2022/01/23SMBCシンガポールオープン

ケーオカンジャナが優勝 桂川有人が2位で全英切符

5アンダー9位に順位を上げて終えた。竹安俊也と岡田絃希が2アンダー23位、中里光之介が1オーバー34位、大西魁斗が2オーバー40位。12位で出た小林正則は3オーバー43位に終わった。 大会は、開幕前に
2021/09/17PGM Challenge

中里光之介が5打差圧勝で4年ぶりV/男子下部

◇国内下部AbemaTVツアー◇PGM Challenge 最終日(17日)◇PGM石岡ゴルフクラブ(茨城)◇7071yd(パー71) 単独首位から出た中里光之介がボギーなしの7バーディで連日の
2021/09/16PGM Challenge

中里光之介が「64」で5打差独走/男子下部

◇国内下部AbemaTVツアー◇PGM Challenge 2日目(16日)◇PGM石岡ゴルフクラブ(茨城)◇7071yd(パー71) 2打差5位から出た中里光之介が9バーディ、2ボギーの「64」で
2021/07/09JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP CHALLENGE

杉山知靖が逆転でプロ初優勝/AbemaTVツアー

会長である時松(隆光)プロに優勝という形で恩返しできてうれしいです」と語った。 通算13アンダー2位に久常涼、12アンダー3位に桂川有人が入った。 中里光之介が11アンダー4位で続き、大西魁斗、竹内優騎、小斉平優和、亀代順哉、坂本雄介の5人が10アンダー5位に並んだ。
2020/08/08

松田鈴英&堀川未来夢が優勝 男女ペアマッチ

。フォアサム(2人が1つのボールを交互に打つ)方式の後半では中里光之介&脇元桜ペア、重永亜斗夢&大里桃子ペアと並んで迎えた17番(パー3)で松田がティショットをピンそば5mにつけ、バーディパットを堀川が沈めて
2019/10/24JGTO Novil FINAL

白佳和が首位浮上 塩見好輝は2打差3位/AbemaTVツアー

アンダー3位につけた。 首位から出た中里光之介は「70」とスコアを伸ばせず、小山内護らとともに通算8アンダー7位。賞金ランキング1位の杉本エリックは、首位と4打差の12位で今季最終戦の最終日に臨む。
2019/10/23JGTO Novil FINAL

阿久津未来也と中里光之介が首位発進/AbemaTVツアー

の阿久津未来也が1イーグル、7バーディ、1ボギーでプレー。中里光之介と並ぶ「62」をマークし、8アンダー首位発進を決めた。 賞金ランキング9位につける阿久津に対し、中里は同ランク57位。今大会終了後
2019/05/15HEIWA・PGM Challenge Ⅰ

21歳の長澤奨が3打リードの単独首位発進 /AbemaTVツアー初日

した小木曽喬が「66」でプレーし、竹内廉、内藤寛太郎、中里光之介と並んで、首位と3打差の4アンダー2位につけた。 3アンダー6位に川満歩、小浦和也、福永安伸、狩俣昇平、すし石垣の5人が続いた。 プロツアーデビュー戦となったアマチュアの吉沢己咲(群馬・藤岡北中3年)は2オーバー78位タイで初日を終えた。
2018/06/29南秋田カントリークラブみちのくチャレンジトーナメント

比嘉一貴が国内プロ初優勝/AbemaTVツアー

。今年はプレーの場をアジアンツアーにも求め、4月末のアジア下部ツアーでプロ初優勝を飾った。 通算10アンダーの2位に白佳和、中里光之介、幡地隆寛の3人。通算9アンダーの4位に小泉洋人、中西雅樹、上平
2018/04/01JGTO Novil FINAL

パク・ベジョンが初優勝 男子下部ツアー開幕戦を制す

て成長していきたい」と今後の活躍を誓った。 通算9アンダーの2位にキム・ジンソン(韓国)と、最終日のベストスコアタイ「65」をマークした梅山知宏が続いた。 首位から出た中里光之介は「72」と伸ばせず、通算7アンダーの4位に終わった。
2018/03/31JGTO Novil FINAL

横峯さくらは128位で予選落ち 中里光之介が首位

から出た中里光之介がホールインワンを含む「69」で回り、通算7アンダーで単独首位に浮上。1打差2位にパク・ベジョン(韓国)。通算5アンダー3位にキム・ジンソン(韓国)が続いた。大会は3日間54ホールで行われる。
2018/03/30Novil Cup

横峯さくらは123位と出遅れ 中西直人が首位発進

アンダーでホールアウトした中西直人。5バーディ、ノーボギーの「67」にまとめ、後続に1打差をつけた。 4アンダーの2位に中里光之介。3アンダーの3位にカシディット・レプクルテ(タイ)が続く。 国内男子ツアー
2017/10/13太平洋クラブチャレンジトーナメント

A.サンドゥが日亜“2週連続V”/男子チャレンジ

)が3バーディ、3ボギーの「71」とし、中里光之介と首位に並ぶ通算6アンダーでホールアウト。雨の中で行われたプレーオフ1ホール目(18番)にパーセーブして、日本での初優勝を飾った。 サンドゥは2008