2015/09/04

時松隆光、中井学ら55人が合格/男子プロ最終テスト

、2013年にチャレンジツアーで1勝している伊藤誠道が通算7アンダーの2位タイで合格し、PGA公認プロとなった。 最終テストの受験者数は151人。最年長合格は、長くトップアマとして活躍していた49歳の寺西
2015/08/03プロギアリアルスポーツカップ

「PRGR RS CUP」第3回予選会 プロの部で荒井雅彦が優勝

康祐 -3/3位/坂本篤紫、4位/伊藤誠道、5位/遠藤彰、6位/田口康祐、7位/芳賀洋平、8位/谷山優太 -2/9位/癸生川喜弘、10位/船越紀之 (シングルス部門:アマチュアの部) 0/優勝/斉藤誠
2015/06/23プロギアリアルスポーツカップ

「PRGR RS CUP」第1回予選会を開催 アマは野口さん優勝

伊藤誠道 7位/-1/船越紀之 8位/0/石田鈴千代、9位/肥田佳大、10位/中田範彦 (シングルス部門:アマチュアの部、敬称略) 優勝/+3/野口拓斗、2位/小野寺清貴 3位/+6/栗原一郎、4位
2015/03/15

岩田寛が日本勢最上位の12位/NZオープン最終日

オーストラレイジアツアー(PGA Tour of Australasia)の「BMWニュージーランドオープン」最終日。29位で最終日を迎えた岩田寛が、7バーディ1ボギーの「66」でまわり、通算13アンダーで日本勢最高位の12位でフィニッシュした。 インコースからスタートした岩田は6つのバーディを奪う猛チャージで後半に突入。バックナインのアウトコースを1バーディ1ボギーでまとめてホールアウトした。日本勢では、貞方章男が通算12アンダーの15位に続いた。 優勝は、通算21アンダーでジョーダン・ズニック。通算20アンダーの2位にデビッド・ブランドン、通算18アンダー3位にクリストファー・ミュエックの...
2015/03/12

上井邦裕が首位と4差7位の好発進/NZオープン初日

オーストラレイジアツアー(PGA Tour of Australasia)の「BMWニュージーランドオープン」は12日、ニュージーランド・クイーンズランドのザ・ヒルズGC(パー72)とミルブルックリゾート(パー71)の2コースを使用して開幕した。昨年から大会とパートナーシップ契約を結ぶ日本ゴルフツアー機構(JGTO)からは日本人選手12人が出場。上井邦裕が首位と4打差の5アンダー7位、武藤俊憲が4アンダー9位の好発進を決めた。 ともにザ・ヒルズGCをプレーし、上井は6バーディ1ボギー、武藤は6バーディ2ボギー。9アンダーで首位に並んだオーストラリア人選手2人を含め、上井よりも上位は全員ザ・ヒル...
2014/11/13三井住友VISA太平洋マスターズ

ワトソン、藤田寛之ら4人が首位発進 石川遼は40位

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 初日◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡県)◇7,246ヤード(パー72) 9年ぶりの国内ツアー参戦。「マスターズ」2勝を誇るバッバ・ワトソン(アメリカ)が、リーダーボードトップに早くも名前を刻んだ。後半7番(パー3)でダブルボギーを叩きながらも、この日最多となる7バーディを量産しての5アンダー「67」。塚田陽亮、チェ・ホソン(韓国)、賞金ランク2位につける藤田寛之と、首位タイに並び立つ好スタートを切った。 4アンダーの5位タイに、山下和宏とスティーブン・コンラン(オーストラリア)。2アンダーの7位に、兄弟揃って上位に並んだ宮里優作と宮里聖志のほか、室...
2014/10/02石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

大堀裕次郎が7アンダー単独首位スタート!

バーディを奪い好スタートとなった。 昨年大会の最終日を首位で迎えながら優勝争いから脱落した伊藤誠道は、4アンダーをマークし小山内護、小鯛竜也らと並び4アンダー10位タイにつけた。
2014/08/01秋田テレビ・南秋田CCチャレンジ

福永安伸が逃げ切って初優勝!今平らが2位/チャレンジ最終日

スコアを伸ばし切れず、通算6アンダーで伊藤誠道、佐藤信人らと並び8位に終わった。 チャレンジツアーは今季全16戦中、半分の8試合が終了。賞金ランキングでは、今大会2位につけた今平が417万円で首位。甲斐
2014/07/10ISPS・CHARITYチャレンジトーナメント

秋吉翔太が逆転でチャレンジツアー初優勝/男子チャレンジ最終日

静岡県の静岡カントリー浜岡コース&ホテルで開催中の、国内男子チャレンジツアー「ISPS・CHARITYチャレンジトーナメント」最終日。首位と3打差の3位から出た秋吉翔太が「64」をマーク。通算19アンダーで逆転し、ツアー初優勝を飾った。 通算17アンダーの2位には時松隆光。2日目に首位に立った津曲泰弦は後半に崩れるなど「70」にとどまり、中川勝弥、嘉数光倫と並び、通算16アンダーの3位でフィニッシュ。通算15アンダー6位には小袋秀人が続いた。 そのほか、通算12アンダーの11位に横田真一。通算11アンダーの13位に大堀裕次郎、谷昭範、甲斐慎太郎らが並んだ。...
2014/07/08ISPS・CHARITYチャレンジトーナメント

