2020/01/14ヨーロピアンツアー公式

“アメイジング・グレース”が母国で復活優勝

最終日に「62」をマークする圧巻のパフォーマンスを見せたブランデン・グレースがディフェンディングチャンピオンのルイ・ウーストハイゼンを退け、「南アフリカオープン」を制覇した。 地元南アフリカ出身の2
2020/01/13南アフリカオープン

グレースが「62」で逆転優勝 上位陣に全英出場権

位にトップから出て連覇を狙ったルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、5打差の3位にマーカス・アーミテージ(イングランド)が続いた。 また大会は7月「全英オープン」(ロイヤルセントジョージズGC
2020/01/12南アフリカオープン

ウーストハイゼンが連覇へ単独トップ

◇欧州男子◇南アフリカオープン hosted by ヨハネスブルグ 3日目(11日)◇ランドパークGC ファイアソーンコース、ブッシュウィローコース(南アフリカ)◇パー71 前年覇者のルイ
2020/01/11南アフリカオープン

プルッカネンが首位 川村昌弘は予選落ち

人が並んだ。 米ツアー1勝、欧州ツアー8勝のブランデン・グレース(同)と前年覇者ルイ・ウーストハイゼン(同)が通算8アンダー11位で2日目を終えた。 日本からただ一人出場の川村昌弘は5バーディ、5
2020/01/10南アフリカオープン

米27歳ヴィーアマンが首位 川村昌弘96位

、欧州ツアー8勝のブランデン・グレース(南アフリカ)ら6人が7アンダーの4位に続いた。前年覇者ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)は6アンダーの10位。 日本から唯一出場の川村昌弘はブッシュ
2020/01/09ヨーロピアンツアー公式

ホブランと今平周吾のドバイデビューが決定

、ヨーロピアンツアーを複数回制覇しているトミー・フリートウッド、イアン・ポールター、そしてリー・ウェストウッドも顔をそろえる。メジャー王者であり、「ライダーカップ」欧州代表チーム主将のパドレイグ
2020/01/08南アフリカオープン

欧州ツアーは南アで新年初戦 伝統の一戦に川村昌弘が出場

セントジョージズGC/イングランド)の予選会を兼ねており、10位タイまでの有資格者を除く上位3人が出場権を獲得する。 前年大会はルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)が通算18アンダーでプレーし、後続に6打
2019/12/12プレジデンツカップ

松山英樹は初戦白星 世界選抜が3ポイントリード

・チェンツェン(台湾)とのペアで、ウェブ・シンプソン&パトリック・リードを1アップで破った。タイで迎えた17番で8mのバーディパットを決めて勝ち越した。 ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)&アブラム・アン
2019/12/10ヨーロピアンツアー公式

2019年シーズン名言集/欧州ツアー

「49」(これは驚くべき22アンダー)である事実を明かした。 キンハルトは初めて出場したペブルビーチでの大会で、32位タイとなかなかの健闘を見せた。プレステがあれば練習ラウンドは要らない? 「ロッカー
2019/12/10プレジデンツカップ

21年前のMVP 丸山茂樹が語る「プレジデンツカップ」展望

回出場し、最高成績は2013年の6位タイ。海外メジャーでは唯一、3回の予選落ち(16、18、19年)を喫している。さらに警戒ポイントとして加えるのが、オーストラリア選手も苦労するというクセが強い芝質だ
2019/12/08

金谷拓実が2020年「全英オープン」出場権を獲得

」(ロイヤルセントジョージズGC)の出場権を獲得した。首位に4打差の3位から出て、3バーディ、3ボギーの「71」で回り、通算9アンダーで3位タイに入った。 土壇場の最終18番(パー5)でバーディを奪い、資格
2019/12/05

金谷拓実がオーストラリアで首位発進 居並ぶプロに2打差

(イングランド)、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)らが3アンダー6位で発進した。 次週、メルボルンでの米国選抜との対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」を母国で迎えるマーク・レイシュマンは2アンダー21位タイ
2019/11/11ヨーロピアンツアー公式

ハットンがトルコでの黄昏決着で戴冠

タイに浮上した。 9番でのバーディを挟む形でパー5の4番と11番でもバーディを奪ったペレスは、14番から3連続バーディを奪うと、最終ホールでも2パットのバーディを奪ってスコアを伸ばした
2019/11/08TOTOジャパンクラシック

【速報】渋野日向子は「69」ホールアウト時点で首位と2打差

。 ホールアウトした選手では、リディア・コー(ニュージーランド)、キム・ヒョージュ(韓国)らが4アンダー「68」で続く。勝みなみ、松田鈴英、三ヶ島かな、ペ・ソンウ(韓国)、エンジェル・インらが3
2019/11/04ヨーロピアンツアー公式

マキロイが上海でWGCハットトリックを達成

ルイ・ウーストハイゼンが入った。 この勝利はマキロイにとって、今年ワールドワイドで4勝目。2014年のインビテーショナルと翌年のマッチプレーに続くWGC3勝目を挙げたことで、マキロイは世界ゴルフ選手権の
2019/10/23ヨーロピアンツアー公式

「ポルトガルマスターズ」で知っておくべき5つのこと

」「66」でプレーし、ルーカス・ハーバートとエディ・ペパレルに3打差をつけ、2011年の「ポルトガルマスターズ」以来となるヨーロピアンツアー制覇を遂げたのである。 「ポルトガルマスターズ」最年少優勝記録