2017/11/05GDOEYE

絶頂期から求めた変化 元世界1位リディア・コーの今

圧倒的な強さを誇ったリディアコー(ニュージーランド)は、今シーズンの終盤を迎えても未勝利が続く。6月には85週間守り続けた世界ランク1位の座を明け渡し、現在は8位まで下がった。 コーは今季を迎える
2021/04/01

ゴルフきょうは何の日<4月1日>

最年少記録となった。(15年にリディアコーがエビアン選手権を制し、18歳4カ月20日で更新) 9位からスタートしたプレッセルは3バーディ、ノーボギーの「69」をマーク。最終組の4組前を回っていたため
2021/04/05ANAインスピレーション

タイの新星 パティ・タバタナキットの挫折と飛躍

バーディパットがカップに消えず、リディアコー(ニュージーランド)の猛追を受けたが、意図的に情報をシャットアウトしていた。「誰が何をしていたか、気にしなかった。自分のことだけに集中したかったの」。4日連続の
2016/02/17佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑186>ライアン・ラフェルズ(後編)

”の代表的存在は、LPGAのリディアコー(97年生まれの18歳)だ。韓国からニュージーランドへ移住し、無敵のアマチュア時代を経て、史上最年少14歳10カ月で、プロの試合で優勝を飾った。プロ転向後
2013/12/10

プロ2戦目で優勝のL.コーが4位に浮上/女子ランキング

。 パットラムは前週比9ランクアップの38位、S・ルイスは前週と同じ3位をキープしている。 台湾開催の試合では先日プロに転向したばかりの16歳のリディアコーがプロ2試合目で初優勝。世界ランクポイント
2016/06/14KPMG女子PGA選手権

リオデジャネイロ五輪へあと2カ月 女子トップ3の声

はどのような心境なのか? 世界ランク1位のリディアコー(ニュージーランド)、最新メジャーチャンピオンの18歳ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、LPGAツアー殿堂入りを果たした朴仁妃(韓国)が海外女子
2021/03/05ドライブオン選手権

好調コルダ姉妹が上位発進 畑岡奈紗バーディ奪えず86位

イ・ジョンウン6(韓国)、リディアコー(ニュージーランド)、ネリーの姉で1月の開幕戦を制したジェシカ・コルダら10人が続いた。 3人が出場した日本勢は「75」で回った畑岡奈紗と野村敏京の3オーバー
2015/08/06WGCブリヂストンインビテーショナル

リオ五輪に出るのは誰?開幕1年前の出場権獲得選手一覧

/マーダン・ママット 台湾/詹世昌 ブラジル/ルーカス・リー、アジウソン・ダ・シルバ ■女子 韓国/朴仁妃、リュー・ソヨン、キム・ヒョージュ、エイミー・ヤン ニュージーランド/リディアコー 米国