2017/03/23ヨーロピアンツアー公式

復調のケルドセンがマキロイを撃破

を得ることができてとてもうれしい。ここは僕にとって初めての場所だからね。明日はさらに良いプレーができるといいね」とハットン。 ラファ・カブレラベローはマッチプレーでの好調を維持し、4&3でワンジョン
2017/03/21WGCデルテクノロジーズ マッチプレー

松山は“死の組”か 池田&谷原は予選同グループで直接対決

・ダフナー <グループ10> ティレル・ハットン、ラファ・カブレラベロー、ワンジョンフン、チャールズ・ハウエルIII <グループ11> ダニー・ウィレット、ラッセル・ノックス、ビル・ハース、キム・キョンテ
2017/03/21ヨーロピアンツアー公式

「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」大会アラカルト

、ティレル・ハットン、ホン・ラーム、谷原秀人、そしてワンジョンフンの4人で、これにより、1999年以降、この大会に出場したヨーロピアンツアーメンバーの総数は130人となる。 コース 「W…
2017/03/01ヨーロピアンツアー公式

知っ得!「WGCメキシコ選手権」の大会アラカルト

「WGCメキシコ選手権」デビューを果たすのは6人。サム・ブラゼル(オーストラリア)、ブランドン・ストーン(南アフリカ)、ティレル・ハットン(イングランド)、トーマス・ピータース(ベルギー)、ワンジョン
2017/02/28ヨーロピアンツアー公式

数字で見る「WGCメキシコ選手権」のフィールド

・ブラゼル、ティレル・ハットン、トーマス・ピータース、ブランドン・ストーン、ワンジョンフン、ファブリシオ・サノッティ 【29】今大会に出場する「ライダーカップ」出場経験者は29人 【6】2017年
2017/02/05WMフェニックスオープン

松山英樹が追うのは同世代の“韓国ナンバー2”

、スーパージュニアとして注目を集めていた。 欧州ツアーをプロとしての足掛かりに、15年にフラッグシップトーナメントの「BMW選手権」で優勝した。現在の世界ランキングは47位で、韓国勢ではワンジョンフン(3…
2017/01/30コマーシャルバンク・カタールマスターズ

韓国のワン・ジョンフンが3勝目 3つどもえのプレーオフ制す

◇欧州男子◇コマーシャルバンク・カタールマスターズ 最終日(29日)◇ドーハGC(カタール)◇7400yd(パー72) 首位から出たワンジョンフン(韓国)と「66」をマークしたヨアキム・ラガー
2017/01/29ヨーロピアンツアー公式

新人賞のワンが3打リード 主導権を握る

「コマーシャルバンクカタールマスターズ」は、3日目をノーボギーの「65」でラウンドした21歳のワンジョンフンが3打差の首位で最終日を迎えた。 ドーハGCでの3日目を首位タイで迎えた9人のうちの一人
2017/01/29コマーシャルバンク・カタールマスターズ

韓国の王情訓が3勝目へ3打差首位

ジョンフン情訓)が7バーディ、ノーボギーの「65」をマークし、通算15アンダーとして単独首位に抜け出した。後続に3打差をつけ、ツアー3勝目へ王手をかけた。 ワンは昨季、5月の「ハッサ…
2017/01/28ヨーロピアンツアー公式

カタールはツアー史上初の9人が首位で並ぶ展開

ミッコ・コルホネン、イングランドのアンディ・サリバン、そして韓国のワンジョンフンがつけている。 初日を終え、9人が首位タイで並ぶというのは、2007年の「ケルティックマナーウェールズオープン」で1度だけ
2017/01/28コマーシャルバンク・カタールマスターズ

首位9人の大混戦 2打差以内に26人/欧州ツアー

(ウェールズ)、韓国の若手ワンジョンフン、タイのキラデク・アフィバーンラト、南アフリカのトーマス・アイケンらが通算8アンダーで並んだ。 1打差の通算7アンダーにポール・ダン(アイルランド)、ダイソン・スミ…
2017/01/25コマーシャルバンク・カタールマスターズ

カタールで中東シリーズ第2戦 好調ノレン、序盤の戦いに注目

。前週のデザートスイング初戦を制したトミー・フリートウッド(イングランド)、昨季4勝と好調で前週を13位で終えたアレックス・ノレン(スウェーデン)が大会初制覇を狙う。 アジアからはワンジョンフン、イ・スミ…
2017/01/21ヨーロピアンツアー公式

“アブダビマスター”のカイマーが首位に浮上

イングランドのトミー・フリートウッド。これを1打差で2014年の大会王者パブロ・ララサバル、「全英オープン」王者のヘンリック・ステンソン、昨季新人王のワンジョンフン、そしてティレル・ハットンが追う展開とな…
2016/12/22ヨーロピアンツアー公式

2016年ヨーロピアンツアーで学んだ10のコト(前編)

ツアーは、アジアで最もホットな若き才能が、その登場を高らかに宣言した1年でもあった。イ・スミン、リー・ハオトン、そしてワンジョンフンが4週連続で優勝し、ヨーロピアンツアー史上初となるアジア勢による4