2021/09/08コマツオープン

北陸でタイ旋風再び? 川岸良兼が地元で初V狙う

◇国内シニア◇コマツオープン2021 事前情報◇小松CC(石川)◇6929yd(パー72) 今季ツアー第9戦は9日(木)から3日間の日程で、プロ72人が賞金総額6000万円をかけて争う。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、2年ぶりの開催となる。 前回2019年大会はタイ勢によるプレーオフとなり、タワン・ウィラチャンが前年まで3年連続賞金王のプラヤド・マークセンを下して優勝、初の賞金王奪取の足がかりとした。 6月に今季1勝を挙げたウィラチャンは、溝口英二、奥田靖己と、マークセンは前戦でツアー初優勝を飾った森田徹、尾崎直道とそれぞれ同組で初日をプレーする。 小松市出身の川岸良兼はシ...
2021/08/26マルハンカップ 太平洋クラブシニア

プロ野球大物OBらも参戦 太平洋クラブ50周年記念大会

(5000万円)、優勝賞金1000万円をかけて開催される。 前年大会は篠崎紀夫が通算9アンダーで塚田好宣と並んでホールアウトし、続くプレーオフを制した。 今年は有観客でフィールドには倉本昌弘、中嶋常幸
2021/07/22全英シニアオープン

「全英シニア」に中山正芳と塚田好宣が参戦

の「全米シニアオープン」を制したジム・フューリックや、アーニー・エルス(南アフリカ)、ミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)らがフィールドに名を連ねている。 日本からは2020年の国内シニアツアー賞金ランキング上位の資格で、中山正芳と塚田好宣が参戦を果たす。2002年の須貝昇に続く大会制覇に期待しよう。
2020/12/16GDOEYE

「のじぎくオープン」で感じたアンダーハンディ競技の魅力

」。 同じくシニアプロの塚田好宣も「そんなところから、そんなクラブで寄せるの?っていうアプローチが見られたりして面白かった。こういう競技はどんどんやったらいいと思う」と好意的だ。塚田が最終日に一緒に回った
2020/12/11

シニア賞金王・寺西明が「のじぎくオープン」初制覇

寺西明が優勝した。 初日を8アンダー単独首位で終えた地元・兵庫県出身の寺西は、2日目を3バーディ、1ボギーの2アンダー「70」でプレー。3アンダー「69」で追い上げた塚田好宣に2打差をつけて逃げ切った…
2020/10/07日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

シニアプロ日本一決定戦 谷口徹、藤田寛之、川岸良兼が予選同組に

鈴木亨と同組になった。今年9月にデビュー、ツアー3戦目の藤田寛之は谷口徹、川岸良兼と36ホールをともにする。PGA会長の倉本昌弘も元気に出場。深堀圭一郎、塚田好宣、佐藤信人は初勝利を追う。
2020/09/20日本シニアオープンゴルフ選手権競技

寺西明が完全優勝で「日本シニアオープン」初制覇

、通算1オーバーの3位に川岸良兼、通算2オーバーの4位に篠崎紀夫、秋葉真一、塚田好宣、手嶋多一の4選手が続いた。 大会初出場の藤田寛之は、通算6オーバーの13位。前年優勝の谷口徹は通算8オーバーの15位で4日間の戦いを終えた。
2020/09/15日本シニアオープンゴルフ選手権競技

谷口徹がシニアオープン連覇に挑む 舞台は100周年の鳴尾GC

・ウィラチャン(タイ)を1打差で振り切って、青木功、中嶋常幸に続く「日本オープン」「日本シニアオープン」のダブルタイトル獲得者となった。 今年は大会連覇を狙う谷口徹を筆頭に、藤田寛之、篠崎紀夫、塚田好宣
2020/08/31ギアニュース

ピン「G425」ドライバー発表 ツアー投入したプロの評価は?

ピンの最新モデル「G425」シリーズのオンライン発表会が31日に行われ、契約プロの鈴木愛、比嘉真美子、塚田好宣が登場。前週のツアーからドライバーを実戦投入した新クラブの印象を語り、性能をアピールした…