45歳、プロ6年目の菊地秀明が9アンダー首位!上田諭尉が1打差2位

国内男子のチャレンジツアー今季第6戦「ISPS・CHARITYチャレンジトーナメント 2014」が8日(火)、静岡カントリー浜岡コース&ホテルで開幕。3日間大会の初日は、プロ6年目の菊地秀明(45歳)が11バーディ、2ボギーの9アンダーをマークして単独首位に立った。 バーディ合戦となった初日、首位と1打差の8アンダー2位に上田諭尉がつけている。レギュラーツアーの2007年「東建ホームメイトカップ」で優勝経験を持つ上田が、初日から実力を披露した。さらに1打差の7アンダー3位には津曲泰弦、時松隆光、秋吉翔太、小西貴紀の4選手が並んでいる。 6アンダー7位には小袋秀人、すし石垣、嘉数光倫、香妻陣一朗...
2014/06/05日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

谷口徹が首位発進!ホストプロ池田は3差5位

◇国内男子メジャー◇日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 初日◇ゴールデンバレーGC(兵庫県)◇7,233 ヤード(パー72) プロゴルファーの頂点を競う戦い、国内メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」が5日(木)に開幕。国内メジャーで4勝、うち2勝を今大会で挙げている谷口徹が、1イーグル3バーディ1ボギーの「68」をマークし、4アンダーで単独首位に立った。今季はここまで「中日クラウンズ」の9位がベストフィニッシュ。難セッティングで争われる大舞台で46歳ベテランが好スタートを切った。 首位と1打差の3アンダー2位には、キム・ヒョンテ(金亨泰=韓国)。今季ワンア...
2014/03/15ハッサンII ゴルフトロフィー

伊藤誠道 予選落ちも“成長の糧”

した伊藤誠道が、4バーディ、3ボギー、3ダブルボギーの「77」と崩れ予選ラウンドで姿を消した。 初日トップは10アンダーの独走にも、1アンダーの38位タイとまずまずの位置に付けた伊藤だったが、この日は…
2014/03/15ハッサンII ゴルフトロフィー

A.カニサレスが首位堅守で決勝へ 伊藤誠道は予選落ち

一昨年覇者のマイケル・ホーイ(北アイルランド)ら、歴代優勝者たちが上位に浮上してきた。 日本から出場している伊藤誠道は、この日は午前組からのスタート。前半のインコースでは4つのバーディを奪うも、2つの
2014/03/14ハッサンII ゴルフトロフィー

伊藤誠道は38位発進 A.カニサレスが単独首位

選手として出場している伊藤誠道は2バーディ、1ボギーの「71」でラウンドし、1アンダーの38位で初日のラウンドを終えた。 前日は急遽プロアマ戦に出場し、コースの感触を確かめた伊藤は、起伏のあるグリーンと…
2014/03/11ハッサンII ゴルフトロフィー

伊藤誠道が出場 舞台はモロッコ王宮

ディフェンディングチャンピオンとして臨むシームをはじめ、昨年2位でフィニッシュしたミッコ・イロネン(アイルランド)、デビッド・ホージー(イングランド)、トム・ルイスら若手実力者がタイトル獲得に挑む。 日本からは伊藤誠道(18…
2013/11/12三井住友VISA太平洋マスターズ

石川遼、松山英樹が揃い踏み 連覇か? 奪還か?

国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」は14日(木)から4日間、静岡県の太平洋クラブ御殿場コースで開催される。今季も残り4試合。富士山の麓から頂上を目指す激しい戦いが繰り広げられる。 ここ数年はこれまでのシーズンの中でも、まばゆいばかりのシーンが続いている。2010年には石川遼が年間3勝目をマーク。翌11年は松山英樹がツアー史上3人目のアマチュア優勝を達成。そして昨年は、スランプにあえいでいた石川が2年ぶりとなる涙の復活勝利を遂げ、節目の通算10勝目を飾った。 現在、米国ツアーを主戦場とする石川と松山の2人は、今大会で6月の「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」以...
2013/11/05HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦

新設の2億円大会 石川遼が今季2度目の国内参戦!

国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」が7日(木)から4日間、茨城県の美浦ゴルフ倶楽部で開催。ツアー最高額に並ぶ賞金総額2億円(優勝4000万円)を争う今季新設のビッグトーナメントが開幕する。 大会には米ツアーを主戦場とする石川遼が参戦。予選落ちを喫した6月の「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」以来となる今季2度目の国内ツアーとなる。また、石川とともに前週は中国・上海で行われた「WGC HSBCチャンピオンズ」を戦った藤田寛之、川村昌弘も出場する。 賞金ランクトップを走る松山英樹は体調面を考慮してエントリーしなかっただけに、片山晋呉、S...