2017/09/17ANAオープン

池田勇太がPO制し今季2勝目 史上最年少で生涯10億円突破

。31歳269日での達成で、片山晋呉が持つ33歳89日の年少記録を更新した。 時松と並び首位で出た小平智は「74」と落として通算11アンダーの4位。谷原秀人、手嶋多一、パク・サンヒョン、リューヒョヌ(ともに韓国)が5位に並んだ。
2017/09/16ANAオープン

「美保と一緒にトロフィーを」小平夫婦の願いは届くか

はプレーオフまで残ったが、1ホール目でリューヒョヌ(韓国)に惜敗。コースで観戦していた妻・古閑美保の願いも叶わず、今年3月4日に結婚してからの初優勝はお預けとなった。 その古閑は昨夜に北海道に入り
2017/09/12佐藤信人の視点~勝者と敗者~

片山晋呉が変わった! “シンゴ劇場”の真骨頂

、決勝でのリューヒョヌ(韓国)との戦いでは観客の大半を味方につけ、終始優位にゴルフを進めていた印象を受けました。 優勝を決めた16番のグリーン上では、観客全員が片山選手と一体化しているような雰囲気があり
2017/09/10ISPSハンダマッチプレー

マッチプレー王者は片山晋呉 今季初優勝&通算31勝目

◇国内男子◇ISPSハンダマッチプレー選手権 3回戦~決勝 最終日(10日)◇浜野ゴルフクラブ(千葉)◇7217yd(パー72) 片山晋呉とリューヒョヌ(韓国)による決勝戦が行われ、片山が3&2で…
2017/09/09ISPSハンダマッチプレー

片山晋呉の宿敵? リュー・ヒョヌが2週連続優勝に王手

サンケイクラシック」でツアー2勝目を飾ったリューヒョヌ(韓国)は高山忠洋を20ホール目で破った。2週連続優勝へ向け、決勝戦は片山晋呉とぶつかる。 リューはオールスクエアで迎えた正規のホールの18番で…
2017/09/09ISPSハンダマッチプレー

片山晋呉とリュー・ヒョヌが決勝戦に進出

◇国内男子◇ISPSハンダマッチプレー選手権 3回戦~決勝 4日目(9日)◇浜野ゴルフクラブ(千葉)◇7217yd(パー72) 準決勝2試合が行われ、リューヒョヌ(韓国)と片山晋呉が決勝戦進出を…
2017/09/08ISPSハンダマッチプレー

「日本のゴルフのために」満身創痍の高山忠洋がベスト4入り

が、今大会ですでに5勝を挙げた。 4回戦までの結果で、準決勝に進む4人のうち3人が海外選手になった可能性もあり、「日本のゴルフ界的には僕が勝たないといけないと思っていた」という。あすの相手はリューヒョヌ(韓国)。2週連続優勝を狙う相手にも、強い気持ちでぶつかっていく。(千葉県市原市/桂川洋一)
2017/09/08ISPSハンダマッチプレー

片山晋呉が圧勝で準決勝進出 高山忠洋も4強入り

陽亮を下した。4番ホールで先に1UPとされたが、続く5番ですぐに奪い返し、その後も14番までに6ホールを奪って早々と決着をつけた。 今平周吾は、前週の「フジサンケイクラシック」を制したリューヒョヌ
2017/09/07ISPSハンダマッチプレー

池田勇太がベスト8に進出 谷原秀人は敗退

準々決勝に進出。大会ホストプロの谷原秀人はリューヒョヌ(韓国)に敗れた。 シード選手として3回戦から加わった池田は、ハン・ジュンゴン(韓国)に2&1で勝利。同じく3回戦から戦う谷原は、前週「フジ…
2017/09/03フジサンケイクラシック

小平智「早く一緒にトロフィーを」 愛妻の前で結婚後初V逃す

、ノーボギーの「65」でプレーし、首位に並ぶ通算3アンダーでホールアウト。リューヒョヌ(韓国)、スンス・ハン(米国)との三つ巴のプレーオフまで持ち込んだが、1ホール目でパーセーブできず惜しくも今季1勝目は