2018/07/24マーク金井の試打インプレッション

打点がずれても芯ヒットの飛び「プロギア RS ドライバー」

できる。 三菱ケミカルと共同開発された純正シャフトには“Diamana”のロゴが大きく入る。硬さによって重さが異なり、今回試打するM-43(S相当)は54グラムとなっている。 飛距離性能はどうなのか
2017/07/06ギアニュース

つかまるけれど引っかけにくい“赤マナ”4代目

三菱ケミカル(本社・東京都千代田区)は4日、「ディアマナ R」シリーズの後継モデル「ディアマナ RF」の発表会兼試打会を都内練習場で行った。 「ディアマナ RF」は、三菱ケミカルが誇るアスリート向け
2016/06/15シャフトでこんなに変わるんだ!

アイアンも「カーボンシャフト」で安定感アップ!

をチェック! ■ビフォー(日本シャフト N.S.PRO MODUS3 TOUR 105):引っかけ気味で弾道の高さもバラバラ ■アフター(三菱レイヨン OT アイアン i95):打ち出し方向は変わら
2014/07/24ツアーギアトレンド

全英でTOP10独占!? 知られざる“日本勢”の活躍

人)のうち8人を“日本勢”が占めていたことが分かった。 全英トップ10選手が使用したドライバーのシャフトをメーカー別で調べたところ、優勝したロリー・マキロイらトップ3をはじめ4人が三菱レイヨン(日本未
2017/07/15シャフトでこんなに変わるんだ!

スチールとカーボン、結局どっちがイイの!?

測定値をチェック! ■ビフォー[日本シャフト NSプロ 750GH R]:右に曲がることはあるが、ミスの方向は一定している。 ■アフター[三菱ケミカル バサラ アイアンシャフト i40 LITE
2016/08/17シャフトでこんなに変わるんだ!

シャフトのマッチングが「シングル」への第一歩!

・アフター 弾道測定値をチェック! ■ビフォー(日本シャフト N.S.PRO Regio Formula MB):効率よく飛ばしているが、やや安定感に欠ける ■アフター(三菱レイヨン ディアマナ R
2017/07/25マーク金井の試打インプレッション

フジクラ ダイヤモンド スピーダー

フジクラの「ジュエルライン」の3作目となる「ダイヤモンド スピーダー」。このシャフトは世界のカーボン繊維市場を二分する「東レ」と「三菱ケミカル」両社の高品質な素材を同時に使用し、常識外れの飛距離性能
2016/03/08マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト VG3ドライバー(2016年)

年ぶりのモデルチェンジで、どのように進化したのか、じっくりテストしてみたい。 試打クラブは、ロフト角9.5度。シャフトは三菱レイヨン社製の純正(タイトリストVG60)のSフレックス。ワッグルすると
2014/11/19シャフトでこんなに変わるんだ!

“キックポイント”で何が変わる?

ボールも混在する ■アフター:(三菱レイヨン フブキα 70S)曲がり方向が一定になり(左方向)、平均飛距離が大きくアップ もっと楽に飛ばしたい! 今回は、弊社サイトの人気連載「新製品レポート」を始め
2015/04/21マーク金井の試打インプレッション

ナイキ ヴェイパー フレックス ドライバー

、ヘッドは一種類のみ。シャフトは純正のS(ヴェイパーグラファイト+三菱レイヨン製)。10.5度のポジションで、リアルロフト角は11度。フェース角は±0度。アドレスすると、フェースはピシッと目標を向く
2016/12/21シャフトでこんなに変わるんだ!

“キックポイント”に難しさは関係ない!

いこう。 「ボールが上がりすぎ……」 ビフォー・アフター 弾道測定値をチェック! ■ビフォー(三菱レイヨン KUROKAGE XM 60-S):全体的に弾道が高く、左右どちらのミスも出ている
2010/09/15ギアニュース

左が怖くない!三菱レイヨン「アヒナ」に迫る

三菱レイヨンが新作シャフト『ディアマナ ’ahina(アヒナ)』を発表。2006年に発売された『ディアマナ Dシリーズ(※通称:白マナ)』の後継機種として展開される。「叩いても左が怖くない」、パワー
2015/05/12マーク金井の試打インプレッション

ナイキ ヴェイパー プロ ドライバー

のポジションで、リアルロフト角は8.25度。フェース角は-3度。地面にヘッドを置いた時、フェースが開く方向にヘッドが回転するため、オープンフェースの度合が強くなる。 標準装着のシャフトは三菱レイヨン
2016/02/17シャフトでこんなに変わるんだ!

「スイング」を疑う前に、シャフトの「硬さ」を疑え!

「左右どちらにも曲がり、飛距離も出ない…」 ビフォー・アフター 弾道測定値をチェック! ■ビフォー(ゼクシオ フォージド 純正シャフト):方向も左右に散り、飛距離もバラバラ ■アフター(三菱レイヨン
2014/02/24ギアニュース

三菱レイヨン、3年ぶりにBASSARA

2014年春、三菱レイヨン株式会社は軽量シャフトブランドBASSARAから、3年ぶりの新作、フェニックスのエンブレムを身に纏う「BASSARA Pシリーズ」を発売する。Pシリーズは、速やかにシャフト