2018/10/05スタンレーレディス

原英莉花、新垣比菜ら4人が首位発進 3打差に16人の混戦

◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント 初日(5日)◇東名CC(静岡)◇6571yd(パー72) ともに19歳でツアー1勝の新垣比菜と未勝利の英莉、通算18勝の大山志保、通算25勝の全
2018/12/07LPGA新人戦

河本結は涙の敗戦 17番で痛恨のクラブ取り違え

賞金女王・河本結はプレー後、涙を流した。 同組の英莉とトップで並んで迎えた難関17番(パー3)、しっかりと振り抜いた河本の打球はピンに向かった。フィニッシュをつくり、まっすぐ視線を送ったが、ボールは
2019/06/30アース・モンダミンカップ

申ジエが完全優勝 原英莉花は3打差2位

立った。 2位から出た英莉も2バーディ、2ボギーの「72」。通算12アンダーで宮里美香と並んで2位に終わった。通算8アンダーの4位に渋野日向子が入り、通算7アンダー5位にアン・ソンジュ(韓国)、菅沼菜々が並んだ。 昨年覇者の成田美寿々は通算4アンダー9位だった。
2019/06/28アース・モンダミンカップ

単独首位に申ジエ 大城さつき、原英莉花が続く

11アンダーとして単独トップに立った。 1打差の2位に大城さつき。さらに1打差の9アンダー3位に英莉がつけた。米ツアー1勝、2013年「日本女子オープン」以来の日本ツアー3勝目を狙う宮里美香が8
2018/07/27

21人の新人女子プロ誕生 三ヶ島かな、原英莉花らが合格

)の出場権を獲得した。 プロテスト受験者の中で唯一レギュラーツアーシード選手の三ヶ島かなは通算14アンダーの7位に入り、3年ぶり2度目の挑戦で通過した。 今季下部ステップアップツアー2勝の英莉は通算
2019/12/23

21歳の松田鈴英が意識する「下の子たち」の台頭

」。渋野日向子や小祝さくら、英莉、浅井咲希ら1学年下の黄金世代が次々と初タイトルを手に。松田は賞金ランキング32位に終わり、念願の初優勝にも手が届かなかった。 賞金ランクでは前年の11位から大きく
2019/12/27中古ギア情報

女子プロ使用シャフトの中古1Wで飛距離アップ

ドライバー」などがあり、5万円前後の価格で手に入る。 では、「三菱ケミカル TENSEI CK プロ オレンジ」はどうだろう。成田美寿々や穴井詩、英莉らの “飛ばし屋”が好んで使う、ことし発売された
2019/12/11

渋野日向子が新人賞と特別賞 初のダブル受賞/GTPA選出

萌寧、英莉が選出され、古江彩佳が特別賞を受賞した。男子は新人賞に比嘉一貴、特別賞に金谷拓実(東北福祉大3年)が選ばれた。 渋野はルーキーイヤーながら国内4勝を挙げ賞金ランキング2位。8月の「AIG
2019/11/19大王製紙エリエールレディス

鈴木愛の4連勝なるか 賞金女王争いは佳境、シード争い最終局面

3人の賞金女王争いは佳境を迎える。 予選ラウンドでは、鈴木は英莉と柏原明日架と同組に。申は比嘉真美子と穴井詩、渋野は勝と小祝さくらとプレーをともにする。 そして、今週で決着を迎える来季の賞金シード
2019/07/06クラブ試打 三者三様

ミズノプロ モデル-S ドライバー/ヘッドスピード別試打

ハードヒッター向け? 小ぶりのミズノプロ1W 今季「リゾートトラスト レディス」で優勝した英莉が使用していることで話題を集める「ミズノプロ モデル-E ドライバー(以下モデル-E)」の兄弟モデル
2018/09/13マンシングウェアレディース

年に1度のドラコン大会 渡邉彩香は3連覇なるか

プロテストに合格した英莉も参戦予定。173cmの身長を生かして、今季はドライビングディスタンスで平均飛距離253.17yd(4位)を記録しているが「振り切ることが大事になる。頑張りたいです」と力を込めた
2019/09/17GDOEYE

畑岡と渋野が示した、勝つために必要な“新水準”

アマチュア優勝を成し遂げた勝みなみを、渋野は当時「次元が違う」と眺めていた。だけど、畑岡のプレーを“レベチ”と評した河本も、最終日最終組で「80」を打って涙をこぼした吉本ひかるも、予選落ちをした英莉
2019/11/01樋口久子 三菱電機レディス

鈴木愛と蛭田みな美が首位発進 プロデビュー戦の古江彩佳43位

9位に賞金ランキング1位の申ジエ(韓国)、キム・ハヌル(同)、金田久美子、英莉、大山志保、葭葉ルミらがつけた。前年覇者ささきしょうこは2アンダー19位とした。 元賞金女王の森田理香子をキャディに
2019/10/16富士通レディース

柏原明日架はツアー2勝目なるか 賞金トップ2が欠場

上田桃子、同10位の英莉らがエントリー。同1位の申ジエ(韓国)、同2位の渋野日向子、同4位の鈴木愛らが欠場する中、その差を縮めるチャンスとなりそうだ。 成田美寿々は小祝さくら、アマチュア西村優菜と初日同組。柏原明日架は大里桃子、アマチュア西郷真央と同組となった。
2019/10/19富士通レディース

選手主導のチャリティイベント 「サインパネル」に4万円

安田彩乃、比嘉真美子、英莉、イ・ボミ(韓国)の7人が参加した。 200人ほどのギャラリーが集まった「じゃんけん大会」では、選手にじゃんけんで勝った客がサインボールを受け取り笑顔を見せた。 大会前日