2021/09/17山陽新聞レディースカップ

「山陽新聞レディース」は台風で第1ラウンド順延 36ホールに短縮

36ホールに短縮される。 2週前の「カストロールレディース」からの2戦連続優勝を狙う岩井千怜、賞金ランキングトップのリ・ハナ(韓国)、2位の小野祐夢のほか、香妻琴乃、吉田弓美子らが出場する。 18日午前8時から予選ラウンドを行い、60位タイまでが19日の決勝ラウンドに進む。
2021/08/25山陰ご縁むす美レディース

坂下莉翔子が単独首位発進 服部真夕は19位/ステップアップツアー

レディース ABC杯」に続く下部ツアー2戦連続優勝を目指す服部真夕は4バーディ、3ボギーの「71」で回り、1アンダー19位。 レギュラーツアー5勝の表純子はイーブンパー32位、同1勝の香妻琴乃は1オーバー44位、同7勝の吉田弓美子は3オーバー75位で初日を終えた。
2021/06/07全米女子オープン

「全米女子オープン」日本人選手の成績

橋本千里(アマ)(予選落ち)渡邉彩香、有村智恵、上原彩子、吉田弓美子、宮里藍、穴井詩、城間絵梨、宮里美香 2013 11T 宮里藍、31T 宮里美香、36T 上原彩子(予選落ち)上田桃子、有村智恵…
2021/04/25フジサンケイレディス

「4月28日生まれ」の4連覇なるか 申ジエが2打差3位

優勝者に不思議な共通項がある。17年大会の吉田弓美子、18年の永峰咲希、19年の申ジエ(韓国)はいずれも、4月28日生まれなのだ。 連覇のかかる申はこの日、5バーディ、1ダブルボギーの「68」でプレーし
2021/04/23フジサンケイレディス

“高麗芝専用パター”が大活躍 永峰咲希「すごく不思議」

合うし、出球も真っすぐ出てくれる。グリーンの目とか気にしないでいい」と27パットにまとめた。 2週連続で予選落ちを喫しても、真っ赤なパターで好スタート。17年大会から吉田弓美子、永峰、申ジエ(韓国)と
2020/08/18rashink×RE SYU RYU/RKBレディース

国内女子下部ツアー開幕 アマチュア島袋ひのが首位発進 後藤未有は2打差4位

と小川陽子が続いた。前週のレギュラーツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」2日目に首位に立つ活躍を見せた後藤未有が、藤本麻子、吉田弓美子らと並ぶ4アンダー4位につけた。 昨年大会覇者の吉川桃は1バーディ、1ボギーの「72」で回り、イーブンパーの52位タイで最終日を迎える。
2020/06/25アース・モンダミンカップ

【速報】女子ゴルフが開幕 安田祐香はボギー先行

吉田優利、香妻琴乃 8:10/青木瀬令奈、木戸愛、吉田弓美子 8:20/成田美寿々、安田彩乃、倉田珠里亜 8:30/畑岡奈紗、竹内美雪、井上りこ 8:40/渋野日向子、西村優菜、横峯さくら : 12…
2019/09/29ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン

大西葵が好調で急浮上 第2回リランキングが終了

(9) 18/原江里菜(16) 19/フォン・シャンシャン(-) 20/蛭田みな美(20) 21/吉田弓美子(11) 22/藤田さいき(19) 23/臼井麗香(42) 24/小野祐夢(41) 25/小橋
2019/09/15日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

覚醒したフォン・シャンシャン メジャー新記録「63」

」 (これまでの記録) 浜田光子 「64」―8 1986年 日本女子プロ選手権 FR 中道かおり 「64」―8 2005年 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 FR 吉田弓美子 「64」―8 2012年
2019/08/31ニトリレディス

渋野日向子 国内27ラウンド連続オーバーパーなし

28ラウンド/アン・ソンジュ/2013年 27ラウンド/渋野日向子/2019年 24ラウンド/吉田弓美子/2014年 23ラウンド/申ジエ/2009年 23ラウンド/穴井詩/2014年 23ラウンド/フォン・シャンシャン/2013年
2019/07/21サマンサタバサレディース

小祝さくらが逆転でツアー初優勝 「黄金世代」今季5人目

が届いていなかった。 また、通算17アンダーは2013年の吉田弓美子、14年の成田美寿々の大会レコードを1打更新した。 通算16アンダー2位にイ・ミニョン(韓国)。三ヶ島かなと成田美寿々が通算9アンダーの3位で終えた。