2020/10/06

ゴルフきょうは何の日<10月6日>

バーディパットを沈め、2度目のナショナルオープン制覇を遂げた。 首位で出た最終日。スタート前の5打差はみるみるうちに後続に詰められた。後半15番のボギーで一度は逆転を許した。クラブハウスリーダーの佐伯三貴と並んで
2020/09/26

「最高の幕開け」 佐伯三貴が愛弟子の活躍を祝福

ツアー通算7勝の佐伯三貴が、自ら指導する若手の活躍に喜びを爆発させている。 25日が最終日だった国内女子下部ツアー「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」(広島・芸南CC)で、沖せいらが優勝。28歳の
2020/09/25中国新聞ちゅーピーレディースカップ

「挨拶がない」から…沖せいらが師匠に捧げるバースデーV

退いた大会開催地・広島の佐伯三貴から指導を受ける。練習ラウンドをともにした18年5月からの関係だが「大学の先輩ですが、最初は『挨拶がない』と怒られました」と振り返る。 最終日を前に佐伯からは「80打って
2020/09/17デサントレディース

“グリップを短く持つ”前週2位・田辺ひかりの強いこだわり

です」と説明する。 同郷で師匠の佐伯三貴からは、前週入れればプレーオフに突入していた最終18番(パー5)のパットをショートさせた件を指摘され発破をかけられた。「『次(優勝の)チャンスを作ったときは勝ち
2020/09/12日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

世界ランクは437位 田辺ひかりが“重圧フリー”で最終日最終組

。1学年下でアマチュア世界ランク1位の金谷拓実とも、今年に入って2度ラウンドをしたという。さらに、同郷の佐伯三貴にも数ヶ月前から師事している。 「気合いが入ったときに左肩が突っ込んで、左に捕まるショット
2020/08/12NEC軽井沢72

今季初戦で優勝争いを見せた田中瑞希 目標は「毎日60台」

ツアー7勝の佐伯三貴とともに2泊3日のミニ合宿を広島で行った。「右を向く癖があって、ずっとコースでやっていると自分が思っているところとずれてきていた」と課題を見つめ直した。 ツアーに本格参戦した昨年
2019/12/28

GDO編集部が選ぶ 2019年ゴルフ10大ニュース(女子編)

からの撤退を表明 若手の急速な台頭も、決断を早める一因になったのでしょうか。シーズン終盤、29歳の大江香織(3勝)、31歳の一ノ瀬優希(3勝)、33歳の諸見里しのぶ(9勝)、35歳の佐伯三貴(7勝)が
2019/11/24大王製紙エリエールレディス

13人が初の賞金シード入り 過去最年少の平均26.3歳

)、藤本麻子(64位)、ジョン・ジェウン(韓国/65位)、フェービー・ヤオ(台湾/67位)、佐伯三貴(69位)、木戸愛(73位)、権藤可恋(75位)、木村彩子(76位)、一ノ瀬優希(77位)、大江香織
2019/11/21大王製紙エリエールレディス

森田遥が首位 渋野日向子2打差2位、鈴木愛36位

トップの鈴木愛は5バーディ、4ボギーの「71」でプレーし、首位と6打差の1アンダー36位とした。 今大会をもってツアー撤退を表明している一ノ瀬優希は3アンダー15位、佐伯三貴は1アンダー36位、諸見里しのぶは3オーバー77位…
2019/11/20大王製紙エリエールレディス

通算9勝の諸見里しのぶがツアー撤退を表明

通算3勝の大江香織(29)が前週の「伊藤園レディス」を最後にツアーを引退。同3勝の一ノ瀬優希(31)、同7勝の佐伯三貴(35)も今週の「大王製紙エリエールレディス」で第一線から退くと表明している。
2019/11/19大王製紙エリエールレディス

鈴木愛の4連勝なるか 賞金女王争いは佳境、シード争い最終局面

連ねる。 大会前の18日(月)に、ともにツアー引退を発表した、通算7勝の佐伯三貴は今大会が最終戦、3勝の一ノ瀬優希もラストとなる可能性が高い。 次週の最終戦「リコーカップ」(優勝賞金3000万円)の出場権は、今大会終了後の賞…
2019/11/18大王製紙エリエールレディス

佐伯三貴が「エリエールレディス」を最後にツアー撤退

ツアー通算7勝で35歳の佐伯三貴が18日(月)、自身の公式ブログで今週開催の「大王製紙エリエールレディス」(21日~)を最後にツアーから撤退することを公表した。「二度の怪我と手術を経験し、近年では
2019/06/02全米女子オープン

「全米女子オープン」日本人成績

藍 11位T宮里美香 31位T上原彩子 36位T上田桃子、有村智恵、佐伯三貴 予落 2012 宮里美香 7位T宮里藍 28位T横峯さくら 39位T上田桃子、野村敏京、綾田紘子、中山三奈、馬場ゆかり
2019/05/10ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

ペ・ソンウが首位キープ 19歳アマ・吉田優利が2位に浮上

アンダーの7位に、申ジエ(韓国)、佐伯三貴、小貫麗ら7人。昨年の「全英女子オープン」覇者のジョージア・ホール(イングランド)は、通算イーブンパーの24位で決勝ラウンドへ進出した。