1997/10/31ニチレイインターナショナル

初日、米国が圧勝。7.5対1.5!

勝ったのは福嶋晃子・原田香里の組だけ。また村口史子・塩谷育代組がかろうじて引き分け。 「1番ホールからイケイケでした。ミスもあったけれど、どっちかがカバーしてバーディ。噛み合わせがすごくよかった」と福嶋
1997/11/01ニチレイインターナショナル

日本善戦。しかし差は7ポイントに!

香里は今日も勝った。「二人の組合わせはすごくいいと思います」とか。また村口史子・塩谷育代組も初日に続いて頑張り、今度は勝ち点確保。 「風が強かったので、今日は我慢比べだねとみんなで話してました。明日
1997/11/01ニチレイインターナショナル

日本善戦。しかし差は7ポイントに!

香里は今日も勝った。「二人の組合わせはすごくいいと思います」とか。また村口史子・塩谷育代組も初日に続いて頑張り、今度は勝ち点確保。 「風が強かったので、今日は我慢比べだねとみんなで話してました。明日は1
1997/04/25那須小川レディスプロゴルフトーナメント

戴玉娟首位。前田、塩谷ら3人が僅差で追う

塩谷育代は1番で「難しいフックラインだったけど思うように打てて気が楽に」なり、4つのバーディと2ボギー。「今週は気が充実しているからチャンスはあると思います」
1997/07/12東洋水産レディス北海道

肥後かおり、3打差で独走首位

ゴルフをしていかないとダメですね」 塩谷育代が迫ってきた。アウトは2バーディ、2ボキー。しかしインではそれぞれ1メートル前後に付けての3バーディ。 「インに入ってショットが安定してきました。グリーン
1997/07/13東洋水産レディス北海道

肥後かおり、2年ぶりの独走勝利

してるし」 しかし1番、2番とバーディが取れた。一方、マークしていた塩谷育代がボキー連発。差は縮まらず、開いていく。これで楽になった。結果的には楽勝の6打差。 「同じナイキなのに、タイガーは負けると
1997/11/09東レジャパンクイーンズカップ

ノイマン、今季2度目の勝利

メートルにつけてバーディ。優勝を決めた。 ランク2位の塩谷育代が予選落ちし、福嶋晃子が29位に入って約70万円を獲得したため、賞金女王をきめた。3試合残しての女王決定はツアー始まって以来の最短記録。試合数
1997/11/09東レジャパンクイーンズカップ

ノイマン、今季2度目の勝利

メートルにつけてバーディ。優勝を決めた。 ランク2位の塩谷育代が予選落ちし、福嶋晃子が29位に入って約70万円を獲得したため、賞金女王をきめた。3試合残しての女王決定はツアー始まって以来の最短記録。試合数は
1997/10/24樋口久子・紀文クラシック

不動裕理、抜け出して -5トップ

塩谷育代は5バーディ、1ボギー。「タカラからショットの調子が良くなくて、ずっと試行錯誤。それで自分のスウィングを崩してしまったみたいです。まだ完全にはできないんですが、だんだん前のいい感じに戻って
1997/10/31ニチレイインターナショナル

初日、米国が圧勝。7.5対1.5!

勝ったのは福嶋晃子・原田香里の組だけ。また村口史子・塩谷育代組がかろうじて引き分け。 「1番ホールからイケイケでした。ミスもあったけれど、どっちかがカバーしてバーディ。噛み合わせがすごくよかった」と福嶋
1997/09/06フジサンケイレディスクラシック

塩谷が追い上げ、高村と並ぶ

しました」という高村。「いつも優勝とか上位に来るときって、だいたい調子が悪いとか何か問題があることが多いんです。無理せず安全にプレーするのがいいのかも知れませんけど」 塩谷育代が上がってきた。上がって
1997/06/26日本女子オープンゴルフ選手権競技

上田友子、パープレーで首位に立つ

苦しみ抜いた。 「やっぱり女子オープンは気分的にも違いますね」という塩谷育代。ボギーとバーディが交代でやってくるラウンドだったが、なんとか1オーバーにまとめた。「先週のコースもラフが深かったから、練習になりました。もしいきなりこのラフと落とし所の狭さに会ったら大変でした。自分が試されるようなコースです」
1997/10/25樋口久子・紀文クラシック

不動は後退、具玉姫が抜け出す

ない気持ちが自分の中にあって・・気分転換でもしたほうがいいのかな」 別に特に原因はないのだという。最終日はやはり調子の出ないアニカ・ソレンスタムと同じ組で、最終組の一つ前をプレーする。 塩谷育代はやはり本調子ではなかったのか。40-39の79と崩れて大きく後退した。
1997/04/26那須小川レディスプロゴルフトーナメント

久保樹乃、初日10位から一気にトップ

前日の首位グループが全員コケた。戴玉娟は79、前田すず子は76、塩谷育代までが79といっせいに転落。代わって2日目のトップに躍り出たのは若い久保樹乃。「昨年は最終日に崩れることが多かったけど、今年は
1997/08/01ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント

西田智恵子、6アンダーで初日首位。2位に福嶋、塩谷

福嶋晃子の名前を久しぶりに見る。堂々の復帰。いきなり33-34と5アンダープレーでしっかり2位につけた。塩谷育代もインに入ってバーディを放り込み、35-32の67。やはり2位。 トップはこれも実力派の西田智恵子。そうそうたるメンツが初日から顔をそろえた。これからひと波乱、起きるだろうな。
1997/04/25那須小川レディスプロゴルフトーナメント

戴玉娟首位。前田、塩谷ら3人が僅差で追う

塩谷育代は1番で「難しいフックラインだったけど思うように打てて気が楽に」なり、4つのバーディと2ボギー。「今週は気が充実しているからチャンスはあると思います」
1997/05/24中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

黄璧洵が3打差首位。高村が追い上げる

踏みとどまっている。「苦労した。難しかった」というが、それでも73に抑えるあたりがベテランの味。下から高村亜紀が追い上げているし、塩谷育代もスコアを1つ伸ばしての3位タイ。75と崩れた浜田光子も
1997/03/23再春館レディース

山崎千佳代、塩谷を抑えての優勝

「途中まではいけるかなと考えていた」塩谷育代。最終18番のバーディトライは「途中までは入った!と思った」 しかし山崎千佳代は「あのパットは見ませんでした。自分のこの40センチのパットを入れるんだ
1997/06/26日本女子オープンゴルフ選手権競技

上田友子、パープレーで首位に立つ

苦しみ抜いた。 「やっぱり女子オープンは気分的にも違いますね」という塩谷育代。ボギーとバーディが交代でやってくるラウンドだったが、なんとか1オーバーにまとめた。「先週のコースもラフが深かったから、練習になりました。もしいきなりこのラフと落とし所の狭さに会ったら大変でした。自分が試されるようなコースです」
1997/03/09ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント

高又順、プレーオフで開幕戦勝利

開眼したはずの塩谷育代は、打って変わっての不調。前日の好位置からスコアを縮めてきた高又順、具玉姫がトップにならんでのプレーオフ。開幕第1戦は高又順の上に輝いた。 「16番17番のバーディでプレーオフに