2021/05/06ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

一味違う「お肉」のモチベーション 笠りつ子が7バーディ量産

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 初日(6日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72) 1学年上で同じ熊本出身の上田桃子の優勝は、33歳の笠りつ子に大きな活力となった。「年齢
2021/05/06ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

悔しさ=自信 “桃子に負けた”大里桃子が2位発進

オープンレディース」では、上田桃子にプレーオフで敗れた。だが、悔しさと同じくらい「自信になった試合」と力強く語る。 「大事なところとか、シビアなパーパットが入るようになった。今までなら外しちゃうような
2021/05/06ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

笠りつ子が単独首位 原英莉花は国内メジャー3連勝遠のく103位スタート

優菜、臼井麗香ら若手も並んだ。 2週連続優勝、自身通算46試合目の国内メジャーで初タイトルを狙う上田桃子は稲見萌寧、笹生優花らとともに1アンダー15位の滑り出し。古江彩佳はイーブンパー31位につけた。 年度をまたいで国内メジ…
2021/05/06ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

菊地絵理香「自画自賛」の好発進

好きなので」と赤ワインを購入して、料理をつくって祝福した。 同週の女子ツアーで優勝した2歳年上で34歳の上田桃子について、「練習量がすごいなと思いますし、年齢のことを言ったらあれかもしれないけど…プロ
2021/05/05ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

上田桃子「勝ちたい気持ちは封印」 悲願のメジャー初Vへ

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 事前(5日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72) 前週大会で2年ぶりのツアー優勝を挙げた上田桃子は、前日4日(火)に現地入りしてアウトの
2021/05/04ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

「チーム辻村」吉田優利は34歳・上田桃子の優勝に刺激

いるので、そういうところにフォーカスを当てながらやっていけたら」と周囲に惑わされず、狙いは明確だ。 師事する辻村明志コーチの「チーム辻村」の大先輩格、上田桃子が前週「パナソニック
2021/05/04ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

原英莉花がメジャー3連勝狙う 今季2勝の笹生優花は復帰戦

上田桃子が悲願のメジャー初タイトルを狙う。予選ラウンドは19年賞金女王の鈴木愛、ペ・ソンウ(韓国)と同組でティオフする。賞金ランキング1位の小祝さくらは、同2位の古江彩佳、同3位で今年4勝の稲見萌寧
2021/05/04進藤大典ヤーデージブック

“シャイ”な40歳・岩田寛の素顔

英樹選手のキャディだった僕から見ても、岩田選手はとにかく練習量がものすごい。片山晋呉選手、谷原秀人選手、宮里優作選手、女子でも上田桃子選手…僕が知る限り、長く活躍している選手は量も質も桁違いです
2021/05/02パナソニックレディース

“一生に一度の桃子対決” 大里桃子は惜敗にも充実感

◇国内女子◇パナソニックオープンレディース 最終日(2日)◇浜野ゴルフクラブ (千葉)◇6566yd(パー72) 同じ名前、それも同じ熊本出身の大先輩・上田桃子との直接対決。下剋上はならなかったが
2021/05/01パナソニックレディース

今季4勝目へ、古江彩佳が首位浮上 アマ岩井明愛は3差6位

とか)しっかり見極めてクラブ選択して、自分を信じて賢く回りたい」と語った。 通算6アンダーで2位に続くのは、13番でホールインワンを決めた原英莉花の他、西村優菜、上田桃子、大里桃子の4選手。通算5
2021/04/28パナソニックレディース

勝みなみの防衛戦 “勝率5割”の稲見萌寧は原英莉花らと同組

レースをひっぱる。稲見は初日、原英莉花、上田桃子とプレーをともにする。 さらに3月に埼玉栄高を卒業、今年プロテストに挑戦するアマチュアで双子の岩井明愛(あきえ)、岩井千怜(ちさと)も出場する。 今大会は無観客試合での開催だが…
2021/04/17KKT杯バンテリンレディス

21歳のバースデー 吉田優利「思い出に残るラウンド」

では5バーディを奪った。 師事する辻村明志コーチの元で、上田桃子、小祝さくら、永井花奈、松森彩夏らと日々研鑽を積んでいる。「いつも良い環境にいるなって思います。プロになってから1日1日が早くて、自分
2021/04/15KKT杯バンテリンレディス

熊本地震から5年 上田桃子、有村智恵が語る復興への思い

・天守閣の修復も進み、26日からは一般公開されるところまで復興は進んでいる。その一方で、まだ418人が仮住まいで暮らしており、人々の心の傷も完全には瘉えていない。熊本出身の上田桃子、有村智恵がそれぞれ
2021/04/14KKT杯バンテリンレディス

稲見萌寧が3週連続優勝に挑む 女子プロ量産の熊本が舞台

今年唯一優勝を飾っている岡山絵里、さらに地元熊本出身として上田桃子、有村智恵、不動裕理、笠りつ子、大里桃子、豊永志帆、田中瑞希、小貫麗らが参戦。大会では熊本地震義援金のためのチャリティオークションも開催