2019/02/26

大里桃子と濱田茉優が伊藤園と所属契約

35位で初のシード権を獲得した。 伊藤園は1985年から34年間、LPGA公認の「伊藤園レディスゴルフトーナメント」を開催。現在は大里と濱田のほか、塩谷育代、前田陽子、高橋恵、田辺ひかりと所属契約を
2018/09/08日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

気は早いですが…申ジエの日本初“4冠”への道

)、リ(2勝) 不動裕理/選(2勝)、オ、リ(2勝) 肥後かおり/選、オ、リ(2勝) テレサ・ルー/選、オ、リ(2勝) 塩谷育代/選、オ、リ 福嶋晃子/ワ、選、リ 諸見里しのぶ/ワ、選、オ
2018/08/06日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

20アンダー超の優勝スコアを想定 今年の女子プロ日本一決定戦

。 全長6605yd(パー72)のコースについて、セッティングを担当する塩谷育代は「おそらくビッグスコアが出ると思う」と予想した。既存のホールをそのまま生かす形でフェアウェイを絞りすぎず、昨年比で平均5
2018/06/10記録

「サントリーレディス」歴代優勝者

11回 2001年 服部道子 第10回 2000年 中野晶 第9回 1999年 肥後かおり 第8回 1998年 M.マクガイヤ 第7回 1997年 塩谷育代 第6回 1996年 元載淑 - 1995年
2018/03/12

不動裕理が女子ツアーのコースセッティング担当に

後に明かした。 昨年までは「日本女子プロゴルフ選手権」を専任する岡本綾子のほか、塩谷育代、中野晶、山崎千佳代が担当。不動と茂木は1月から研修しており、今後は段階を踏みながら下部ステップアップツアーと
2017/12/01記録

「伊藤園レディスゴルフトーナメント」歴代優勝者

10回 1994年 L.デービース 第9回 1993年 岡本綾子 第8回 1992年 中野晶 第7回 1991年 小田美岐 第6回 1990年 塩谷育代 第5回 1989年 ト阿玉 第4回 1988年 小田美岐 第3回 1987年 谷福美 第2回 1986年 黄ゲッキン 第1回 1985年 ト阿玉
2017/11/10GDOEYE

21年連続出場の不動裕理「試合が始まったら忍耐」

ことは間違いない。「私、あまのじゃくだから、そんなに言うと来年出なくなりますよ!」と脅し文句を言われてしまったので、この辺でおしまい。(千葉県長南町/今岡涼太) (※)村井真由美と大城あかねが記録。大会最多出場は塩谷育代の26回
2017/11/01記録

「富士通レディース」歴代優勝者

第12回 1994年 柴田規久子 第11回 1993年 平瀬真由美 第10回 1992年 P.リゾ 第9回 1991年 塩谷育代 第8回 1990年 西田智慧子 第7回 1989年 A.ベンツ 第6回
2015/06/25アース・モンダミンカップ

新米“ママさん”茂木宏美、佐藤靖子が首位争い

「ダイキンオーキッドレディス」 1993年4月「三越カップ」 43試合 10勝 山岡明美 ※2 1975年 - 1994年5月「中京テレビ・ブリヂストンレディス」 - 4勝 塩谷育代 1998年8月
2014/04/11GDOEYE

3年前の“出世大会”覇者が好発進!初賞金を目指す

、不安と自信のなさでずっともがいていた」。 だが、昨年の初めから同じ伊藤園に所属する1992、95年の賞金女王・塩谷育代に師事し、「スイングの考え方や方向性が見えてきた」と徐々に好転。昨年末の