2017/10/02ギアニュース

ブレない10代目「ゼクシオ X」は12月9日発売

。発表会当日に出席していたプロゴルファーの中嶋常幸は「ゼクシオはやっぱり打球音がいいね。芯を外しても飛距離があまり落ちない」。横峯さくらも「ヒール側に少し外しても飛距離があまり変わらない」と芯の広さを
2017/09/14日本シニアオープンゴルフ選手権競技

昨年覇者のマークセンが首位発進 2打差に尾崎直道と井戸木鴻樹

、ノーボギーの「63」をマークして9アンダーとし、後続に2打差の首位で発進した。 尾崎直道と井戸木鴻樹が7アンダーの2位で追う。崎山武志と金鍾徳(韓国)が5アンダーの4位で続いた。 4アンダーの6位に中嶋常幸ら7人が並んだ。…
2017/09/10JAL選手権

C.モンゴメリーが今季初優勝 倉本昌弘7位

は、崎山武志が通算1オーバーの51位、室田淳が通算2オーバーの53位。中嶋常幸が通算3オーバー55位、井戸木鴻樹が通算4オーバー58位、尾崎直道が通算5オーバー59位で大会を終えた。
2017/09/08JAL選手権

倉本昌弘が4位発進 トム・ワトソンは26位

らの注目選手は3アンダーの14位と上々のスタート。PGAツアーメジャー通算8勝のトム・ワトソンは2アンダーの26位に続いた。 ほかの日本勢は、室田淳が1アンダーの35位、崎山武志が1オーバーの50位、中嶋常幸が3オーバーの5…
2017/09/06JAL選手権

トム・ワトソンは第1組 倉本昌弘はブラウン&マガートと

・ブラウン、ジェフ・マガートとともにスタート。中嶋常幸は10時13分、尾崎直道は10時35分、室田淳は11時8分にそれぞれ1番から出る。 崎山武志は10時24分、井戸木鴻樹は10時46分にそれぞれ10番からのスタートとなって…
2017/08/30コマツオープン2017

好調の米山剛は3週連続Vなるか 川岸良兼、中嶋常幸らが出場

の川岸良兼はツアー初優勝を狙うほか、中嶋常幸、倉本昌弘、尾崎直道らベテラン勢も今季初タイトルを狙いにいく。 今大会優勝者には、日本初開催となる米国シニアツアー(PGAチャンピオンズツアー)の新規大会
2017/06/19世界ランキング

松山英樹が世界ランク2位に浮上 日本人最高を更新

1月にトップ5に入った。2月、中嶋常幸が1987年に記録した日本人最高の4位に並んだ。5月の「ザ・プレーヤーズ選手権」を22位で終えて一時、世界ランク3位に上がった。 マキロイは松山と「0.326
2017/05/28記録

「ミズノオープン」歴代優勝者

・ジョーンズ 第19回 1989年 大町昭義 第18回 1988年 新関善美 第17回 1987年 D.イシイ 第16回 1986年 中嶋常幸 第15回 1985年 尾崎健夫、高橋勝成 第14回 1984年
2017/05/16関西オープン

宮里優作が16年ぶりのツアー連勝記録に挑む

16年ぶりとなる。宮里は初日、片岡大育、アマチュアの岩田大河(18=大阪学院大学高校3年)と同組でプレーする。 そのほか、好調の谷口徹や、小平智、片岡大育、今平周吾などに混じって、ベテランの中嶋常幸
2017/05/15世界ランキング

松山英樹が日本勢初の世界ランク3位

14日付の男子世界ランクが発表され、米ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」で22位に入った松山英樹は1ランク上がり、世界3位になった。日本人がトップ3となるのは初めて。これまでは、自身と1987年に中嶋
2017/05/09世界ランキング

松山英樹が世界トップ3入りへ「0.041」差まで肉薄

.1214」から「0.041」まで詰まり、日本人男子では初となる世界トップ3入りは残りコンマ2桁台まで迫った。 松山は2月26日付の世界ランクで、1987年に中嶋常幸が記録した日本人男子の最高位に並ぶ4