2021/04/02バレロテキサスオープン

松山英樹とスピースが3打差4位発進 首位ビジェガスを追う

位に終わったスコッティ・シェフラーが4アンダーの7位とし、ツアー初優勝に向け再び好位置につけた。 小平は2バーディ、6ボギーの「76」で回り、4オーバーの110位。マスターズ出場へは今大会での優勝が必須のリッキー・ファウラーと並び、出遅れた。
2021/04/01バレロテキサスオープン

ドミニカからテキサスへ “筋肉痛”小平智の焦りなき旅路

大きく違う。前週の「WGCデルテクノロジーズマッチプレー」に出場した松山英樹は約1時間半のドライブで今大会の会場に入ったのに対し、小平はドミニカ共和国からツアーのチャーター機に乗って5時間かけて…
2021/03/31バレロテキサスオープン

「マスターズ」の前週大会に松山英樹、小平智が出場

ティオフ。前週「コラレスプンタカナリゾート&クラブ選手権」を終えて、ドミニカ共和国から駆け付ける小平もそのひとりだ。 昨年11月のマスターズを制した世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンは大会出場
2021/03/27コラレスプンタカナリゾート&クラブ選手権

小平智は予選落ち ドミニカでプエルトリコ、パラグアイ勢も首位に

グレーム・マクドウェル(北アイルランド)、月曜予選会を突破してきたアンドリュー・ユン、初日首位のシュテファン・イエーガー(ドイツ)が首位から2打差の5アンダー6位で並んだ。 初日112位と出遅れた小平
2021/03/26コラレスプンタカナリゾート&クラブ選手権

ドミニカでイエーガーが首位発進 小平智は出遅れ

のハドソン・スワッフォードは2大会前の王者グレーム・マクドウェル(北アイルランド)、ダニー・ウィレット(イングランド)、ベ・サンムン(韓国)らと同じ2アンダー19位で滑り出した。 小平は3バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「76」で4オーバー112位と出遅れた。
2021/03/25コラレスプンタカナリゾート&クラブ選手権

シーズン2回目のドミニカ大会 WGCの同週開催で小平智が出場

の「ザ・ホンダクラシック」で2位に入ったブランドン・ハギー、3位だったチェイス・セイフェルトらが好調の波に乗って海を渡る。 小平も国をまたいだ連戦に挑む。前週はカットライン上で進んだ決勝ラウンドでの
2021/03/22ザ・ホンダクラシック

マット・ジョーンズが5打差圧倒で7年ぶり2勝目 小平智は36位

などサンデーバックナインで「41」と崩れ、4アンダー13位でフィニッシュした。 55位から出た小平は2バーディ、1ボギーの「69」で回り、3度目の出場となったこの大会8ラウンド目で初のアンダーパーをマーク。通算1オーバー36位と順位を上げて4日間を終えた。
2021/03/20ザ・ホンダクラシック

ワイズが2勝目へ3打差首位 小平智58位で決勝へ 石川遼は予選落ち

。 イーブンパーの43位から出た小平は3バーディ、4ボギーの「71」とスコアを落としたが、カットライン上の1オーバーの58位で予選を通過した。 初日に135位と出遅れた石川遼は3バーディ、3ボギー「70」で8オーバーのまま117位で予選落ちした。
2021/03/19ザ・ホンダクラシック

「61」のジョーンズ首位 小平智43位 石川遼は大きく出遅れ

。 3週ぶりの出場となった小平は3バーディ、3ボギーの「70」で回り、イーブンパー。「アーノルド・パーマー招待」、「ザ・プレーヤーズ選手権」で最終日最終組を回った47歳のリー・ウェストウッド
2021/03/16ザ・ホンダクラシック

フロリダシリーズ最終戦 小平智、石川遼が出場

・スコット(オーストラリア)がエントリーした。 不振続きで現在、4月の「マスターズ」出場権がないリッキー・ファウラーは2017年に優勝した大会できっかけをつかみたい。 日本勢はツアーメンバーの小平
2021/03/13ザ・ホンダクラシック

石川遼が次週米ツアー「ホンダクラシック」に推薦出場

、2人ですでに渡米。1年前、歯が立たなかったコースに“リベンジ”を図りたい。帰国後は2週間の自主隔離に入る。 大会にはツアーメンバーの小平も出場、2月末の「プエルトリコオープン」以来3週ぶりの試合を戦う。
2021/03/04

ゴルフきょうは何の日<3月4日>

2017年 ミホの日? ゴルフ界のビッグカップルが結婚 元賞金女王の古閑美保と小平が結婚。古閑の名前にちなんで「3」と「4」が並んだ“ミホの日”に婚姻届を出した。 3月13日になって古閑の所属…
2021/03/01WGCワークデイ選手権

赤黒コーデに感動と感謝 ウッズが事故後初の“肉声”「つらい時間を乗り越えられる」

アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)らも同調。小平が出場した「プエルトリコオープン」では、コース整備スタッフ全員が同じコーディネートでそろえた。 事故後にウッズが出した2度の声明はいずれも運営する財団とブランド名の「TGR」名義。今回は、初の“肉声”でもあった。
2021/03/01プエルトリコオープン

ブランデン・グレースが逆転で5年ぶり2勝目 小平智は49位

プエルトリコのラファエル・カンポスは「70」と伸ばしきれず、16アンダーでグレイソン・マレーと並ぶ3位。 小平は3バーディ、3ボギーの「72」にとどまり、5アンダー49位と順位を落として終えた。