2017/11/23いわさき白露シニアゴルフトーナメント

有終の美を飾るのは?薩摩富士の麓で手練れの戦い

チャンピオンシップ」で今季4勝目とし、3試合を残して2年連続の賞金王に輝いた。 賞金ランク2位の米山剛、同3位の室田淳、前年覇者の倉本のほか、井戸木鴻樹、川岸良兼、中嶋常幸らがエントリー。ツアーの主役たちがそろう豪華フィール…
2017/11/16ダンロップフェニックス

70歳の尾崎将司 上がり3ホールで2バーディの意地

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 初日(16日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎) ◇7027yd(パー71) スタート前の練習場では、松山英樹、尾崎将司、中嶋常幸が3人並んで
2017/11/14ダンロップフェニックス

志願の練習ラウンド ツアー仲間も心配する石川遼の現状

糸口になるだろうか?自己ワーストの国内ツアー5戦連続予選落ち中の石川遼が、14日(火)に中嶋常幸、松山英樹との練習ラウンドを志願した。自ら緊張感を求め、その中で、自身の取り組みの方向性を確認する意図だ
2017/11/14ダンロップフェニックス

中嶋常幸 松山英樹のゴルフ脳に感嘆「探り方が賢い」

ないコース内で、1組だけが大勢のメディアと関係者を引き連れた。第12回大会(1985年)で日本人初となる大会制覇を成し遂げた中嶋常幸と、松山英樹、石川遼が同組となっての練習ラウンド。中嶋は「楽しかった
2017/11/01富士フイルムシニアチャンピオンシップ

賞金レース佳境 米山剛、室田淳らがマークセン追う

淳、4位キム・ジョンドク(韓国)以下の踏ん張りにも注目が集まる。 日本プロゴルフ協会の会長を務める倉本昌弘、中嶋常幸といったレギュラーツアーの永久シード選手のほか、芹澤信雄、羽川豊といったテレビ解説で
2017/10/27中古ギア情報

17年連続国内売り上げトップの人気シリーズ

では圧倒的人気のゼクシオだが、男子ツアーでも使用者が多いことは意外と知られていない。シニアツアーでも中嶋常幸らが使用している。「ゼクシオ テン ドライバー」も、吉田弓美子が「スタンレーレディス」で使っ
2017/10/13太平洋クラブチャレンジトーナメント

A.サンドゥが日亜“2週連続V”/男子チャレンジ

年にプロ転向の29歳。主戦場としてきたアジアンツアーでは、先週の台湾開催「Yeangderプレーヤーズ選手権」でツアー初優勝を果たした。 6位から出た中嶋常幸の長男・中島マサオは4バーディ、2ボギー1
2017/10/11日本オープン

「日本OP」2勝目狙う小平智 世界ランク大幅アップへ鼻息荒く

ないかと思う」という。 恒例のチャンピオンズディナーで顔を合わせる先輩プロたちからの発破も大きな刺激。「中嶋常幸さん、片山晋呉さん、谷口徹さんに『日本オープンは2回勝たないと本当の優勝じゃない』といわ
2017/10/04日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

シニアメジャー開幕 強すぎるマークセンの連覇を止められるか?

安定して上位に顔を出している清水洋一も、賞金5位の注目選手だ。 今大会4勝(2005、09、12、15年)と好相性の室田淳ほか、渡辺司、中嶋常幸といったベテラン勢もメジャーのビッグタイトルを虎視眈々と狙う。
2017/10/02ギアニュース

ブレない10代目「ゼクシオ X」は12月9日発売

。発表会当日に出席していたプロゴルファーの中嶋常幸は「ゼクシオはやっぱり打球音がいいね。芯を外しても飛距離があまり落ちない」。横峯さくらも「ヒール側に少し外しても飛距離があまり変わらない」と芯の広さを
2017/09/14日本シニアオープンゴルフ選手権競技

昨年覇者のマークセンが首位発進 2打差に尾崎直道と井戸木鴻樹

、ノーボギーの「63」をマークして9アンダーとし、後続に2打差の首位で発進した。 尾崎直道と井戸木鴻樹が7アンダーの2位で追う。崎山武志と金鍾徳(韓国)が5アンダーの4位で続いた。 4アンダーの6位に中嶋常幸ら7人が並んだ。…
2017/09/10JAL選手権

C.モンゴメリーが今季初優勝 倉本昌弘7位

は、崎山武志が通算1オーバーの51位、室田淳が通算2オーバーの53位。中嶋常幸が通算3オーバー55位、井戸木鴻樹が通算4オーバー58位、尾崎直道が通算5オーバー59位で大会を終えた。