2021/09/01ヨーロピアンツアー公式

「イタリアオープン」について知っておくべき5つのこと

・ラーム、ティレル・ハットン、そしてロリー・マキロイがヨーロピアンポイントリストで選出圏内に入っており、ワールドポイントリストでは、ビクトル・ホブラン、リー・ウェストウッド、マシュー・フィッツパトリック
2021/08/19ヨーロピアンツアー公式

「D+Dレアル チェコマスターズ」で知っておくべき5つのこと

のプラハでは、何人もの選手がキャプテンであるパドレイグ・ハリントンの注目を得るため争うこととなるが、現在ヨーロピアンポイントリストで16位、世界ポイントリストで18位につけているイングランドのダニー
2021/07/18バーバゾル選手権

「60」のジェームズ・ハーンが3位に急浮上 小平智は24位

、通算19アンダーでトップの座を堅守した。2019年のシーズン最終戦「ウィンダム選手権」での初優勝以来のツアー2勝目を目指す。 1打追う通算18アンダー2位にルークリスト。ジェームズ・ハーンが2イーグル
2021/07/17バーバゾル選手権

ツアー1勝のJ.T.ポストンが首位浮上 小平智は31位

が6バーディ、ノーボギー「66」をマークし、通算13アンダーで単独首位に立った。 通算12アンダー2位にライアン・アーマー、ジョセフ・ブラムレット。通算11アンダー4位でルークリスト、シーマス
2021/07/12ジョンディアクラシック

41歳グローバーが10年ぶり4勝目 「64」で逆転

マークし、通算19アンダーで逆転。2011年以来、10年ぶりとなるツアー4勝目を挙げた。 通算17アンダー2位にケビン・ナとライアン・ムーア。 首位で出たセバスチャン・ムニョス(コロンビア)は「71」と伸ばせず、通算16アンダー4位でルーク・…
2021/07/10ジョンディアクラシック

ルーク・リストが首位浮上 小平智は予選落ち

◇米国男子ツアー◇ジョンディアクラシック 2日目(9日)◇TPCディアラン (イリノイ州)◇7268yd(パー71) 7位で出たルークリストが8バーディ、ボギーなしの「63」をマークし、通算13
2021/05/09ウェルズファーゴ選手権

小平智が4打差5位で最終日へ 3年ぶりツアー2勝目かける

首位で最終日を迎える。 ロリー・マキロイ(北アイルランド)とゲーリー・ウッドランドのメジャー覇者2人が2打差の通算7アンダー2位。ルークリストが6アンダー4位。 14位で出た小平智は7バーディ、4
2021/01/13ヨーロピアンツアー公式

モリカワ、ローズらメジャー王者がエミレーツGCに集結

のメジャー王者たちが揃い踏みすることになる。 更にエミレーツGCのフィールドには、トミー・フリートウッド(イングランド)、イアン・ポールター(イングランド)、リー・ウェストウッド(イングランド
2020/09/26コラレスプンタカナリゾート&クラブ選手権

スワッフォード単独首位 ドミニカ大会は熱中症で棄権者も

「67」で回り、通算12アンダーで単独首位に立って大会を折り返した。2017年「キャリアビルダーチャレンジ」以来となるツアー2勝目を狙う。 ショーン・オヘアー、ルークリスト、ジャスティン・サーが2打差2
2020/09/09ポルトガルマスターズ

欧州ツアー初「59」誕生の地 前週トップ10の川村昌弘は8連戦

不在となる中、ディフェンディングチャンピオンのブラウンやルーカス・ビェルレガード(デンマーク)、アレクサンダー・レビ(フランス)、アルバロ・キロス(スペイン)、スティーブ・ウェブスター(イングランド
2020/09/02アンダルシア マスターズ

UKの次は「イベリアスイング」 川村昌弘が7連戦でスペインへ

舞台だ。 昨季3勝で年間王者レース3位に入ったベルント・ヴィースベルガー(オーストリア)は米ツアーへのスポット参戦を経て、前週からツアーに復帰。マルティン・カイマー(ドイツ)、リー・ウェストウッド
2020/08/26ヨーロピアンツアー公式

「ISPS HANDA UK選手権」で知っておくべき5つのこと

から03年にかけて「ベンソン&ヘッジス国際オープン」が、06年から08年にかけて「ブリティッシュマスターズ」が開催された。 この間、この地の優勝者リストには、バレステロス、グレッグ・ノーマン、ホセ
2020/08/09全米プロゴルフ選手権

2020年「全米プロ」組み合わせ&スタート時刻

・ミケルソンラッセル・ヘンリー 1 9:10 1:10 ルークリストマーク・ハバード 1 9:20 1:20 バド・コーリールイ・ウーストハイゼン 1 9:30 1:30 ブライアン・ハー
2020/08/06全米プロゴルフ選手権

5カ月ぶり試合出場のスコット「最近、年長者のリストに…」

。 「物事が変化して、ツアーが始まった6月頃からは毎週、頭をクリアにするために決断が必要だった」というスコットが渡米を拒んでいたのは、ツアーの感染拡大防止対策に疑問を持ったから。リー・ウェストウッド