2021/03/31小林至のゴルフ余聞

ゴルフ競技の時短 あの話はどうなった?

を規則(直径4.25インチ=108㎜)の倍の約20㎝にしたローカル大会が開催され、取材に行った。数年前には、テーラーメイド社が直径38㎝(15インチ)のカップを提唱し、契約プロのセルヒオ・ガルシアらが
2020/01/26小林至のゴルフ余聞

ゴルフのアマチュア規則見直しは時代の要請

受け取るレベルに達したものがプロで、そこまでいかない人がアマという塩梅だろう。実際、サッカーの統括団体であるFIFAは「クラブと契約を結び、日常の出費を上回る給料をサッカー活動により支払われている者
2019/10/08topics

男子プロの飛距離と「身長」「体重」「年齢」の相関を調査

続ける最新ギアへの適応力がハードルとなる。契約先メーカーの最新ギアを使う責任を負い、手に馴染んだクラブを使い続けることが難しいケースが多いためだ。つまり、飛距離が伸びているということは、トレーニングによる
2019/09/10モテゴル研究部

大阪の夜景にも懐石料理にも負けないぐらい、君が…

、ロッカー利用とキャディバッグ預かりの契約をすることができるため、月額1000円の計算で手ぶらゴルフを楽しむことだって可能です。 また、全ホールに照明を完備しており、18ホールは19:40 まで、9ホールは
2019/03/29

小斉平優和が太平洋クラブと所属契約

株式会社太平洋クラブ(本社・東京都港区)は29日、男子プロゴルファーの小斉平優和と所属契約を締結したと発表した。 同社は世界での活躍が期待される小斉平とともに「よりグローバルな展開を図り、業界の活性
2019/02/02

稲森佑貴が海外積極参戦へ 「全米プロ」出場目指す

2018年の「日本オープン」でツアー初優勝を遂げた稲森佑貴は2日、5月に開催されるメジャー第2戦「全米プロ選手権」への出場を目指す考えを示した。契約する住友ゴム工業が神奈川県藤沢市のゴルフ場で開いた