2001/12/25

2001年PGAツアーの出来事

・ウィリス、ホセ・カセラス、レティーフグーセン、デビッド・ゴセット。その他に丸山茂樹を含め、6人がツアー初勝利。 ・上位125位までのプレイヤーの出身国は16か国:アメリカ、フィジー、カナダ、南アフリカ
2002/09/13リンデ・ドイツマスターズ

EPGAツアー「リンデ・ドイツ・マスターズ」初日

):スティーブン・リーニー 2位タイ(-7・65):レティーフグーセン、マーク・ピルキントン 4位タイ(-5・67):ピーター・オマリー、ゲイリー・エバンス、ソーレン・ハンセン、トーマス・ビヨーン…
2005/09/18HSBCワールドマッチプレー選手権

R.グーセン敗れる!M.キャンベルとP.マギンリーが決勝へ

・キャンベル(ニュージーランド)とポール・マギンリー(アイルランド)が勝ち、決勝に進んだ。 第1試合、レティーフグーセン(南アフリカ)、キャンベルの戦いは、4番でキャンベルが快心のイーグルを決め一歩リード
2007/01/28ザ・コマーシャルバンク カタールマスターズ

R.グーセンら首位タイに3選手が並ぶ混戦模様!

カタールにあるドーハGCで行なわれている、2007年欧州ツアー第9戦「ザ・コマーシャルバンク カタールマスターズ」の3日目。首位タイにはレティーフグーセン(南アフリカ)とリチャード・グリーン…
2002/09/23WGC アメリカンエキスプレス選手権

「WGC-AMEX選手権」最終日

レティーフグーセン。15番16番での連続バーディ、さらに17番ではイーグルを奪いついにタイガーの1打差に迫った。最終18番ではバーディをものに出来なかったものの、この日だけで10アンダーのコースレコードで…
2004/02/26WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

WGC「アクセンチュア・マッチプレー」1回戦勝者インタビュー

全体的には良いプレーが出来ていたと思うよ。必要な場面でパットを決められたからね、おかげで勝ちあがれたよ」 ジョン・ヒューストン(レティーフグーセンに2&1) 「レティーフはここ数週間プレーしていなくて…
2013/05/17ヨーロピアンツアー公式

初日に輝きを見せたグレース

では、チャール・シュワルツェルと引き分け、レティーフグーセンに敗れるなどグループ戦2試合で勝利を逃したものの、「マスターズ」の優勝経験者であるシュワルツェルもグーセンに敗れたため、プレーオフへと…
2004/10/28クライスラー選手権

泣いても笑っても最後!来週、来季の運命をかけた戦いが開幕!

・ミケルソン、レティーフグーセンら世界ランキングトップ5の選手たちの出場。また、賞金ランキングを巡るレースからも目が離せない。ジェイ・ハースやケニー・ペリーは来週の「ザ・ツアー選手権」出場を狙っている。 ジェイ・ハース
2013/01/24コマーシャルバンク・カタールマスターズ

R.サントスが単独首位 エルス、グーセンらは出遅れ

。 今大会出場で注目が集まる南アフリカ勢のアーニー・エルスはイーブンパーの70位タイ、レティーフグーセンは2オーバーの108位タイと大きく出遅れている。…
2004/11/08ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラ

タイガー4打差守れず逆転負け!最終戦を飾ったのはグーセン

を大きく崩してしまい、2バーディ5ボギー1ダブルボギーの内容で通算4アンダーの7位タイに終わった。 首位2人がスコアに伸び悩んでいるのを尻目に、猛チャージをかけてきたのはレティーフグーセンだった…
2002/03/13ベイヒルインビテーショナル

PGAツアー「ベイヒル招待」注目はエルス!?

、記者団は同郷のグーセンの好調ぶりについてエルスに取材していた。しかし今は立場逆転である。 レティーフグーセン「今年に入ってエルスの調子がどんどん上向きになっているね。実力はもともとあったけど、優勝
2017/11/13ヨーロピアンツアー公式

“アメージング・グレース”がサンシティで戴冠

でパーオンに成功したグレースは、これで南アフリカ人選手のヨーロピアンツアー通算勝利数ランキングでルイ・ウーストハイゼンと並び、アーニー・エルス、レティーフグーセン、シャール・シュワルツェルに次ぐ歴代
2004/07/03スマーフィット・ヨーロピアンオープン

6バーディの猛攻!R.グーセンが単独首位

アイルランドにあるザ・Kクラブで行われている、欧州男子ツアー第24戦「スマーフィット・ヨーロピアンオープン」の2日目。大会初日、好スタートを切ったレティーフグーセン(南アフリカ)が、この日6…
2003/11/18

過密日程のワールドカップ出場組が南アフリカへ

レティーフグーセンが参戦しているはずだったが、2人とも母国で開催される「プレジデンツカップ」を優先した。しかしアメリカチームの2人、ジム・フューリックとジャスティン・レナード、オーストラリアチームの
2002/10/17シスコワールドマッチプレー

欧州ツアー「シスコ世界マッチプレー選手権」プレビュー

不安だ。でもここでは良くプレーしているのでホームコースのようなもの。自信はある」 同じ南アフリカ勢のレティーフグーセンも第3シードを得て、1回戦は戦う必要がない。今までこの大会では良い結果を残してい…