2021/06/04ヨネックスレディス

笠りつ子が単独首位発進 2打差に山路晶、高橋彩華ら4人

全て2位以上で終えた大里桃子は、賞金ランキング1位の小祝さくららとともに1オーバー38位。前週大会で優勝争いを演じたアマチュアの岩井明愛は2オーバー58位とした。 前回大会覇者の上田桃子は首痛のため欠場した…
2021/05/29リゾートトラストレディス

8年ぶり 28歳・山村彩恵が号泣の予選通過

、14年に6試合、15年は7試合とシードを獲得することなく主戦場は下部ツアーとなっていった。 上田桃子や小祝さくらのコーチでもある辻村明志氏に指導をあおぎ「今年で3年目」。今大会は、キャディとして支え
2021/05/28リゾートトラストレディス

吉川桃が首位発進 1打差に稲見萌寧ら 第1ラウンド終了

の「67」でプレーし、5アンダーの単独首位で発進した。 1打差2位に稲見萌寧、比嘉真美子、石川怜奈、工藤遥加の4人。3アンダー6位で上田桃子、勝みなみ、穴井詩ら7人が続いた。 2021年初戦となる大山
2021/05/27リゾートトラストレディス

大雨で5時間中断 稲見萌寧と比嘉真美子が暫定首位

。多くの選手がホールアウトできず午後6時29分に日没順延となった。 18ホールを終えた選手では、今季6勝で2週連続優勝がかかる稲見萌寧、比嘉真美子が4アンダーの暫定首位。上田桃子が3アンダー。21歳の
2021/05/16ほけんの窓口レディース

悔いた刻みの一打 大里桃子はスーパーショットで熱戦に終止符

バーディパットを決め切り、何度も拳を握った。 上田桃子とのプレーオフで敗れた2週間前。それ以上に悔いを残したのは西村優菜に3打差で敗れた前週の国内メジャーだった。自らの守りの姿勢を悔いていた。「(最終日の
2021/05/14ほけんの窓口レディース

2年半ぶりの首位発進 有村智恵の“リミット解除”

「パナソニックオープンレディース」を制した34歳の上田桃子の存在だ。「心から尊敬している。若い選手に負けないくらい練習するストイックな選手。努力をしている選手が報われる姿は、自分も頑張ろうと思える」と言った
2021/05/14ほけんの窓口レディース

2位→2位→? 大里桃子が三度目の正直へ好発進

「パナソニックオープンレディース」は上田桃子との“桃子対決”のプレーオフで敗れた。前週「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」は西村優菜と3打差の2位。目の前で優勝の瞬間を見せつけられた。「先…
2021/05/09ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

20歳・西村優菜が逆転でメジャー初優勝 高橋彩華は5位

た。 単独首位からスタートした高橋彩華は12番でダブルボギーをたたくなど「74」とスコアを落として、通算10アンダー5位でツアー初優勝を逃した。前週大会優勝の上田桃子は8アンダー7位。 鈴木愛は1アンダー28位だった。メジャ…
2021/05/08ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

高橋彩華がツアー初優勝へ単独首位キープ 大里桃子ら3打差2位

12アンダーで首位を守って最終日に進んだ。 前週プレーオフで敗れた大里桃子が西村優菜、西郷真央と並んで通算9アンダー2位につけた。 2週連続優勝がかかる上田桃子は岡山絵里、笠りつ子、臼井麗香とともに
2021/05/07ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

高橋彩華が首位 上田&鈴木1打差 原英莉花は巻き返し予選通過

マーク。初優勝へ通算9アンダーとして単独首位に立った。 2週連続優勝を狙う上田桃子も「65」。2019年賞金女王・鈴木愛、若手の臼井麗香、西郷真央とともに1打差の通算8アンダー2位つけた。 初日首位の笠
2021/05/07ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

メジャー初Vへ 上田桃子が「スカッと」大会コース記録

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 2日目(7日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72) 2週連続Vがかかる上田桃子とツアー初優勝を目指す高橋彩華がともに大会コース記録となる