2020/05/15topics

おうち時間で低下する? 免疫とゴルフのはなし

おうち時間が長くなる中で、『運動不足は免疫の低下に!』という情報が気になり始めた方も少なくないと思います。免疫の上がったり下がったり…って何でしょう? 血液内科を専門とする久住英二医師にお話を聞いて…
2020/05/08

スループレーはゴルフの「新しい様式」になるか!?

1万5000歩を軽く超える歩数の運動(たまには走ることも)になる。適度な運動とプレー中の思考は、認知症予防に効果があるという研究報告もあり、健康や免疫力の低下予防、ストレスの軽減への貢献が期待される
2020/03/23topics

「腸活」って何?疲れやすいゴルファーはまず小腸から

。 食べ物に含まれるフラボノイドが小腸から吸収されて体内を巡ると、体に悪影響を及ぼす菌の防御力を下げる働きをします。それまで頑丈な鎧(よろい)を着ていた悪い菌を、フラボノイドが裸にして、体本来の免疫力を…
2020/02/25小林至のゴルフ余聞

新型肺炎によるスポーツイベント自粛を経済学的に考察

いえ、萎縮してばかりもいられない。そこでゴルフである。報道などを総合すると、コロナウイルスの感染経路は、飛沫感染と接触感染が主で、対策として密室や集団を出来るだけ避ける、快食快眠、適度な運動で免疫力を
2018/03/06topics

花粉症ゴルファー必見!2018年の最新対策

取り込みを予防する」と、まずは花粉をなるべく体内に入れないことを優先しているようだ。ほかに、レーザーで鼻の粘膜を焼く治療法もあるが、「もともとの粘膜の働きをそこなうこともある」(荻原院長)とか。また、最近では「舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)」という長期にわたる治療法も注目を集めているという。