2017/06/25アース・モンダミンカップ

【速報】鈴木愛が2打差トップで後半へ 三ヶ島かなが追う

バーディ、ボギーなし「34」で回った。 1打差の2位から出た三ヶ島かなは通算15アンダーで追う。2人と同じ最終組の笠りつ子が通算14アンダーにいる。森田遥が通算13アンダー、永久シード保持者の不動裕理
2017/06/25アース・モンダミンカップ

鈴木愛が渾身パットで逃げ切り優勝 三ヶ島は1打及ばず涙

、堀琴音が4位。永久シード保持者の不動裕理は2季ぶりのトップ10となる5位に入った。6位に森田遥が続いた。 イ・ボミ(韓国)は7位で今季3度目のトップ10入り。アン・シネ(同)は通算7アンダー16位で終えた。
2017/06/23アース・モンダミンカップ

成田美寿々が首位浮上 アン・シネは16位で決勝へ

続いた。 初日首位のキム・ハヌル(韓国)は、松森彩夏、森田遥らと並び通算8アンダーの6位に後退。アン・シネ(韓国)は不動裕理らと並び通算5アンダーの16位、イ・ボミ(韓国)は通算4アンダーの24位で予選通過した。
2017/02/27ダイキンオーキッドレディス

宮里藍、畑岡奈紗の日本初競演 国内女子ツアーが3月2日に開幕

)、昨シーズン賞金ランク日本人トップ(3位)の笠りつ子、通算3勝の鈴木愛らが開幕戦のタイトルを狙う。 昨シーズン3試合の出場だった永久シード選手の不動裕理もエントリー。昨年末の最終予選会(ファイナル
2017/02/08

「日本プロゴルフ殿堂」新たに陳清水ら6人を発表

。プロとしては優勝7回。83年に第一線から退いたのち、日本女子プロゴルフ協会の理事長、会長を歴任し、ティーチング資格制度の基盤を立ち上げた。指導者としても成果を挙げ、不動裕理、大山志保、古閑美保を賞金
2016/11/19大王製紙エリエールレディス

独走テレサ・ルー 焦点は最多アンダーパー記録

大会 -21 堀奈津佳 2013年「アース・モンダミンカップ」 -17 不動裕理 2002年「ニチレイカップワールドレディス」 キム・ヒョージュ 2012年「サントリーレディス」
2017/03/12ヨコハマタイヤPRGRレディス

全美貞が通算25勝目 史上4人目の生涯10億円突破

プレーオフで破り、今季初優勝を挙げた。大会2勝目で、2016年10月「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」に続くツアー通算25勝目。優勝賞金1440万円を加算して、不動裕理、横峯さくら、李
2016/09/23ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

史上3人目の10億円にリーチ 李知姫の癒しは塗り絵?

◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 初日(23日)◇利府GC(宮城県)◇6551yd(パー72) 国内女子ツアーの生涯獲得賞金第1位は、不動裕理の13億4842万円超。続くのは横峯
2016/10/25樋口久子 三菱電機レディス

2000万円突破か? 国内女子の賞金シードが史上最高額ペース

不動裕理が一人で、今も破られていないツアー年間最多の年間10勝(最終戦の『LPGAツアー選手権リコーカップ』含む)を挙げたシーズン。翌04年に宮里藍らが大活躍したことで女子ゴルフブームが起こり、05年以降のV字回復につながったとみられる。
2016/09/25ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

グリーン上に見えた伏線 韓国勢対決は李知姫に軍配

の優勝で生涯獲得賞金は不動裕理、横峯さくらに次ぐ史上3人目、かつ海外勢初の10億円を突破した。「初日に聞くまでまったく知らなかったけど、聞いてすごくやる気が出た。日本の環境が良くて、良い選手になれたと
2016/09/12GDOEYE

日本勢連敗をストップ!鈴木愛の“負けず嫌い”っぷり

すごいライバル。強敵です」。 かつては、不動裕理の背中を見ながら、“どちらが最後まで残って練習するか”競い合って成長してきた大山だが、今では鈴木に「もう帰るんですか?」と言われるという。「『私は年齢が
2016/09/07日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

達成ラッシュなるか? 女子プロ選手権 記録アラカルト

なり、148試合目はアン・ソンジュ(韓国)の147試合に次いでツアー2位。今週を終えた28歳21日での達成となれば、不動裕理、横峯さくらに次ぐツアー3番目の年少記録となる。 さらに、イが今大会で単独5位
2016/09/25ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

李知姫が海外勢初の生涯獲得10億円!PO制し今季2勝目

。4月の「ヤマハレディースオープン葛城」に続く今季2勝目で、ツアー通算21勝目。優勝賞金1260万円を加算し、生涯獲得額は10億78万円余となり、不動裕理、横峯さくらに続く史上3人目の10億円突破の快挙