09/24サイエンスフィット

プロのアプローチを体感!

が大きく寝て、インサイドに上がり、なおかつボールをすくい上げようとするので、アッパーブローになるのです。 アドレスの典型的な問題点 プロのアプローチではスイングプレーンがものすごく立ち、すくい上げるで…
2015/03/18女子プロレスキュー!

打ち下ろし・打ち上げでの狙い打ち! 小橋絵利子

ポイント、まずはアドレスです。いつもより「目線」はやや高く、ボールは1個分左足寄りに置きましょう。「肩」のラインではなく「目線」を高くすることで、強引に「高く上げる」構えではなく自然と「高く上がる」構えに…
2011/05/18サイエンスフィット

一体どうして??スイングはキレイなのに飛ばないの!?

です。 椅子に座ってリストワークの練習 球を掴まえる感覚はリストワークがベースになります。リストを返して、ボールが掴まる感覚を得た後、ボディーターンに連動させれば、ヘッドスピードはもっと上がりますし…
2012/04/18サイエンスフィット

すべてのアプローチを上から叩け!

はボールを左足寄りに置いて、アッパー軌道で打てるのに、アイアンやショートゲームが苦手という人がいます。宮田さんも中野さんも、ドライバーショットの軌道計測では、ともにアッパーブローですが、アイアンも同じ…
2014/07/02女子プロレスキュー!

“ハイドローでドラコンを狙え!” 竹村真琴

を意識した構えになります。アッパー軌道でボールをとらえるために、ボール位置は左足のツマ先前に、併せて、ティアップも高めにセットします。 スタンスはややクローズに また、ドローボールを打つための…
2015/01/21サイエンスフィット

テークバック初動の意識で手元の浮きを解消

。いわば、軸が左に流れやすい左足下がりのライから打っているようなスイングなのです。 ほんのちょっとの意識ですべてが直ります! さまざまな角度から、あれこれと問題点を指摘しましたが、レッスンは思いの外…
2010/09/30スピード上達!

フェアウェイウッドは短く持ってミス軽減

、ミート率を上げることが大切。ちょっとしたコツを覚えれば、ミート率がグンと上がりますよ。 7番アイアンのように短く持ちましょう クラブが長いと、どうしても打ち急いだりして、ミスを誘いがちです。それなら…
2014/03/07トップアマのコース攻略

Vol.32 富岡ゴルフ倶楽部

ショットの難易度が上がります。ですからピンをデッドに狙っていくと思わぬ落とし穴にひっかかるかもしれません。基本的には手前から攻めていけば大きなケガはしないはず。キャリーの距離だけでなく、ランを計算した…
2014/01/22河本&藤森のGOLF開眼物語

第3話 前傾角度キープで球まっすぐ!

、自然とフェースがストレートに降りてきます」と、ライ角通りにインパクトをする大切さを説く。「たとえば、ツマ先上がりのライでは、傾斜が強くなればなるほどボールがフックしやすく、ティショットではスライスが…
2013/11/21トップアマのコース攻略

Vol.25 隨縁カントリークラブ センチュリー富士コース

うまく運ばれば、2打目は150ヤードから120ヤード。それほど距離は残りませんが、打ち上げのため距離のジャッジを正確に。 また、左足上がりのライになるのでロフトもいつもより寝てしまいます。グリーン左手前