2019/02/05

三浦桃香がキャロウェイゴルフと用具契約

キャロウェイゴルフ株式会社は5日、女子プロゴルファーの三浦桃香と用具契約を締結したことを発表した。 三浦は「昨年もキャロウェイのクラブを使用していて、優れた性能を実感していましたし、スタッフの方から
2019/03/06ダイキンオーキッドレディス

笠りつ子がクラブ契約フリーに 再起へ気分一新

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 事前(6日)◇琉球GC(沖縄県)◇6514yd(パー72) 昨季に8年間保持してきた賞金シードを喪失したツアー通算5勝の笠りつ子が、クラブ契約フリーで新
2018/05/18関西オープン

初の契約スポンサーはサッポロビール 首位浮上の時松隆光

スポンサー契約を結んだ。3週間前の「中日クラウンズ」から、同社のビール『黒ラベル』をイメージしたブラックのキャディバッグとヘッドカバーを使用している。スポンサー契約は初めてで、「今までなかったので
2019/01/30

藤田さいきがボルビックとボール使用契約を締結

株式会社FDRは30日、2010年「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」覇者の藤田さいきと、同社が展開する「ボルビック(Volvik)」シリーズのボール使用契約を締結したことを発表した。昨年、下川
2019/03/01

尾崎将司が株式会社I.S.Tと2年間の所属契約

独自技術による新素材開発を行う株式会社I.S.T(本社・滋賀県大津市)は1日、国内男子プロゴルフツアー歴代最多94勝を誇る尾崎将司と所属契約を締結したことを発表した。期間は2年間。今季から同社のロゴ
2019/02/16クラブ試打 三者三様

TW747 P アイアン/ヘッドスピード別試打

構えやすさ全員満点! 本間の実力派ポケキャビ 今年に入り世界中のゴルフファンが驚いたギアニュースと言えば、ジャスティン・ローズ(イングランド)と本間ゴルフとの契約だろう。今回はそんな本間ゴルフから
2019/02/12ISPS HANDA オーストラリア女子

横峯さくらは「クラブ契約フリー」の醍醐味に目覚め

、クラブ契約フリーとなった今シーズンは、クラブの違いや特性を知る良い機会ともなっている。 「(契約)フリーの醍醐味は、自分に合うクラブを発見できるところだと思う。(セッティングを)固めるというよりは、コース
2019/02/23クラブ試打 三者三様

TW747 460 ドライバー/ヘッドスピード別試打

ローズも選んだ1W、性能のほどはいかに!? 本間ゴルフ契約のジャスティン・ローズ(イングランド)が使用する「TW747 460 ドライバー」。2種類あるTW747シリーズの中でも、やさしいとされる
2019/02/05ISPS HANDA ヴィックオープン

横峯さくらが15年目のクラブ契約解消 20本以上をテスト中

) プロ転向後の2004年11月から14年間にわたって住友ゴム工業と用具契約を交わしてきた横峯さくらが5日(火)、自身のブログで契約フリーになったことを明かした。今シーズン自身初戦の会場で、決断に至った経緯
2019/01/26ファーマーズインシュランスオープン

本間ゴルフと新契約 世界1位のローズ“経験”で本領発揮

) ジャスティン・ローズ(イングランド)が、2位の松山英樹に3打差をつけて決勝ラウンドに進んだ。9アンダー2位からサウスコースで7バーディ、1ボギーの「66」をマーク。本間ゴルフと新契約を結んだ世界ランク1位が
2019/01/28ファーマーズインシュランスオープン

ローズが本間ゴルフ契約2戦目で優勝 心臓手術の相棒にも捧ぐ

ゴルフと用具使用契約を結んだ。3W、ウェッジ1本、パター以外の11本は同社製をキャディバッグに入れ、2試合目で最高の結果を出した。「本間はこれから4年先、5年先も使いたいと思えるクラブを作ってくれると感じ
2019/01/29マーク金井の試打インプレッション

低スピン&飛び要素満載の2代目「PXG 0811X GEN2 ドライバー」

BLUE」で試打したが、契約しているショップでフィッティングをしてシャフトを選ぶのがPXGの特長的なシステムだ。 「TENSEI CK BLUE」Rシャフトのストライクゾーンは43~47m/sぐらいか。 (※下記の弾道計測データは、ヘッドスピード45.0m/sで計測した数値)
2018/02/28ダイキンオーキッドレディス

森田理香子が「フォーリアブリランテ」とウェア契約

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 事前情報(27日)◇琉球GC(沖縄県)◇6558yd(パー72) 森田理香子が2月1日に「フォーリアブリランテ」とウェア契約を交わし、国内女子ツアー開幕戦
2019/03/24GDOEYE

17歳の米トップジュニア 進学せずプロ転向決意の波紋

「ゴルフチャンネル」が生中継を開始するなど注目度が上昇しており、大舞台で活躍するとプロ転向時にメーカーから破格の契約金が用意されるケースも増えている。また、ゴルフ部から全額負担の奨学金を得られた場合