2012/11/03富士フイルムシニアチャンピオンシップ

尾崎直道が2012年の賞金王を戴冠

果たした尾崎直道が、賞金王タイトルを獲得した。 1年間ツアーに参戦し、「成績以上に、ゴルフを見つめ直す機会になった」と振り返る。レギュラーツアーでは成績は獲りにいくという獰猛さがあった反面、ここシニア
2001/08/02

世界で活躍する日本の選手たち(7月26日-8月5日)

メンバー。 この大会、日本人の参戦はなかった。全英オープン前後のこの3試合は予選会組が賞金稼ぐチャンスだったが、横尾要は出場していない。横尾要の賞金ランキングは118位。 丸山茂樹は23位、尾崎直道
2001/07/14

世界で活躍する日本の選手たち

。横尾要は結果を出せず、73-79で6試合連続予選落ち。丸山の賞金ランキングは49位、横尾は111位、尾崎直道は113位。 ★ Buy.Com ツアー Hershey Open シーズンも中盤14
2014/12/14Hitachi 3Tours Championship

大山志保 憧れの尾崎直道にテンションマックスでMVP獲得

です」。午後のシングルス戦で尾崎直道との同組が決まり、テンションマックスでこの日を迎えた。スタート前の練習でアイアンショットがいつもより1クラブ程度飛んでいることに気づき、試合ではクラブ選択を間違わ
2012/09/08コマツオープン2012

尾崎直道がプレーオフを制し今季2勝目!

◇国内シニア◇コマツオープン2012 最終日◇小松カントリークラブ(石川県)◇6,932ヤード(パー72) 国内シニアツアー第3戦「コマツオープン」の最終日、首位を1打差で追う尾崎直道が、植田浩史と
2019/12/10プレジデンツカップ

21年前のMVP 丸山茂樹が語る「プレジデンツカップ」展望

圧倒する中、世界選抜が唯一の勝ち星を挙げたのがロイヤルメルボルンで開催された1998年大会だ。日本からは丸山と尾崎直道が出場し、丸山はチームのポイントゲッターとして活躍。初出場ながらMVPに選出された
2002/04/12

世界で活躍する日本選手たち

1アップ 深堀圭一郎 141位 9ダウン 横尾要 152位 1ダウン 中嶋常幸 153位 変わらず 佐藤信人 163位 変わらず 尾崎直道 170位 1アップ 鈴木亨 193位 変わらず 宮瀬博文
2003/01/16

世界で活躍する日本選手たち

桑原克則156位↑1 久保谷健一158位↓10 尾崎直道189位↑7 近藤智弘191位↓7 宮瀬博文209位↑3 室田淳224位↓8 鈴木亨232位↓5 深堀圭一郎238位↓1 平塚哲司242位↓2
2003/10/26ブリヂストンオープンゴルフトーナメント

壮絶なプレーオフを制し、尾崎直道がツアー30勝達成!

スタートした尾崎直道だった。出だし1番、2番で連続バーディを取って波に乗ると、後半15番、16番でも連続バーディを奪って、順調にスコアを伸ばしていった。最終18番パー5では、イーグルを逃すも確実に
2019/08/22ファンケルクラシック

マークセンが連覇目指す チャリティオークションも開催

から3日間大会で行われる。昨年大会はプラヤド・マークセン(タイ)がグレゴリー・マイヤーとのプレーオフを制し、頂点に立った。 4年連続の賞金タイトルを目指すマークセンは今季初勝利を目指し、井戸木鴻樹、尾崎
2003/06/21マンダムルシードよみうりオープンゴルフトーナメント

ジャンボが尾崎が10アンダー単独首位!!直道、伊沢が逆転を狙う!

行く成績を残せなかった。今週は2日間調子が良いので、逃げ切り優勝がみられるかもしれない。 そして、首位ジャンボに1打差まで迫ったのは弟の尾崎直道。9番ホールから6連続バーディを奪うなど9つのバーディを
2002/11/22ダンロップフェニックストーナメント

テキストライブ/ダンロップフェニックストーナメント 2日目

14番でバーディを奪い引き離しにかかったが、横尾も7番パー5で伸ばして再び並んだ。横尾はショットが安定しているので、まだまだ伸ばしそう。しかし、1打差の6アンダーには尾崎直道などが追い上げてきている
2018/01/31ゴルフ昔ばなし

ジャンボ尾崎が陥ったスランプ/ゴルフ昔ばなし

の逸話を掘り起こすシリーズ「ゴルフ昔ばなし」。第2回は尾崎将司選手に関する続編です。 スポーツ紙が命名した「ジャンボ尾崎」はプロ転向後、破竹の勢いでスーパースターになります。しかし、30代前半で未曽有
1998/10/01日本オープンゴルフ選手権

雨の初日、尾崎直道らが1アンダー首位!

タフでなる茨城県・大洗GCを舞台にいよいよ日本オープンが始まった。初日はあいにくの雨でコースは想像を絶する難しさ。アンダーでホールアウトできたのは尾崎直道、井戸木鴻樹の2人だけだった。 またイーブン
2001/11/01宇部興産オープンゴルフトーナメント

伊沢は棄権。好スコア続出の中、尾崎直道が8アンダーの首位

国内男子ツアー「宇部興産オープンゴルフトーナメント」は、初日から60台の好スコアが続出した。アンダーパーが68人というハイレベルな戦いとなり、首位は8アンダーをマークした尾崎直道と丸山大輔の2人
2003/01/23

世界で活躍する日本選手たち

久保谷健一162位↓4 桑原克則165位↓9 尾崎直道192位↓3 近藤智弘197位↓6 宮瀬博文211位↓2 室田淳226位↓2 鈴木亨232位―― 平塚哲司240位↑2 深堀圭一郎241位↓3
1999/05/01中日クラウンズ

尾崎直道、スコアを伸ばして2勝目へ疾走

風も弱く快晴。絶好の3日目となった。しかし最終組の木村政信、久保谷健一はスコアを崩して後退。ジョー直道も引きずられた形で伸び悩んだ。最終18番のバーディでようやく気分を取り直した格好だ。 尾崎健夫
2012/10/25第22回日本シニアオープンゴルフ選手権競技

F.ミノザが単独首位!室田、尾崎直、中嶋が追う

トーナメントでの今季初勝利に挑む。 2アンダーの2位タイにはディフェンディングチャンピオンの室田淳ほか、尾崎直道、井戸木鴻樹、中嶋常幸、真板潔、バリー・レーン(イングランド)の6選手、1アンダーの8位タイに
1998/10/01日本オープンゴルフ選手権

雨の初日、尾崎直道らが1アンダー首位!

タフでなる茨城県・大洗GCを舞台にいよいよ日本オープンが始まった。初日はあいにくの雨でコースは想像を絶する難しさ。アンダーでホールアウトできたのは尾崎直道、井戸木鴻樹の2人だけだった。 またイーブン