2009/11/01バークレイズ・シンガポールオープン

市原弘大と久保谷健一が4位タイ!単独首位はI.ポールター!

は通算10アンダーと1打差で食らいついている。さらに2打差の通算8アンダー、単独3位にはリャンウェンチョン(中国)。アジア勢の活躍にも期待ができるだけに、最終ラウンドの戦いが楽しみなところだ。
2006/07/30ザ・ゴルフトーナメント in 御前崎 2006

三つ巴のプレーオフを制し、谷口徹が今季初優勝を飾る!

進出だった。 また4位タイには、すし石垣、藤田寛之、塚田好宣、リャンウェンチョン(中国)の4人が、通算10アンダーとした。また、初日から首位をキープしてきた田島創志は最終日に崩れて3つスコアを落とし、通算7アンダー。14位…
2012/09/13ANAオープンゴルフトーナメント

選手コメント集/ANAオープンゴルフトーナメント初日

リャンウェンチョン 6バーディ、ノーボギー「66」、6アンダー2位 「(前週は同じ中国出身の呉阿順がツアー初優勝)素晴らしい選手だから、本当に良かったと思う。中国でもゴルフ人気が出てきている
2013/12/20ザ・ロイヤルトロフィ

石川遼&藤田寛之組も勝利!アジア選抜が2ptsリード

試合で危なげなく試合を運び、アルバロ・キロス(スペイン)&トービヨン・オルセン(デンマーク)組を下した。リャンウェンチョン&呉阿順の地元中国ペアで臨んだ第4試合は、デービッド・ハウエル(イングランド
2013/04/30ボルボ中国オープン

B.グレースが今季初勝利を狙う 12歳の天才少年が新たな金字塔

・アフィバーンラト(タイ)らが出場。また、リャンウェンチョン、呉阿順ら日本ツアーでも活躍する地元中国勢には大きな声援が後押しになる。 そして今大会には新たなジュニアゴルファーが参戦する。予選を勝ち抜き
2013/03/17アバンサマスターズ

T.エイケン、逃げ切りで2シーズンぶりの勝利!

飾った。 母国での戦いとなったガガンジート・ブラー(インド)がこの最終ラウンドを「64」で回り通算20アンダーの単独2位フィニッシュ。リャンウェンチョン(中国)は7番(パー3)でホールインワンを達成
2015/11/27カシオワールドオープンゴルフトーナメント

上井邦裕は7年連続のシード途絶える 優勝経験者たちもシード喪失

。(高知県芸西村/塚田達也) ※出場義務試合数に満たないリャンウェンチョン(22位)、松山英樹(55位)、ワン・ジョンフン(67位)は賞金シード対象外のため、第1シードは62位まで、第2シードは63位~78位に付与される。
2017/05/13

アジアの中の日本 今後の関係性はどうなる?

ツアーで活躍する日本人選手が増えれば、ツアーが日本人や日系スポンサーにとってより身近なものとなることは間違いない。 「プラヤド・マークセンやリャンウェンチョンのように、日本人選手にもアジアンと日本の
2013/11/19ISPSハンダ W杯ゴルフ

五輪前哨戦!好調の谷原秀人&石川遼が日の丸を背負う

優勝は“至上命令”とも言えそうだ。 韓国(ベ・サンムン、チェ・キョンジュ)や中国(リャンウェンチョン、呉阿順)、タイ(プラヤド・マークセン、キラデク・アフィバーンラト)など、アジアからの代表選手には
2005/11/03アサヒ緑健よみうり・麻生飯塚メモリアルオープンゴルフトーナメント

片山晋呉が単独トップに! アマの伊藤涼太は84位タイと出遅れる

リャンウェンチョン(中国)と塚田好宣が並び、5アンダーの4位タイに、宮本勝昌ら3人がつける展開となった。 また、昨年優勝を逃し雪辱を誓う伊沢利光は、5バーディ、2ボギーの3アンダー、15位タイと
2013/10/15ザ・ロイヤルトロフィ

石川遼がロイヤルトロフィに出場決定

年連続での出場となる。 今年アジアのキャプテンを務めるのは韓国のY.E.ヤン。副キャプテンには中国の張連偉がつき、選手では藤田寛之、松山英樹、キム・キョンテ(韓国)、リャンウェンチョン(中国)らが
2013/09/22ANAオープンゴルフトーナメント

小田孔明が逃げ切り、2季ぶり通算6勝目! 松山英樹は18位

・キョンフン(韓国)。通算10アンダーの4位に、今野康晴、手嶋多一、片岡大育、リャンウェンチョン(中国)、キム・ヒョンソン(韓国)の5人が続いた。2位から出た前年覇者の藤田寛之は、後半に崩れて「74」と2つ
2013/04/30ボルボ中国オープン

B.グレースが今季初勝利を狙う 12歳の天才少年が新たな金字塔

・アフィバーンラト(タイ)らが出場。また、リャンウェンチョン、呉阿順ら日本ツアーでも活躍する地元中国勢には大きな声援が後押しになる。 そして今大会には新たなジュニアゴルファーが参戦する。予選を勝ち抜き
2014/11/15三井住友VISA太平洋マスターズ

D.オーが初優勝に王手 藤田寛之、ワトソンは後退

で通算10アンダーに乗せて単独首位に浮上。ツアー初タイトルに王手をかけた。 通算9アンダーの2位に、同じくアメリカ籍のハン・リーと、中国のリャンウェンチョン。通算8アンダーの4位に武藤俊憲と呉阿順