2018/07/05ニッポンハムレディス

三浦桃香はイ・ボミの相棒と初タッグ「勉強したい」

◇国内女子◇ニッポンハムレディスクラシック 事前情報(5日)◇アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース(北海道)◇ 6378yd(パー72) 19歳の三浦桃香は雨の中、プロアマ戦で9ホールをプレー
2018/06/08サントリーレディス

緊張した1m イ・ボミは“さよならバーディ”で予選突破

三浦桃香も同じくカットライン上で予選通過。最終18番はガードバンカーから一度で出すことができなかったが、1ピンほどのボギーパットをしぶとく沈めて滑り込んだ。あと2日、ここから目指すは上だけだ。(兵庫県神戸市/今岡涼太)
2018/05/23リゾートトラストレディス

舞台は4年ぶりのコース 前週欠場の鈴木愛が出場へ

のほか、上田桃子、アン・シネ(韓国)、ともに「全米女子オープン」初挑戦の香妻琴乃と蛭田みな美らが出場する。 初日は鈴木愛が永井花奈、岡山絵里と同組。小祝さくらがアン・シネ、三浦桃香とスタートを切る。
2018/05/12ほけんの窓口レディース

黄金世代の同組対決 勝みなみ「一打一打に集中した」

打差5位へ浮上。同組で回った同年代の三浦桃香は「72」で通算1アンダー17位。今シーズンを賑わしている“黄金世代”だが、この日の同組対決の軍配は勝に上がった。 勝はスタートから8ホール続けてパー。9番
2018/05/10ほけんの窓口レディース

女子プロたちのもうひとつの戦い ベストスマイル賞の行方は

19歳、三浦桃香だ。前週最終日に負傷した左手親指は「亜脱臼」と診断されたが、月曜日から水曜日まではアイシングや治療を続け、開幕前日の木曜日に初ラウンド。「テーピングもしているおかげで痛みもなく、不安
2018/05/09ほけんの窓口レディース

バースデーウィークの鈴木愛 前週の雪辱を果たせるか?

つける比嘉真美子と、渡邉彩香の2人。その前組では、注目の若手・三浦桃香と新垣比菜に、キム・ハヌル(韓国)を加えた3選手がペアとなった。 前週優勝の申ジエや、今季初優勝を目指す菊地絵理香、成田美寿々も
2018/05/06ワールドレディスサロンパス杯

涙で病院に直行 三浦桃香は左手親指を負傷

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 最終日(6日)◇茨城GC西コース(茨城県)◇6715yd(パー72) 左手にされたギブスが痛々しかった。ツアールーキーの三浦桃香は後半15番
2018/05/04ワールドレディスサロンパス杯

イ・ジョンウン6が単独首位 鈴木愛が2打差2位

続く。 首位タイで第2ラウンドに入った上田桃子は「74」と落とし、畑岡奈紗らと並ぶ通算イーブンパーの7位に後退。同じく首位スタートの新海美優は通算1オーバーの13位、三浦桃香は通算2オーバーの21位に
2018/05/03ワールドレディスサロンパス杯

優勝はちょっと無理!?首位発進・三浦桃香の顔出し位置

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 初日(3日)◇茨城GC西コース(茨城県)◇6715yd(パー72) ツアールーキーの三浦桃香が今季メジャー初戦で存在感を発揮した。3バーディ、1
2018/05/03ワールドレディスサロンパス杯

上田桃子、三浦桃香らが暫定首位 “6”は1打差

の選手がホールアウトできず、初日は日没サスペンデッドとなった。 「70」でプレーした三浦桃香、上田桃子、新海美優の3人が2アンダーとし、暫定首位に立った。 午後組だった上田が最終9番のティショットを
2018/04/27サイバーエージェントレディス

新垣比菜と永井花奈が首位 1打差3位にイ・ボミ

アンダーの7位タイに柏原明日架、比嘉真美子、吉本ひかる。2アンダーの10位タイに成田美寿々、三浦桃香、葭葉ルミ、福田真未、森田遥ら8人が続く。 前年覇者のキム・ハヌル(韓国)は1オーバーとし、昨季賞金女王の鈴木愛と並んで38位とした。
2018/04/18フジサンケイレディス

賞金ランクトップ3が不在 名門・川奈を制するのは

、今季初優勝を目指して成田美寿々、渡邉彩香とティオフ。勝みなみ、三浦桃香、新垣比菜らツアールーキーにも注目が集まる。 前週の「KKT杯バンテリンレディスオープン」で今季初優勝を飾った比嘉真美子、今季すでに2勝の昨季賞金女王・鈴木愛とアン・ソンジュ(韓国)は欠場。賞金ランクトップ3が不在となる。