2018/12/26ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったシャフトは?/国内男子

をあげた出水田大二郎は「あまり癖がなくて振りやすい。他のメーカーに比べて飛距離が5ydぐらい飛んでいる」と使用感を明かした。 秋吉翔太は試打を重ねて「藤倉ゴム工業 スピーダー エボリューション 2」を
2018/12/19ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったボールは?/国内男子

シリーズ 12勝(-2):谷口徹、今平周吾、小平智、チェ・ホソンら 住友ゴム工業 スリクソンZスター シリーズ 6勝(+4):秋吉翔太、出水田大二郎、星野陸也ら ブリヂストン ツアーB シリーズ 4勝(-6
2018/11/01ツアーギアトレンド

FWキープ率新記録なるか 稲森佑貴がティグラウンドで考えること

、最近の若い選手には捕まりやすい、フック顔にしたい選手が多い」。今季初勝利を飾った出水田大二郎、秋吉翔太も似た発想だという。ゼクシオから今回Z585に替えた稲森の弾道は、打ち出し角度、スピン量はそのままに初速がアップしたことで飛距離が増したという。(編集部・桂川洋一)
2018/06/18ツアーギアトレンド

「スリクソンZ」の新クラブがお目見え 若手が実戦投入も

U85」の2タイプ。アイアンは「Z585」と「Z785」はいずれもキャビティタイプで、バックフェースのデザインと、ソール幅の違いが明確だった。出水田大二郎は「Z785」をキャディバッグに入れて事前ラウンドをプレーしていた。 メーカー担当者によれば、発売日などは未定だという。